CATEGORY

不動産売却

家を高く売る方法は?売主が気を付けたい心構えと3つのポイント

大金を出して買った家を、二束三文で売りたい人はおらず、思い出のある家なら、なおさらのこと安くは売りたくないはずです。 ところが、現実的に考えて、家を高く売ることは非常に困難だと言わざるを得ません。 特に相場より高くは売れないと考えたほうが良いでしょう。 もちろん、思ったよりも高く売れることはありますし、誰でも損をしたくないので、可能な限り高く売ることを目指すべきでしょう。 高く買ってくれる人に出会 […]

限界集落とは?日本における過疎化の問題と対策

日本の少子高齢化は今に始まった問題ではありませんが、平成に入ってから、「限界集落」という新たな言葉が誕生しました。 限界集落が提唱されだした当初、日本経済は空前の好景気(バブル期)で、衰退していく地域があることは、今よりも問題視されていなかったように思います。 しかし、やがて経済は失速し、長い不景気が続いてきた中で人口減少が始まったことから、主に第1次産業で支えられ若者の流出が止まらない集落におい […]

民泊とは?運営の際に注意すべき新法と、問題点やトラブル、罰則を解説

近年民泊が話題になりました。 元々は民家に泊まることの総称を民泊と呼んでいました。 ただ、現在「民泊」と言えば、Airbnbに代表されるような、有償で主に旅行者向けに宿泊施設として家を貸し出すことを指すことが多いでしょう。 「民泊が流行っている」「民泊は稼げる」という話も多くある中、 自分でも民泊を始めてみようか 民泊施設に宿泊してみようか と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。 ここで […]

土地の実勢価格とは。公示地価や路線価との差を考える

本記事をお読みの方は土地の売買に備えて土地の価格を知っておきたいとお思いになっているのではないでしょうか。 土地の価格には相続や固定資産税の評価額の元になる路線価や、公の取引基準となる公示地価などありますが、売買価格に1番近く、不動産会社が土地の価格を算出する際に使われるのが実勢価格です。 本記事を読むと 実勢価格とは何か 実勢価格を公示地価と路線価と比較するとどのような違いがあるのか がわかりま […]

公示地価とは?基準地価や路線価との違いと合わせて解説

土地には4つの価格があるとされ、公示価格はその1つです。 公示価格は毎年新聞やテレビで発表される地価や地価の変動のニュースでなじみ深いもので、他の土地価格の参考値にもなっています。 この記事では、公示価格とは何なのか、どのように算出されているのかについて徹底解説していきます。 公示価格だけでなく、土地の4つの価格について網羅的に知りたい方は下記の記事がおすすめです。 一括査定サイトでより正確な売却 […]

不動産の査定方法 査定額はどうやって決まるの?

不動産の査定を依頼すると、査定額が不動産会社ごとに大きく異なります。 同じ不動産なのになぜ査定額がちがうのだろうと疑問に思うでしょう。 高く売りたいから高い査定額を出してくれた不動産会社と媒介契約を結ぶというのも不安ですよね。 査定額だけで不動産会社を選んで不動産の売却で後悔しないためにも不動産の査定方法を学ぶことが大切です。 この記事では、不動産の3つの査定方法と不動産会社ごとに査定額が異なる理 […]

よい不動産屋の選び方-免許番号や大手or地域密着等5つのポイント

「不動産屋さん」とは聞きなれた言葉ですが、どういう会社なのかまで理解している人は多くないかもしれません。 かんたんに言うと不動産を扱う会社なのですが、その方法も「貸し借り」や「売り買い」を仲介しているところから、売買であれば1度自社で買い取り、リフォームなど手を加えた後に販売する業者もあります。 それをもっと規模を大きくした、土地を買い、開発して分譲するデベロッパーと呼ばれる業種も、不動産会社の一 […]

行政代執行とは?空き家問題への対策やその費用について

H26年11月に成立した、空家等対策特別措置法により、空き家が、特定空き家に認定され、持ち主が何も対策を行わなかったときに行政が行う行政代執行とは、どのような制度なのでしょうか。 この記事を読むと 行政代執行とは何か 行政代執行にかかる費用 行政代執行を防ぐための対策 がわかります。 1 行政代執行とは 行政代執行とは、行政上の強制執行の一種で、行政から義務の履行を受けた際に、債務者(義務を履行す […]

【不動産売却の流れ】契約・決済の流れを図解で完全解説!初心者も安心!

初めての不動産売却では、不動産売却の流れや契約の手続きは全体的にどうなっているのか、どのような書類が必要か、わからないことだらけかと思います。 家や土地などの不動産売買では大きな金額が動くことや、人生でそう何度も不動産の売却を経験しないことから、慎重になり難しく感じるかもしれません。 また、高く購入した不動産だからこそ愛着もあり、安売りをしたくなければ、できることなら損せず高く売却したいものでしょ […]