土地活用の方法18種類をメリットデメリットから徹底比較! 土地に合う活用方法は?

土地活用にはたくさんの活用方法があり、自分の土地に適したもの、初期費用、収益性などをきちんと見たうえで活用方法を決めないと赤字になってしまいます。

ですが、土地活用をせずに使わない土地を所有していると、固定資産税などの管理費がかかります。管理費を補うためにも土地を有効活用したいと思う方は多いでしょう。

土地活用による失敗を防ぐために、記事では土地活用を始めるときに注意すべきポイントや、18種類の土地活用方法、またメリットデメリットを踏まえた活用に向いている土地、土地活用の相談先を解説します。

土地に合った活用プランをプロに見積もってもらおう【24時間申し込み可能】

土地活用を成功させるポイントは、お持ちの土地と相性の良い活用方法を見つけることです。
土地に合った収益を最大化できる活用プランを、無料でプロに提案してもらいましょう。
賃貸経営や駐車場経営、トランクルームなどなど…

https://land.home4u.jp/

土地活用を始めるときに注意すべき4つのポイント

土地活用をする時に注意すべき4つのポイント
第一章では、土地活用で失敗しないために注意すべき4つのポイントを解説します。

【ポイント①】所有している土地の状況を整理する

土地活用で失敗しない1番のコツは、自分の土地に合った土地活用をすることです。土地に合った活用をするために、まずは自分の土地にどのような特徴があるのか把握しましょう。

関連記事

土地の種類である地目によって、住宅を建てられる土地が決まり、かかる税金が違ってきます。土地の種類や用途地域から、考えていた土地活用ができなかったり、できないからと売却を試みても売れにくかったり、様々な問題に直面するかもしれません。[…]

あきらめないで!売れない田舎の土地を売る4つの方法

用途地域

日本のほとんどの土地には、用途地域といって「建築できる建物の種類や用途の制限を定めたルール」が決められています。

用途地域は大きく、「住居系」「商業系」「工業系」の3つに分けられ、さらにその中に13種類の区分があります。

用途地域13種類の一覧表
目的区域概要できる土地活用
住居系第一種低層住居専用地域低層住宅のための地域。小規模な店舗やオフィスを兼ねる住宅などが建築できる。サ高住
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
店舗併用住宅
第二種低層住居専用地域主に低層住宅のための地域。150㎡までの一定お店が建築可能。コンビニなども出店できる。
第一種中高層住居専用地域中高層住宅のための地域。大学などが設置できるが、住宅専用地域のためオフィスビルなどは建築できない。アパート・マンション経営
サ高住
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
店舗併用住宅
コインランドリー
第二種中高層住居専用地域主に中高層の住宅のための地域。2階以下で1500㎡までのお店や事務所、大学などを建築できる。
第一種住居地域住居の環境を保護するための地域。大規模なマンションなどが建築できる。パチンコ店やカラオケボックスなどの建築は禁止。
第二種住居地域主に住環境を保護する地域。大規模店舗、カラオケボックスなども建築できる。
準住居地域住宅系の用途地域で最も許容範囲が広い地域。200㎡より小さければ、映画館や営業用倉庫なども建設できる。事業用借地としても活用が可能。
田園住居地域低層住宅と農地の混在で良好な住環境を保つ。平成30年4月から導入された新しい区域。アパートやマンション経営が難しい。
商業系近隣商業地域近隣の住宅の住民に日用品などの販売する商業地域。飲食店、展示場など建設可能。アパート・マンション経営
サ高住
戸建て賃貸経営
賃貸併用住宅
店舗併用住宅
事業用借地
コインランドリー
商業地域商業の利便性を進めるための地域。一定の工場などを除いてほとんどの建築物をたてられる。
工業系準工業地域住宅と工場が混ざる地域。火災の危険や健康への有害度が高い工場は建設禁止。
工業地域環境悪化の恐れがある工場も建築可能なエリア。住宅・店舗の建設は可能だが、学校や病院は不可。
工業専用地域石油類やガスなど危険物の貯蔵・処理の量が多い工場が建てられる。住宅や店舗は建築不可。工場主への事業用借地

用途地域は、それぞれ建てられる建物、建てられない建物の種類が決まっています。
例えば、住居系の地域に商業系の建物(高い商業用ビルなど)は建てることができません。
土地活用方法の中で、「トランクルーム」「土地信託」「等価交換」「太陽光発電」「借地」「売却」「駐車場経営」の6つの活用はどの用途地域でもで行えます

土地活用を行う前に、所有している土地の用途がどれに当たるのかを知り、できる土地活用方法とできない土地活用方法を整理しておきましょう。後ほど、用途地域別できる土地活用を解説します。

用途地域は、各自治体のホームページ上で調べることが可能です。しかし、中にはホームページが充実していない自治体もあるでしょう。そのような時は、HOME4U土地活用を使って専門家に聞いてみるとよいでしょう。

関連記事

自分の土地の上に何を建てるのかは、原則として所有者の自由であるはずです。しかしながら、現実には用途地域と呼ばれる規制によって、建てられる建物は制限され、違反すると罰則もあります。では、なぜ自分の土地なのに、建物を自由に建てること[…]

用途地域

市街化調整区域

市街化調整区域とは、農地や森林を守るべく建物を建てられないよう制限した地域です。

市街化調整区域は人が多く住んでいる都市や駅から離れていて、その一帯には田や畑が広がっています。多くの場合は、生活に必要な上下水道や電気などのインフラが整っていません。
それにより生活には不便であり、通常の土地と比較して10分の1ほどの値段まで土地の価格は低くなることもあると言われます。

この市街化調整区域は、人の住みやすい街を作るために、各都道府県が都市計画法に基づいて区分けしました。

関連記事

市街化調整区域に不動産をお持ちで、売却したいと考えているものの、売却できるか不安な方もいらっしゃるかと思います。市街化調整区域は原則建物を建てられませんので、活用が難しく売りにくいと言われています。ですが、市街化調整区域にあ[…]

市街化調整区域

田舎の土地

田舎の土地を活用しようとしている方は、土地にさらに厳しい規制がかけられている可能性があるため注意が必要です。

田舎の土地には、市街化調整区域という規制がかけられている場合があります。
市街化調整区域とは、農地や緑地を保全するために原則土地の上に建物を建ててはいけないとされている地域です。

市街化調整区域の土地をお持ちの場合、できる土地活用としては、事業用借地、太陽光発電などに限られます。

以下の記事で田舎で行うおすすめの土地活用を解説しています。

関連記事

相続で田舎の土地を受け継いだはいいものの、住む予定もなくただ持て余している。そのままだと維持費ばかりかかってしまうから、土地活用を検討する方も少なくありません。しかし、問題は田舎の土地活用は難しいと言われていること。田舎の土地では赤[…]

田舎の遊休地

【ポイント②】土地に合った土地活用方法を選ぶ

次に、土地の種類に合った土地活用方法を選びましょう

例えば、人口が少ない地域では駐車場経営やマンション経営といった活用方法よりも、林業を営む業者に土地を貸したり太陽光発電を設置したりする土地活用のほうがお金になります。

「土地に合った活用方法を選ぶ」といっても、素人が初心者が自分の土地に合う活用方法を選ぶのはなかなか大変でしょう。

そのようなときに利用したいのは土地活用の無料プラン比較【HOME4U】です。

サイトを使うと、全国各地の土地活用のプロがあなたの土地に合った土地活用プランを提示してくれます。土地活用プランだけでなく、それぞれ活用方法の収益性や初期費用についてや、状況によっては活用のサポートをしてくれる管理業者も紹介してくれます。

さらに、サイトと提携している企業は大手NTTデータの厳しい審査を潜り抜けてきたエース企業ばかり。そんなエース企業に収益プランまで試算してもらえるため、安心して土地活用を始められるでしょう。

具体的な活用方法を決めて企業と契約するまでお金はかかりませんので、気軽に使ってみることをおすすめします。

【ポイント③】初期費用・収益性・管理コストを確認する

自分の土地に向いている活用方法をいくつか絞れたら、その活用方法の初期費用・収益性・管理コストを調べて最も適した土地活用を選びましょう。

例えば、人口の多い地域にある広い土地を所有しているとします。向いている土地活用方法はアパートマンション経営、トランクルーム、駐車場経営など複数ありますが、かかる費用や収益性、管理コストが異なります。
もし、手持ちの資金が少なく長期的に利益を上げたいと考えているなら、駐車場経営が最適かもしれません。

このように、今自分が置かれている状況や目的から土地活用方法を1つに絞っていきます。

【ポイント④】資金計画を立てて専門家に相談する

最後に、土地の活用方法が決まったらきちんと資金計画を立てましょう

土地活用をするのに、いくら必要でそのお金は財布から出すのか、借りるのか。また、毎月いくらの収入があっていつ黒字になるのか、修繕費など必要にならないかなど長期的な目線で収支計画を立てましょう。

そして、お金が許すのであれば、資金計画を建てた後土地活用に詳しいファイナンシャルプランナーや税理士などの専門家に意見をもらうと安心です。土地活用の相談先については、後ほどご紹介します。

HOME4U土地活用を使えば、無料で収支計画を建てられる

土地活用の相談を土地活用コンサルタントやファイナンシャルプランナーにすると、最低でも相談料として1時間あたり5000円取られてしまいます。
まだ土地活用をするかどうか迷っている人にとっては痛い出費です。

土地活用の無料プラン比較【HOME4U】なら、無料で複数の土地活用の専門企業に土地活用の相談ができます。

複数社のプランを比較検討できるため、特定の企業に言いくるめられる心配がなく資料請求だけも利用が可能です。
また、24時間自分の好きな時間にプランを取り寄せられますので、安心して気軽に使てみることをおすすめします。

home4u土地活用運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数50社
資料を一括で取り寄せる手順はこちら!

土地活用の方法18種類

人口が多く広い土地の活用方法

ここでは、具体的な土地活用の方法を18種類ご紹介します。
土地の種類に合った土地の活用方法を探してみましょう

【土地活用①】アパート・マンション経営

アパート・マンション経営は、土地上にアパートやマンションを建てて入居者を募り、家賃収入を得る土地活用方法です。

かかる初期費用には、建物の建設費、入居者を募る際の不動産仲介手数料、火災保険料、住宅ローン事務手数料などがあり、年間でかかる費用は、固定資産税やメンテナンス費用などがあります。

建築には、アパート・マンションの建設費+建設費の約10%がかかるため、例えば、1億円のアパートを購入した場合は、1億1000万円ほどかかるでしょう。

また、忘れてはいけないのが税金です。家賃収入から各種経費を差し引いた不動産所得には所得税と住民税がかかります。ただし、これらの税金は青色申告をすることで節税が可能です。

アパート・マンション経営は長期的に安定した収益が期待できるため、サラリーマンに人気の高い土地活用です。

成功するコツは良い立地に建設することで、人口が多く駅近の好立地であれば莫大な収益が見込めます。立地の良い土地を持っていて、ある程度のリスクも受け入れられるという方にはアパート・マンション経営が向いているでしょう。

メリット

・固定資産税を節税できる
・高い収益性

デメリット

・初期費用がかかる
・空室リスク
・需要がない場合の低収益

向いている土地

・広大な土地
・都心に近い土地
関連記事

土地活用分野では、最もメジャーな活用方法がアパートやマンション(アパマン)を経営です。資産運用としても高い利回りを期待でき、成功すれば大きな収入となります。しかし、一般家庭には大きな投資となり、失敗すれば借金が残るリスクも伴います。[…]

アパマン経営

【土地活用②】戸建賃貸経営

戸建賃貸経営とは、土地上に戸建てを建築し利用者に戸建を貸し出す活用方法のことです。

活用の特徴は建物が変わるだけで、アパート・マンション経営をするのと変わりがありません。

アパート・マンション経営よりも初期費用が少ない分、貸し出す相手の数が少なくなり空室期間をいかに少なくするかが重要です。

また、うまくいかなかった場合に戸建を自分の家として使えるというメリットがあります。

メリット

・シェアハウスや民泊としての活用もできる
・失敗しても自分の家として使える
・初期費用は普通の家を建てるくらい

デメリット

・空室期間が出ると収益が見込めない

向いている土地

・周辺環境など住環境の良い土地
・駅に近い土地

戸建賃貸経営をするなら、「初期費用、賃料、借主の募集方法、管理会社」をどうするか考えなくてはなりません。ただ、自分で一から勉強して賃貸経営を成功させるための計画を立てるのは大変でしょう。

そんな時には、土地活用の無料プラン比較【HOME4U】を利用して、土地活用のプロに相談することをおすすめします。無料で運営会社である大手NTTデータが厳選した全国の会社に賃貸経営プラン、賃貸仲介、管理業務、賃料最大化に関して相談できます。

備考欄に「メール対応希望。資料が欲しい」などの希望も伝えられるため気軽に使ってみることをおすすめします。

関連記事

家を貸したいと思ったとき、一時的に貸したい、税金を支払い続けるのは嫌だ、など様々な事情があると思います。ただ無思考で家を貸してしまうと、家に戻れなかったり、思わぬ支出があり損をしてしまうこともあります。また、家を貸すと決めていて[…]

家を貸す方法

【土地活用③】シェアハウス

マンションやアパート経営と同じく、人に貸して活用する方法です。
シェアハウスは普通の家と同じ構造で、複数の部屋を用意し、部屋以外のリビングやキッチン、浴室、トイレなどを共有します。

メリット

・一軒家を複数人に貸せるため収益性が高い
・初期費用も一軒家を建てるくらい

デメリット

・複数人が住むため問題の起こる可能性
・借り手が見つからなければ収益性が低い

向いている土地

・住宅街など住環境の良い土地
・駅に近い土地

シェアハウスに適した建物を考えて、収益プランを考えるのは難しいものですし、周辺環境や相場の調査も1人でするのは大変な作業です。
土地活用のプロが揃っている、「HOME4U土地活用の無料プラン比較」からまずは資料を取り寄せてみましょう。そこから条件に合いそうな企業に相談する良いかもしれません。

詳しくは、以下の記事をご確認いただければと思います。

関連記事

近年、核家族化が進んだ日本では、世帯を構成する人数が減り、広すぎる家は売れない・貸せない状況で持て余されています。しかし、広い家を細かく部屋で区切って貸すシェアハウスが増えていることで、広い家の活用が見直されるようになりました。[…]

シェアハウスのリビング

【土地活用④】民泊

民泊も、シェアハウスと同じ構造で貸すことができますが、違う点としてはシェアハウスは1年契約など長期でするのに対し、民泊は1日など短期で貸し出します。

家があればクリーニングやリフォームなど少ない手入れで済むため、費用も少なく始めやすいでしょう。土地の状態から始める場合には、建設費などがかかります。

メリット

・観光気分で利用され、収益性が高い
・1日など短期で貸しやすい
・費用が少なくて済む

デメリット

・空き家となる可能性
・借り手が見つからなければ収益性が低い

向いている土地

・住環境の良い土地
・駅に近い土地
・観光地

詳しくは、以下の記事をご確認いただければと思います。

関連記事

近年、民泊が話題になりました。元々は民家に泊まることの総称を民泊と呼んでいました。ただ、現在「民泊」と言えば、Airbnbに代表されるような、有償で主に旅行者向けに宿泊施設として家を貸し出すことを指すことが多いでしょう。[…]

ポイント5 古家付きの土地は更地にする必要がない

【土地活用⑤】駐車場経営(月極・コインパーキング)

駐車場経営は、土地を駐車場にして貸し出すことで収入を得る土地活用方法です。

先ほど紹介したアパート経営やサ高住と比較すると初期費用が少なくて済むというメリットがあります。
比較的舗装が行き届いた土地であれば初期費用0円、アスファルト舗装をするなら4~5,000円/㎡です。

また、収益を得るために手のかかる管理をする必要がありません。駐車場経営はマンションやアパート、店舗がたくさんあるけれど付近に駐車スペースがない場合に向いています。

駐車場の種類は2種類あります。月極駐車場コインパーキングです。

月極駐車場とは?

月極駐車場とは、月額支払い制度のもと駐車スペースを貸し出す駐車場のことです。

駐車場のための特別な機械を導入する必要がない、アスファルト舗装をする必要がないなど初期費用がほぼかからない土地活用方法となります。

関連記事

すぐには使わない土地を活用したい、給与とは他に不労所得を得たいと考えているなら、大きな投資を必要とせず、収入も安定している月極駐車場が選択肢となるでしょう。駐車場は自動車が使われている限り需要がありますし、地方なら一家で複数台の車を[…]

月極駐車場

コインパーキングとは?

コインパーキングとは、不特定多数の利用者に対し駐車スペースを提供し利用した時間分の料金を徴収する経営方法です。

コインパーキングを経営する場合は、全自動料金精算機など不特定多数の人が24時間使用できる状態を作る必要があります。つまり、駐車場経営よりも初期費用がかかります。(100万円~)

しかし、コインパーキングの方が不特定多数の人に向けて時間当たりの料金を高めにとるので月極駐車場よりも収益が大きくなります。

月極駐車場にするか、コインパーキングにするかは、立地と需要の両方を考慮して決めると良いでしょう。

メリット

・初期費用が少なくて済む
・他の活用方法を始めやすい
・短期だけの活用もできる

デメリット

・収益性は高くない
・需要がなければ収益はない

向いている土地

・駅周辺や商業エリアの近く
・病院などの近く
・住宅街の近く

コインパーキング経営について詳しくは、以下の記事でご確認いただければと思います。

関連記事

土地活用を考えたときに、初心者でもやりやすい駐車場経営には、コインパーキングと月極駐車場の2種類があります。経営する駐車場によって収入の相場やかかってくる税金などの費用、またメリット・デメリットは異なります。駐車場経営を検討する[…]

駐車場経営のリスク

【土地活用⑥】トランクルーム

トランクルーム経営とは、倉庫業者と共同で自分の土地にコンテナを用いた施設を建築したり、建物の一部を収納スペースとして区分し、一般の方に収納スペースとして貸し出す土地活用です。

トランクルームを始めるのにかかる初期費用は4,000~6,000万円です。駐車場経営と比べて初期費用がかかりますが、土地の場所によって利回りが変動しない、長期的に安定した収入が手に入るというメリットがあります。

経営を成功させるためには、荷物を置くスペースを必要としている業者を探して、定期契約が必要な点に注意が必要です。

メリット

・変形地や極狭地でも活用できる
・初期費用が少なくて済む

デメリット

・管理リスクがある
・ニーズがないと収益はない

向いている土地

・市街化調整区域など活用しにくい場所にある土地
・変形地や極狭地など活用しにくい土地

トランクルームの経営については、以下の記事をご確認いただければと思います。

関連記事

土地活用の1つには、屋外にコンテナ等を設置して貸す、または建物の中を区切って貸すトランクルームでの活用方法があります。投資資金が少なく利回りも高めで、トランクルーム市場は規模を拡大しています。ただし、需要の見極めが難しい分野でも[…]

トランクルーム経営

【土地活用⑦】コインランドリー

土地の上にコインランドリー用の建物、駐車場、そして内部の設備を購入してコインランドリーの利用者からの支払いで収入を得る土地活用方法です。

コインランドリー経営に必要な初期費用は、プレハブ設置台+機器代+基礎工事費用で約3,500万円ほどです。

戸建賃貸経営に比べ初期費用が安く、管理人が不要、狭い土地でも経営することができることが魅力です。

ただし、コインランドリーの経営を軌道に乗せるには、周辺の住民にコインランドリーを使ってもらえるようマーケティングする努力が必要となります。

メリット

・アパート経営などと比較して初期費用がかからない
・狭い土地でも活用できる

デメリット

・安定した収益を得にくい
・場所の選定を間違うと全く儲からない

向いている土地

・住宅街にある土地
・競合のいない土地

【土地活用⑧】太陽光発電

人口が少なく広い田舎の土地などでは太陽光発電による売電収入を得る土地活用がおすすめです。

太陽光発電の売電収入は、ほとんどが利益になるため、規模を大きくすれば十分なキャッシュフローを得られます

産業用の太陽光発電のKW単価は20万円~24万円ほどです。仮に50KW発電しようと思ったら、初期費用が約1000万円かかります。

大規模な太陽光発電には多額の初期費用が必要になりますが、動的担保融資という仕組みを使えば初期費用を小さくして大規模な太陽光発電を始めることもできます。

関連記事

太陽光発電を検討するとき、パネルメーカーやパワーコンディショナーといった設備類や、売電収入がどのくらいあるかといった収支予測をする人は多くても、実際の見積もりにどのくらい差があるのか、比較検討する人はそれほど多くありません。というの[…]

太陽光発電の見積もり

太陽光発電と動産担保融資

地価が安い田舎で土地を担保だけでは、大規模に太陽光発電を展開するほどの資金を得られない状況が起こってしまいます。
この点を解消する仕組みが、「動産担保融資(ABL)」と呼ばれる融資の方法です。

動産担保融資では、太陽光発電の設備と売電収入を担保として、事業資金を融資する仕組みです。
取り入れている金融機関(特に地方銀行)は多いので、チャレンジする価値はあります。

関連記事

太陽光発電は、日照があれば場所を選ばず成り立つ発電方法なので、一般に考えられる建物の屋根への設置以外にも、空き地でも行うことができ、「野立て」と呼ばれます。住宅屋根より広い土地で行うことが多い野立ては発電量も多く、主に生活用ではなく収益を得[…]

田舎の土地

ただし、動産担保融資は、固定価格買取制度による安定した売電収入が前提です。以前と違い、固定価格買取制度の先行きが不透明な現状では、金融機関も融資を慎重にならざるを得ず、ましてや個人で借りられるかどうかは未知数です。

メリット

・市街化調整区域でも土地活用できる
・安定した収益が見込める

デメリット

・売電価格が下落する可能性
・自然災害による被害
破損による管理費用

向いている土地

・山林や農地など広大な土地
・郊外など日当たりの良い土地
・電柱が近くにある土地

太陽光発電による収益シミュレーションや具体的な設置工事の費用の試算は、自分でするには難しいものでしょう。
そのような場合には、無料の一括見積もりサイトを活用して、専門家に具体的な見積もりを出してもらうことをおすすめします。

タイナビNEXT 画像運営会社株式会社グッドフェローズ
対象エリア全国
累計利用者数約100万人
提携会社数350社
同時依頼社数5社

【土地活用⑨】貸農園

農地として貸農園にする方法もあるでしょう。
土地の種類や状態にもよりますが、人に貸すだけで収益を上げられる活用方法です。
そのため、資金がなくても始められますし、そこまでのリスクもありません。

ただ、農地とした後に宅地に転用する場合には、手続きが少々面倒となるケースもありますので、慎重にすることをおすすめします。

メリット

・初期費用が少なくて済む
・他の土地活用を始めやすい

デメリット

・借り手が見つかりにくい
・高い収益は見込めない

向いている土地

・農地
・水路が近くにある土地

農地を貸す方法は、初期費用がかからずランニングコストもかからないため、活用しやすいでしょう。

関連記事

日本では、食料自給率を維持していくために農地法によって農地の売却や転用に規制がかけられています。農地を相続したけれど自分で使う予定がない場合、手続きが楽な農地を貸す方法が最もよいでしょう。農地を貸すことで賃料が得られ、固定資産税の支[…]

農地

農地を活用する際の相談先については、以下の記事をご確認いただければと思います。

関連記事

人口減少が止まらない日本においては、本来作物を収穫する目的の農地も、高齢化や採算性の厳しさから、農地を放棄してしまうケースが目立つようになりました。特に高齢化は、日本全体で歯止めがかからず、様々な分野で将来が不安視されています。[…]

農地

また、遊休地の状態で放置している場合には、市民農園を解説したり農地として貸したり活用することをおすすめします。放置しているだけの農地は、固定資産税がかかってくるだけです。

関連記事

遊休地という言葉は聞きなれないかもしれませんが、「一定の期間どのような用途でも使用されていない土地」のことをいいます。遊休地に認定されるとなにかしらの対応を国から求められます。また、放置をしておくと、固定資産税を払い続け[…]

売れない土地の10の特徴

【土地活用⑩】ホテル経営

広大な土地かつ高さ制限がそこまでない場合には、ホテルを建築して経営する方法もおすすめです。

地方であれば出張などで利用する方もいらっしゃいますし、上手くホテルに来ることを目的にしてもらえるような設計にすると、収益も上げられるでしょう。
ですが、土地柄によっては上手くいかないケースもありますので、土地活用をしている企業に相談することをおすすめします。

また、ホテルは利用前後の準備や、食事の用意などサービスの提供も必要となり、人を雇わなければいけない場合もあるかもしれません。しっかり収益プランを立ててから始めることをおすすめします。

メリット

・雇用を生むことができる
・上手くいけば収益が見込める

デメリット

・人的リソースがかかる
・失敗するとかなりの赤字を生む

向いている土地

・高さ制限のない広大な土地
・観光者や旅行者の多い場所

ホテル経営をする場合には、まずは建物を建てるところから始まるかと思います。

まずは土地活用の無料プラン比較【HOME4U】で複数の企業から資料を取り寄せてみて、収益プランなどを比較すると良いかもしれません。

【土地活用⑪】サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは、集合住宅にデイサービスや介護サービスを付けた複合的な住宅です。いわゆる老人ホームと違い、健常な高齢者の入居も可能にします。
サ高住には一般型と介護型の2種類があり、一般型の場合は健常な高齢者の方に住居を貸し出す賃貸経営、介護型の場合は、外部のスタッフを雇ったり、外部委託をしたりして介護サービスまでも提供します。

サービス付き高齢者向け住宅はバリアフリーであることが求められ、手すりやスロープ、段差の少ないつくりなどにする必要があります。そのため、建設費用はアパート・マンションの建設よりも費用がかさむことが多いです。
例えば、店員20名の施設を開くのに約3億円ほどかかるともいわれています。

ただし、少子高齢化により、介護施設を必要としているお年寄りが増えているため多少立地が悪くても需要があり、集客には困らないでしょう。

初期費用がかかる、介護等のサービス事業者と提携しなくてはならないなどの大変さはありますが、サ高住の場合、民間からの助成金や国や自治体からの補助金、税制優遇を受けることができます

メリット

・補助金や税制の優遇を受けやすい
・需要があるため安定した収益が見込める

デメリット

・建設費用など初期費用がかかる
・介護などサービス事業者と提携する必要性

向いている土地

・階段のある高階層住宅とできないため広大な土地

詳しくは、以下の記事をご確認いただければと思います。

関連記事

親や親戚から広い土地を相続すると、悩ましいのが固定資産税や管理費など維持費がかかることでしょう。しかし、広い土地は代々受け継がれていることが多く、自分の代で売ってしまいたくない、自分も子供に受け継ぎたいと考える人は少なくないようです。[…]

サービス付き高齢者住宅

高齢者住宅としての土地活用を考える場合には、まずは複数社の資料を取り寄せてみて、条件に合いそうな企業を絞っていきます。

【土地活用⑫】賃貸併用住宅

賃貸併用住宅とは、自宅と賃貸物件を併せ持つことで家賃収入を得る土地活用方法です。

賃貸併用住宅のメリットは、何と言っても住宅ローンが使えるために低い金利で資金調達できることです。
住宅ローンを家賃収入で補えるため、自宅部分に対する負担も軽減されます。

自宅も条件次第で小規模宅地等の特例を受けられるので、現金よりも大きく評価減にできる対策となり得ます。

一方で、モラルの低い入居者では、自分も直接の被害者になるデメリットがあります。
生活音や会ったときの挨拶など、少なからず入居者との関係性を保つ必要がある点は覚悟しましょう。

メリット

・住宅ローンが使えて低い金利で始められる
・税金の負担を軽減できる
・小規模宅地の特例も受けられる

デメリット

・モラルの低い入居者が入る可能性
・入居者との関係性を保つ必要性

向いている土地

・住宅街にある土地
関連記事

管理が大変になった、将来の集客見込みがたたないなどの理由で、マンションやアパートなどの賃貸物件を売却したいと考える方もいらっしゃるでしょう。賃貸物件を売却するには、入居者がいるまま売却する方法と退去勧告後売却する方法の2つがあります[…]

賃貸物件

【土地活用⑬】店舗併用住宅

店舗併用住宅は、賃貸併用住宅の店舗版であり、自宅と店舗を併用させる土地活用方法です。

店舗併用住宅は、他人と1つの建物で共同生活することがないためモラルの低い入居者に邪魔されるリスクがありません。

メリット

・自宅と店舗を併用できる
・管理がしやすい

デメリット

・飲食店に貸した場合、害獣や害虫が発生する可能性

向いている土地

・駅や繁華街の近く
・それなりの広さがある土地

店舗併用住宅として土地を活用する際には、まずは「土地活用の無料プラン比較【HOME4U】」を利用して資料を取り寄せることをおすすめします。

【土地活用⑭】事業用賃貸(オフィス賃貸)

事業用賃貸経営は、事業者に住宅を貸して賃料を得る土地活用方法です。

一般の人に賃貸するよりも賃料を高くできるため、アパート・マンション経営よりも収益を高く得ることができます。
ゆえに、資金回収の期間も短くなります。資金回収期間は、設定する賃料にもよりますが、およそ10年といわれています。

ただし、事業用物件を建築できない土地があります。法律の規制で、建てられる物件の種別が決まっていたり高さ制限がある場合です。自分の土地の用途を見て事業用物件が建設できるかどうか検討するとよいでしょう。

メリット

・初期費用がかからない
・長期契約で安定した収入
・面倒な手間がかからない

デメリット

・借り手が見つからない可能性もある
・建物を建築される

向いている土地

・駅や繁華街の近く
・郊外の広い土地
・新幹線や電車の線路沿い

事業賃貸の建物を建設するだけでなく、賃貸企画の立案~設計・施工、また入居者募集や管理運営、その後の様々なリスク対応までしてもらえます。
詳細は企業によりますので、活用プランを相談する際に必ず複数の企業から資料を取り寄せて確認しておきましょう。

【土地活用⑮】土地信託

土地信託とは、土地の所有者が信託銀行などに土地を信託して信託受益を受けとる土地活用です。信託受益とは、土地の運用で得られた利益のことです。

土地活用のプロに土地を運用してもらえるため、土地の管理をしなくても勝手に利益が手に入る、初期費用が掛からないというメリットがあります。土地活用に割く時間がない、初めてで不安という方におすすめです。

しかし、信託報酬として5~10%程利益が差し引かれるため収益性に劣ります。また、万が一運用が赤字になってしまった場合、土地の所有者がその負担をする必要があります。土地信託をするのならば、信頼のできる相手に依頼することが大切です。

メリット

・土地の管理をしなくていい
・初期費用がかからない

デメリット

・他社に運用してもらうため不安が残る
・運用が赤字になるとマイナスになる

向いている土地

・何も建っていない土地
・広大な土地

土地活用として収益を得るためだけでなく、相続税の節税対策としても土地信託は利用されています。
土地信託については、以下の記事をご確認ください。

関連記事

数ある土地活用の中でも、自分ではほとんど何もすることがないという、変わった特徴を持っているのが土地信託です。事業として土地活用を考えると、事業計画を練って資金計画を立ててと進みますが、土地信託の場合には一切がスキップされます。だ[…]

土地信託

【土地活用⑯】等価交換

等価交換とは、土地の所有者が土地を、ディベロッパーなどの業者が建物の建設費を負担し、完成した建物と敷地をそれぞれの出資比率に応じて所有する土地活用方法です。

例えば、5000万円の土地に2億円の建物を建設業者が建てた場合、出資比率は1対4となります。土地の所有者は完成した建物の内1/5である4000万円分、土地の内1000万円の持ち分を持ちます。

土地の所有者は、建築費を支払う必要がないため初期費用を借り入れて返済できなくなるというリスクを負わなくて済みます。

その分収益は自分で建物を建設したときと比較して少なくなることに注意しましょう。

メリット

・出費が少なくて済む
・返済できなくなるリスクが少ない

デメリット

・収益はマンション経営などと比較して少ない
・持分の契約がまとまらない可能性

向いている土地

・マンションなどが建てられる広大な土地

等価交換の相談先は、不動産会社や建設会社、デベロッパーなどです。

ですが、具体的にどこに相談したらいいか、1社1社に自分で連絡していくのは大変な作業です。「土地活用の無料プラン比較【HOME4U】」を使うと、複数の企業から資料を取り寄せられますので、効率良く相談できるでしょう。また、契約するまでは無料で相談できますので、まずは企業から資料を取り寄せてみることをおすすめします。

【土地活用⑰】借地(土地を貸す)

借地は、自分が持っている土地を他人に貸すことによって収入を得る土地活用方法です。

初期費用は当然かかりません。

そんな借地のメリットは、収益が安定している、建物投資が不要である、手間や費用がほとんどかからない、という点です。
一方で、デメリットとしては収益性が低い、長期間土地利用の制限を受ける、相続対策の効果が薄いことが挙げられます。

借地を行う場合、契約方法には注意が必要です。
意図しない契約を結んでしまうと、最悪の場合貸した土地が戻ってこないということになります。

契約には2種類あります。普通借地契約と定期借地契約です。

契約種類内容
普通借地契約・建物所有を目的とした借地
・契約期間が最低30年
定期借地契約・更新がなく、契約終了時に借地契約が確実に終了する借地契約
・契約期間が最低10年

普通借地契約は、土地を借りた側が契約の更新を望めば、貸す側は基本的に拒否をできません。つまり、一生借り続けることが可能ということです。
土地を貸す場合、いずれは相続したり、売ったりする可能性も存分にあるため、定期借地契約を選ぶべきです。

契約方法に注意すれば、安定期な収入を得られるため、リスクも低くなります。

メリット

・初期費用がかからない
・継続的な収益が見込める

デメリット

・特になし

向いている土地

・何もない土地
・住宅街、また住宅街の近くにある土地

土地を貸したいと考えたら、まずは「土地活用の無料プラン比較【HOME4U】」から資料を取り寄せることをおすすめします。

土地の貸し方には様々な方法がありますし、土地の種類によっても方法が異なってきます。いくらで貸すか、そのように貸せばどのくらいの収益になるか、土地活用のプロに試算してもらうと安心でしょう。

詳しくは、以下の記事をご確認ください。

関連記事

土地を貸すと人に取られてしまう、土地を貸したら返ってこないと聞いたことはありませんか?実は半分本当の話。約15年前までは土地を取られてしまうような場合もありました。しかし、今は契約時に気をつければ、最悪の事態になることはありません。[…]

土地の貸出先

【土地活用⑱】売却

売却も立派な土地活用の1つです。

比較的はやく大きな現金を手に入れることができ、他の用途に使える点はメリットと言えます。
売却にかかる期間は3~6ヶ月を見ておいたほうがよいでしょう。

一方で、長期的に収入が得られない点はデメリットです。
ただし、長期的に保有、もしくは土地活用をして失敗するリスクを考えると、今売ったほうが長期的に得られる現金より大きくなる可能性もあります。

メリット

・管理や活用を考えなくていい
・まとまった収益が現金ですぐに手に入る
・固定資産税を払わなくてよくなる

デメリット

・資産である土地を手放すことになる
・今後の収益は見込めない

向いている土地

・土地の種類にこだわらない

不動産会社に売却の相談をする際には、不動産会社に査定依頼ができる一括査定サービスを利用して、土地がいくらで売却できるか把握しましょう。

不動産一括査定サービスの中でも、「HOME4U」は全国の提携社数が多く、様々な査定額を比較しやすいでしょう。それにより、正確な不動産の価格がわかるため、不動産会社に安く買い叩かれることなく売却できます。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
関連記事

土地は所有しているだけで固定資産税がかかるため、自分では使わない土地を相続したとき早く売却したい気持ちになるでしょう。土地は売却してしまえば税金を払う義務から解放されますし、売却金額が手に入りハッピーになれると思いますが、売却金額は[…]

土地 売却

目的別のおすすめ土地活用ランキング

目的別 おすすめの土地活用ランキング
所有している土地で行うことができる土地活用が分かったら、次は収益性、かかる初期費用、管理の楽さの3つの観点ごとにおすすめの土地活用方法を見ていきましょう。

収益性の高さから儲かる土地活用ランキング

土地活用の中でも、得られる収益が大きい順にランキングを作りました。

収益性で選ぶ土地活用ランキング

  1. アパート・マンション経営
  2. 戸建賃貸経営
  3. 太陽光発電
  4. サービス付き高齢者住宅
  5. 賃貸併用住宅

収益性で選ぶと上記5つの土地活用がおすすめです。

成功すると多くのお金が手に入りますが、上記の土地活用方法は初期費用が高い、軌道に乗せるために広告を売り出すなどのマーケティングを行わなければいけないなどのリスクや管理の大変さが伴います。
リスクや管理の手間を最小限に抑え成功するためにも、上記の土地活用を検討するならプロの土地活用業者の助言をもらいましょう。

土地活用の無料プラン比較【HOME4U】を利用すると、NTTデータの厳選したプロの土地活用企業に無料で自分だけの収益最大化プランを提示してもらえます。

失敗しないために気を付けるべきポイントや、サポートに入ってくれる管理業者を教えてくれるので本当におすすめです。相談したからといって費用が発生するわけでもなく、土地活用を依頼しなければいけないわけでもないので気軽に利用してみましょう。

home4u土地活用運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数50社
資料を一括で取り寄せる手順はこちら!

初期費用の安さから選ぶ土地活用ランキング

手持ちの資金がなく、銀行にお金を借りずに土地活用をしたい方は、初期費用の安い土地活用がおすすめです。

初期費用の安さで選ぶ土地活用ランキング

  1. 駐車場経営
  2. トランクルーム
  3. 土地信託
  4. 等価交換

駐車場経営、トランクルームなどは少ない資金で始めることができ、さらに成功すると安定した収益が得られる土地活用方法です。

一方、土地信託、等価交換は資金0で始めることができますが、得られる収益は土地を運用する銀行次第、事業者次第というように相手の成果次第で変わってくるという不安定さがあります。

資金なしで始められて儲かる土地活用

資金なしで始められて、儲かる土地活用を考えたい方もいらっしゃるかもしれません。

資金がかからずに始められて、それなりに稼げる土地活用は、以下の2つです。

資金なしで儲かる土地活用

  • 借地にして土地を貸す
  • 駐車場にして貸す

コインパーキングではなく月極駐車場にすると、土地の状態にもよりますが、駐車場の区切りをつけるだけで済む場合もあります。
また、土地を貸す方法であれば、何も手出しをする必要がありません。

土地を所有していない状態で土地活用を始める場合には、田舎の土地などであれば無料で手に入れられる可能性もあります。
実際に可能かどうかは、土地活用の専門家に相談してみると良いでしょう。

管理の楽さで選ぶ土地活用ランキング

次に紹介する土地活用は、遠方の土地を活用したい、忙しいので管理ができない方におすすめの土地活用です。

管理の楽さで選ぶおすすめの土地活用ランキング

  1. 借地
  2. 売却
  3. コインパーキング
  4. コインランドリー
  5. 太陽光発電

売却、借地の場合は契約後は一切管理をする必要がありません。

コインパーキング、コインランドリー、太陽光発電は月に1度程度、機械の整備をしたり、お金を収集したりなどのメンテナンスが必要です。ただし、メンテナンスの作業も専門の業者に任せてしまえば実際にその場所へ行かなくても大丈夫です。

土地活用の相談先

土地活用の相談先
これから始めて土地活用をする方は、どの土地活用方法を選ぶか、収支計算の方法、かかる税金などわからないことが多いのではないでしょうか。

ケースごとに最適な土地活用の相談先をご紹介します。

ケース別 土地活用の相談先

  • 自分に合った土地活用方法について相談したいなら:土地活用コンサルタント
  • 既に土地活用方法は決まっていて、利回りや収支計画について相談したい:ファイナンシャルプランナー

土地の活用方法は誰に相談するか

自分の土地に合った土地活用方法を相談したい場合は、土地活用コンサルタントに相談をすることがおすすめです。

土地活用コンサルタントは土地の調査から土地活用の選定、各業者との契約書チェックなど、土地活用を進める上で必要なサポートをしてくれます。

中立的な立場でアドバイスをくれますので、自分の土地に合った土地活用を選ぶことができます。また、初心者では見立てが甘くなりがちな資金計画や気が付きにくいリスクなどにもアドバイスをくれますので失敗を防げるでしょう。

土地活用コンサルタントへの依頼は多くの会社で1時間の相談で5000円程度。土地活用の運用開始までのサポートは売上利益の数%と設定しています。

初期費用はその分多くかかってしまいますが、後々の失敗するリスクを減らせるでしょう。

いきなりの長期契約が不安な場合は、1回相談をしてコンサルタントが必要かどうか試してみるのも手です。

コンサルタントは信頼できる会社を探さなくてはなりません。もし、自分で探すのが不安な場合は、「HOME4U土地活用」を利用してコンサルタント会社を探すと良いでしょう。

home4u土地活用運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数50社
資料を一括で取り寄せる手順はこちら!

収益プランや利回りは誰に相談するか

既に土地活用方法が決まっていて、具体的な収支計画の相談がしたい場合は、ファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーとは、不動産・税金・金融・保険・相続など資産の活用に関して幅広い知識を持っている専門家です。

具体的な土地活用方法を検討できる専門家ではなく、あくまでも長期的な資産設計の相談ができる窓口ですので、土地に適した活用方法かは見極めてもらえないかもしれません。

ファイナンシャルプランナーへ相談する料金の相場は、1時間5000円~10000円程度に設定している会社が多いようです。

関連記事

土地活用の相談はどこにする? 相談先の一覧と相談前に確認すべきこと「土地活用の相談をどこにしたらいいかわからない...」実際に土地活用を始めるべく相談するとなると、不安な気持ちも湧き出てくるでしょう。土地活用をどこに[…]

土地活用の相談

土地活用は土地から考える

土地活用で失敗しないためには、自分の土地に適した土地活用方法を選ぶことが大切です。

記事を見て、土地活用方法の候補はわかっても、1つに絞れないという方は、「土地活用」を利用して土地活用コンサルタントに相談してみるとよいでしょう。
無料で土地活用のプランを見積もってくれるため、簡単に収益を上げられる土地活用を始めることができます。

home4u土地活用運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数50社

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定を使って査定したら家の価格に330万年の差

不動産一括査定サイトHOME4UHOME’SイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定