【土地活用どこに相談する?】一覧と失敗しない相談先の見つけ方3つ

土地活用の相談

 
相続した土地をそのままにしておくのはもったいないと考え、土地活用を検討している方は少なくありません。

しかし、いざ土地活用を始めたいと思った時に何から始めて良いのか、最終的にどの土地活用をするべきか分からないことばかり。

そんな時は土地活用を始める流れから実際に運営を行う際に気をつけた方が良い点などをプロに相談しましょう。

土地活用を始める際に、誰に相談をすれば良いのか相談先を紹介します。

1.土地活用の相談はまずここ

土地活用相談先の選び方

いよいよ土地活用を本格的に進める時です。実際に相談となると不安なことも多いでしょう。

「まずはどこから相談して良いか分からない」「より公平な立場の人に相談したい」と感じている方は土地活用コンサルタントにまずは相談してみましょう。

土地活用コンサルタントとは

土地活用コンサルタントとは土地活用のプロで、どのように土地活用を始めれば良いのか、やらなくてはいけないことは何かなど、土地オーナーに寄り添ってアドバイスをくれます

建物だけ運営だけなど1つのことだけでなく、全体的に状況を把握しアドバイスをくれるので、土地活用の経験が少ない方ほど頼りになる存在です。

土地活用コンサルタントのメリット・デメリット

土地活用コンサルタントを利用するのにもメリットデメリットがあります。土地活用コンサルタントのメリットデメリットは誰も教えてくれないので、事前に把握しておきましょう。

メリット

土地活用コンサルタントは中立的な立場で土地オーナーにアドバイスをくれます。工務店や専門業者では自社の利益になるようなアドバイスしかできませんが、土地活用コンサルタントなら、より土地に合った土地活用は何か、相談するなら工務店よりハウスメーカーが良いなど土地オーナーの利益を考えたアドバイスをくれます。

誰の話を信じて良いのか分からなくなることもなく、自分の土地に合った方法や進め方を教えてくれるでしょう。

初めて土地活用を行う土地オーナーでは気がつきにくい部分も土地活用コンサルタントなら全体感を見て指摘してくれるので、土地活用のリスクも抑えることができます。

デメリット

土地活用コンサルタントは土地活用初心者にとっては強い味方ですが、なんといっても費用がかかります

コンサルタント会社により費用は異なりますが、多くの会社で1時間の相談なら5000円~1万円程度。運用開始まで担当者についてもらいしっかりサポートしてもらうと、売上利益の数%と設定されている場合もあります。

失敗のリスクは減らせますが、コンサルタント費が建築費などの初期費用に上乗せされるので、初期費用の回収が遅くなるでしょう。

また、土地活用コンサルタントにも経験が浅い人と豊富な人がいます。土地活用のプロとして、初心者には分からない点を教えてもらいたいのに、経験が浅い人ではリスクに気がつけないということもあるでしょう。

そんな時、手抜き工事なら施工会社に訴えることができますが、土地活用コンサルタントはあくまでアドバイス。リスク保証などはないので、例えリスクが起きてもコンサルタント不備を指摘できないでしょう。

土地活用コンサルタントは信用できる人でなくてはいけません。土地活用コンサルタントを探すのであれば、一括提案サイトを使いましょう。一括提案サイトに登録できる会社はサイトの審査を通らなくてはいけないので、詐欺団体などに申し込んでしまう心配がありません。

2.土地活用の相談をするならここ

土地活用の相談先一覧
土地活用は決まっており、より具体的に話を進めるために専門業者の人達と詳細を話したい、相談したいと思った時には、以下の表を参考に相談先を考えていきましょう。

相談先はいくつかあるので、相談内容ごとにプロのいる所を選ぶのが賢明です。

悩み相談先活用方法
・どんな建物を建てるか
・建物を建てるにはいくらかかるのか
・工務店
・ハウスメーカー

・アパート・マンション経営
・サービス付き高齢者向け住宅
・コインランドリー
・店舗併用住宅
・入居者を募集できるか
・借主を探せるか
・不動産会社・アパート・マンション経営
・サービス付き高齢者向け住宅
・月極駐車場
・事業用借地
・貸地
・該当土地活用はできるか
・設備を購入できるか
・運営を委託できるか
・専門業者・コインパーキング
・コインランドリー
・トランクルーム
・太陽光発電
・ローンは組めるか・金融機関・アパート・マンション経営
・サービス付き高齢者向け住宅
・コインランドリー
・月極駐車場
・コインパーキング
・トランクルーム
・太陽光発電
・受けられる補助金はないか
・減税措置はあるのか
・公共機関・サービス付き高齢者向け住宅
・太陽光発電

では、それぞれどのような相談ができるのか詳細を見ていきましょう。

2.1工務店・ハウスメーカーには建物の相談

工務店やハウスメーカーにはアパートやマンション、店舗などの設計・建築に関する相談ができます

工務店・ハウスメーカーは建物を建てる専門会社なので、土地活用を行いたい土地にどのような建物を建てられるか、いくら費用がかかるのかなど具体的な相談が可能です。

土地によってどんな建物が建てられるか異なるので、プロの意見を聞いて進めていきましょう。
アパートやマンションなどの賃貸経営ならば何室作れるか、建築費用はいくらになるのかなどの相談ができるでしょう

何室作れるかは収入に関わる大きな問題ですし、建築費用は初期費用の大部分を占めるので、初期段階である程度目処が立っていると話が進めやすくなります。

工務店は間取りからどんな設備を入れるかまですべてを施工主と相談して作っていきます。理想に近い建物を建てられたり、費用内に収めやすくなるでしょう。しかし、フルオーダーメイドなので納期が長くなったり、職人の腕によって品質に差が出ることもありえます。

一方、ハウスメーカーは建材などを工場生産しているため一定の質が保たれやすく、納期も早くなります。しかし、その分自由度は低く自分の思うような物件ができなかったり、他の物件とあまり変わらないデザインになってしまう恐れがあるでしょう。

2.2不動産会社に入居募集の相談

不動産会社は入居者を募集する際に相談が可能です。

不動産会社は戸建てからオフィスビルまでさまざまな不動産の売買や賃貸、仲介などを行います。よって、土地活用で貸したい物件がある場合は貸したい旨を相談しましょう。

アパートやマンションなどの物件以外にも月極駐車場や貸地、事業用借地も取り扱い範囲です。建物が建築途中でも募集はできるので、早めに相談をしましょう。

借主が利用している時間が長いほど収入は増えます。早めに不動産会社に相談し、借主を募集し契約を結ぶことで、完成してすぐに運用を開始できます。

2.3金融機関にローンの相談

自己資金でまかないきれない初期費用がかかる場合は、金融機関にローンの相談です。

活用方法によってローンの種類は異なり、借り入れできる金額も利率も異なります。ローンの月々の返済額や利子は利回りの計算を行う際に必要になるので、金融機関に相談しましょう。

ただし、金融機関ではローンの相談や返済期間の相談などはできますが、土地活用に必要な長期的な資金計画を作る相談にはのってもらえない所がほとんどです。

金融機関にローンの相談をする前にファイナンシャルプランナーに相談をしておくと良いでしょう。先に相談しておくことで毎月の返済額やいつまでに返済すると良いのかなどが整理できるので金融機関でより具体的な相談ができ、ローンを借り入れる手続きもスムーズに行なえます。

2.4専門業者には活用法の具体的な相談

活用法の専門業者には設備の設置や運営・委託など土地活用を始める際に必要な具体的な相談をします。

トランクルーム・コインパーキング・コインランドリーなど専用の設備が必要になるので、専門業者への相談が発生します。

土地活用をする際に管理の一部の委託や一括借上での運用を検討しているのなら、合わせて委託や一括借上ができないか相談してみましょう。多くの専門業者が購入から運営までセットにしたプランなどを用意しているので、運用を始めるまでスムーズです。

2.5市役所など公共機関には補助金の相談

補助金や減税措置がある土地活用は各市区町村の役所に相談に行きましょう。

現在、太陽光発電は各自治体で、サービス付き高齢者向け住宅は国から補助金を受けることができます。どのような条件なら補助金を受けることができるか、自分の考えている土地活用では受給することが可能なのか、制度利用の相談してみましよう。

特に、太陽光発電は現在国からの補助金は終了しており、各自治体の補助金のみになります。各自治体によって条件や期間などが異なるので、土地活用をしようと考えている土地の自治体に確認する必要があります。

また、現在活用しようと考えている土地に空き家が建っている場合、自治体によっては家の解体に対して補助金などで援助をしてくれる地域もあります。空き家に関する補助金制度はないか合わせて確認すると良いでしょう。

3.土地活用の相談先を見つけるには

土地活用の相談先を見つける
誰に相談すれば良いか分かったところで、問題は相談先をどうやって見つけるかです。相談先はその後も土地活用を進めるのに依頼をする可能性が高いですし、資金の話などもするので、信用できる人でなくてはなりません。

土地活用の相談先を見つける方法は大きく分けて以下の3つです。

知人に紹介してもらう

信頼できる友人や親戚などに自分が探している相談先で良いところがないか相談してみましょう。工務店やハウスメーカーなら家を建てた人に相談すれば、以前依頼したところを紹介してもらえる可能性が高いので、信頼できるのはもちろん仕事の丁寧さなども事前に知ることができるでしょう。

ゼネコンやデベロッパーに依頼したことのある個人はなかなかいないので、勤めている友人がいないか聞いてみるのも良いでしょう。

セミナーに参加する

セミナーに参加してみるというのも手です。大手建築会社など無料で開催しているものもあるので、参加してみましょう。担当者の雰囲気やどんなことを依頼できるのか分かるはずです。

ただし、そのような会社が行う無料セミナーは基本的に宣伝であると心得ておきましょう。セミナーで土地オーナーを集めて自社の魅力を伝えて、最終的には発注してもらうのが目的です。

他の会社より自社が良いように見せてセミナーを行うので、何社か参加し見極めてから相談に行きましょう

セミナーというとニュースでよく見るように、詐欺集団が資金集めでやっている場合もあり、本当に応募して良いのか不安に思うこともあるでしょう。

悪いセミナーに参加してしまわないように、知っている名前の会社などに応募するようにしてください。また、大手建築会社を装う場合もあるので、必ず公式サイトなどから応募するようにしましょう。

一括提案サイトを利用する

知人などのつてを頼れない場合はセミナーなどと合わせて、一括提案サイトを使うと良いでしょう。

一括提案サイトとは土地活用の専門業者や土地活用コンサルタントなど土地活用に関する業者が登録しているサイトで、申し込みをすると最適な業者を紹介し、希望する土地活用のプランを無料で提案してくれます。

複数社がプランを無料で提案してくれるので、比較がしやすくより自分の土地や理想とする土地活用方法に合った業者を選べます

また、土地活用一括提案サイトは業者が登録している際に審査を行っているので、一定の水準以上の業者に合うことができます。一括提案サイト自体も大手会社などがやっているところを選べばサイト自体も安心ですし、業者の審査基準も信頼できるでしょう。

複数社の中から1社に選び、他を断りたい時も一括提案サイトに連絡をすればその他の業者に直接断りの連絡を入れずに済むので、気軽に利用できます。

HOME4U 土地活用

home4u

運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営履歴2001年11月~
公式サイトhttps://land.home4u.jp/
公表社数約50社
「HOME4U 土地活用」は、複数の土地活用のプロの会社に対して土地の活用プランを請求できるサービスです。土地活用の相談から情報収集まで何でも対応が可能です。

ボタン

4.土地活用の相談はお早めに

土地活用の相談は早めに
多額の費用や土地という大きな資産を貸し出す土地活用。大きな資産を運用することになるので、1つ1つの決断が重くなかなか決められないことが多いでしょう。

そんな時は1人で悩まず、活用方法をそれぞれプロに相談しましょう。

自分がどうしたいか判断しやすくなりますし、経験が豊富でないと気が付きづらいポイントにも気がつくことができます。

不動産会社8社に査定を依頼したら
不動産会社8社に査定を依頼したら330万円の差があった

今後の目安のため、一括査定サイトを使って実家の査定を依頼したところ、安い会社と高い会社の差が330万円ありました。
簡易査定なら情報を入力するだけで、その日の内に連絡が来る会社も多く、売却相場がすぐに分かります。

主な不動産会社
ただし、一括査定サイトもすべての不動産会社と提携しているわけではありません。 1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)または人口が多い地域の不動産の場合、大手企業6社が集まった「すまいValue」も合わせて検討するとよいでしょう。

すまいValueの無料一括査定

人口の多い地域の場合、おうちダイレクトの不動産会社なら、Yahoo!とおうちダイレクトのネットワークを活用し売却をサポートしてくれます。独自の販売活動ができるため、他にはないより高い査定額が期待できます。

おうちダイレクトの無料一括査定

「でも、わずらわしい営業電話はこないのか?」
「どのような感じで連絡がくるのか?」
そんな疑問に身をもって体験した結果はこちら。


「そもそも不動産一括査定サイトって何?」
「メリットあるの?」
「デメリットは?」という方はこちら。