【目的別】土地の売却相場の調べ方 私の土地はいくらで売れる?

目的別土地の売却相場の5つの調べ方

本記事をお読みの方は、不要な土地を売却するかどうか考えていて、手始めに土地の売却相場を調べていることと思います。

土地の売却相場調べる方法は複数あります。なぜなら、土地の価値を表す土地の評価額は4種類あるからです。

土地の売却相場を調べるときは、自分の土地の特徴にあった方法を選択し、より簡単に自分の土地の売却価格を調べることができるようになりましょう

本記事では、土地の相場を調べる5つの方法を紹介します。

 

 

  

 

目的別!土地の売却相場の調べ方
土地の評価額ツールこんな人におすすめ
実勢価格不動産一括査定サイト売却を考えていて、信頼のできる土地の売却相場を知りたい方
不動産取引価格情報検索土地の取引が多い地域の土地を売りたい方
公示地価国土交通省地価公示・都道府県地価調査手間をかけず簡単に土地の売却相場を知りたい人
路線価路線価図・評価倍率表道路に面している田舎の土地を売りたい方
固定資産税評価額固定資産税納税通知書お手元に固定資産税納税通知書を持っている方

1 実勢価格から土地の相場を調べる

 実勢価格から土地の相場を調べる

実勢価格とは、過去に取引された土地の価格のことを言います。

実勢価格から土地の相場を調べる方法がおすすめな人は、土地の取引事例が多い地域内の土地を売りたい方です。

実勢価格から土地の相場を調べる方法は2種類あります。

  1. 不動産一括査定サイトから土地の相場を調べる
  2. 不動産取引価格情報検索から土地の相場を調べる

1.1 不動産一括査定サイトから土地の相場を調べる

不動産一括査定サイトとは、土地の売却相場を調べたい人と土地の査定を行う不動産会社とを結ぶマッチングサービスです。
土地の売却相場を調べたい人は不動産一括査定サイト上で土地の面積や駅からの距離などの情報を入力するだけで複数の不動産会社に土地の査定を依頼することができます。

不動産一括査定サイトから土地の相場を調べる方法は、土地の売却を考えていて、信頼できる土地の売却相場を知りたいという方におすすめです。

不動産一括査定サイトを使って得た土地の相場は、実際の取引価格と比べて1割程度安いという特徴があります。
土地の査定では通常不動産会社は高い査定額を査定依頼者に提示し、媒介契約にこぎつけたいという狙いがあるからです。

不動産一括査定サイトをつかって土地の相場を調べるのであれば、大手NTTグループの運営するHOME4Uという一括査定サイトがおすすめです。
都市、田舎にかかわらず多くの不動産会社と契約していて、あなたにぴったりの不動産会社を紹介してくれるからです。

HOME4Uの無料一括査定

不動産一括査定サイトから調べる相場
  • 実際の取引価格から1割程度高い
  • 不動産一括査定サイトはHOME4Uがおすすめ

1.2 不動産取引価格情報検索から土地の相場を調べる

不動産取引価格情報検索とは、国土交通省が過去に行われた土地の成約価格(実際に取引された価格)をアンケートで調査した結果を載せた情報サイトです。

不動産取引価格情報検索から土地の相場を調べる方法は、土地の取引が多い地域の土地を売りたい方におすすめです。

不動産取引価格情報検索から調べた土地の相場は、実際の土地の取引額と同じですので、取引事例が多い地域の土地を売る場合は積極的に使って相場を調べましょう。

サイトからは過去に取引された土地の1㎡当たりの単価が見れますので、土地の相場を調べる場合は以下の式に当てはめて相場を出します。

土地の売却相場=1㎡あたりの土地の単価(円/㎡)×面積(㎡)

例えば、土地の1㎡あたりの単価が5万円/㎡で土地の面積が200㎡の場合は、

土地の売却相場=5万(円/㎡)×200(㎡)=1,000万円

となります。

不動産取引情報検索の詳しい使い方をご覧になりたい方は以下のボタンをクリックしてください。

不動産取引情報検索の使い方を見たい方はこちらをクリック
使い方は簡単です。1分程度の操作で成約価格が見れます。

まずは、「時期を選ぶ」で「平成●年第●四半期(過去2年間を含む)」を選びます。
不動産取引情報検索 時期を選

次に、「種類を選ぶ」で土地を選択します。
不動産取引情報検索 種類を選ぶ

そのあと、「地域を選ぶ」の中の「住所から探す」で調べたい地域を入力・選択してください。
不動産取引情報検索 地域を選ぶ

最後に「この条件で検索する」をクリックすると検索結果が表れます。

土地の価格は最寄駅からの時間、形状によって坪単価が異なるため、どの土地の単価を用いて相場を調べるべきか迷うと思います。

参考にする土地を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 土地の取引時点が現在に近い事例を選ぶ
  • 自分の売却したい土地と似た大きさ、環境の土地を選ぶ
  • 最寄りの駅までの距離が似た事例を選ぶ

上記3つのポイントは土地の相場に影響を与える項目です。よって、3つのポイントを満たした土地の売却事例を参考にするとよいです。

土地の売却相場を調べる際によく、SUUMOやLIFULL HOME`sなどの不動産情報ポータルサイトを用いる方がいらっしゃいますが、不動産情報ポータルサイトに掲載されている値段は実際に取引された価格(実勢価格)ではなく、売主がきめた販売価格です。

実際の取引額は買主の値下げ交渉により販売価格より下がります。
不動産情報ポータルサイトに掲載されている価格は実際の取引価格よりも1割程高くなっていますので注意しましょう。

不動産取引価格情報検索から調べる相場
  • 実際の取引価格と同じ
  • 田舎など取引事例が少ない地域の土地にはあまり向いていない

2 公示地価から土地の相場を調べる

公示地価から土地の相場を調べる

公示地価とは、国土交通省が全国に定めた地点(標準値)を対象に、毎年1月1日時点の土地の価格を公示したものです。

公示地価から土地の相場を調べる方法は手間をかけず簡単に土地の売却相場を知りたい人におすすめです。

公示地価は、土地の取引価格と同じ値段で、不動産取引価格情報検索で調べる取引事例よりも価格が多いので、少ない計算で簡単に土地の売却相場を求めることができます。

公示地価は、「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」を用いて確認しましょう。

不動産取引価格情報検索から相場を求める方法と同様に、1㎡当たりの単価が見れるので、以下の式を使って、土地の売却相場を求めましょう。

土地の売却相場=1㎡あたりの土地の単価(円/㎡)×面積(㎡)

筆者は実際に「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」を用いて公示地価を調べてみました。公示地価の調べ方を詳しく知りたい方は以下のボタンをクリックしてください。

国土交通省地価公示・都道府県地価調査の使い方を見たい方はボタンをクリック

まず、国土交通省が運営する「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」をクリックします。

次に、「検索地域指定(地域入力)」をクリックします
地価公示

「東京都」「中野区」「中野」と入力して、「決定」をクリックします。
地価公示

最後に、検索情報指定画面が出ますので、「地価公示・都道府県地価調査の両方」にチェック、「最新調査年のみ」にチェック。そのまま他の項目は記入せずに「検索」をクリックします。
地価公示

すると、公示地価がでてきます。自分の土地に近い地価公示を見てみてください。
地価公示

今回は、都道府県地価調査はでてきませんでしたが、都道府県地価調査は、7/1地点に計測された日付違いの価格なので、地価公示価格として参考にすることができます。

公示価格から調べる相場
  • 土地の取引額と同じ値段
  • 手間をかけず簡単に土地の売却相場を知りたい人におすすめ

3 路線価から土地の相場を調べる

路線価から土地の相場を調べる
路線価とは道路が面している宅地の1㎡当たりの価格を公表したものです。

路線価には相続税を計算するための相続税路線価と固定資産税を計算するための固定資産税路線価の2つがありますが、路線価というと通常は相続税路線価を指します。

路線価から土地の相場を調べる方法は、道路に面している田舎の土地を売りたい方におすすめです。

路線価は、実際の土地の取引額よりも2割程度低いため、路線価から土地の相場を調べる際は、路線価を0.8で割って土地の売却相場を出します。

土地の売却相場=路線価(円/㎡)÷0.8×面積(㎡)×補正率

補正率とは、路線価を実際の取引価格に近づけるために土地がどれくらい売れやすいかを表した割合です。
通常の宅地は1.1倍で計算しますが、利便性が高く土地の需要が高いエリアの場合は1.25、田舎の土地は0.9倍で計算します。

例えば、1㎡当たりの単価が4万円で土地の面積が200㎡の田舎の土地の場合は、

土地の売却相場=4万(円/㎡)÷0.8×200(㎡)×0.9=900万円

となります。

路線価は、国税庁が運営しているサイト「路線価図・評価倍率表」から確認することができます。

路線価の調べ方は少々複雑です。筆者が実際に調べた経験を掲載しましたので、実際に使ってみたい方は以下のボタンをクリックしてご覧ください。

路線価の調べ方(手順画像付き)を見たい方はボタンをクリック

まずは、国税庁の「路線価図・評価倍率表」を開いてください。
路線価
調べたい都道府県→市区町村→丁番地を選択します。
路線価図
今回も東京都中野区を例に路線価を調べてみましょう。
路線価
赤い資格で囲んだ地域の、矢印の道路に面した場所に土地があると想定します。

この道路には、「430C」という数字が書かれています。後ろにアルファベットが書かれていますが、このアルファベットは借地権割合なので気にしないでください。

この数字が路線価で、この道路に面する1㎡当たりの値段を表示しています。単位は千円です。

つまり、この矢印に面した道路の路線価は43万円/㎡ということになります。

路線価から調べる相場
  • 実際の取引価格よりも2割程低い
  • 道路に面した田舎の宅地の相場を知りたい方におすすめ

4 固定資産税評価額から相場を調べる

固定資産税評価額から相場を調べる
固定資産税評価額とは、固定資産税を計算するための価格です。
固定資産税評価額は毎年4月~6月の間に不動産をお持ちの方を対象に送られてくる固定資産税納税通知書通知書を見ると分かります。

固定資産税評価額から相場を調べる方法は、お手元に固定資産税納税通知書をお持ちで今すぐに相場が知りたい方におすすめです。

固定資産税評価額は実際の取引額と比較して3割ほど低いため、土地の売却相場を計算する際は、0.7で割るとよいです。

土地の売却相場=固定資産税評価額÷0.7×面積(㎡)

固定資産税納税通知書から固定資産税評価額を見る方法について詳しく知りたいからは以下のボタンをクリックしてください。

固定資産税評価額評価額をを見る方法を知りたい方はボタンをクリック

固定資産税評価額は、納税通知書と一緒に送られてくる「課税明細書」に記載されています。

課税明細書

※画像出典:土地や家屋をお持ちの方へ(H31)|東京都主税局

課税明細書の中の、「価格」もしくは「評価額」欄の金額が固定資産税評価額です。(画像の黄色マーカー部分

固定資産税評価額から調べる相場
  • 実際の取引額より3割程度低い
  • 手元に固定資産税納税通知書がある方におすすめ

5 まとめ

本記事では土地の売却相場を調べる方法として5つの調べ方をご紹介しました。

5つの調べ方の中でも、どの地域の土地の売却相場を調べ方を知りたいのか、どんな目的で土地の売却相場を調べているのかによって、おすすめの方法が異なります。

本記事のこんな人におすすめを参照してどの調べ方が自分にピッタリか探してみてください。

不動産会社8社に査定を依頼したら
不動産会社8社に査定を依頼したら330万円の差があった

今後の目安のため、一括査定サイトを使って実家の査定を依頼したところ、安い会社と高い会社の差が330万円ありました。
簡易査定なら情報を入力するだけで、その日の内に連絡が来る会社も多く、売却相場がすぐに分かります。

主な不動産会社
ただし、一括査定サイトもすべての不動産会社と提携しているわけではありません。 1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)または人口が多い地域の不動産の場合、大手企業6社が集まった「すまいValue」も合わせて検討するとよいでしょう。

すまいValueの無料一括査定

人口の多い地域の場合、おうちダイレクトの不動産会社なら、Yahoo!とおうちダイレクトのネットワークを活用し売却をサポートしてくれます。独自の販売活動ができるため、他にはないより高い査定額が期待できます。

おうちダイレクトの無料一括査定

「でも、わずらわしい営業電話はこないのか?」
「どのような感じで連絡がくるのか?」
そんな疑問に身をもって体験した結果はこちら。


「そもそも不動産一括査定サイトって何?」
「メリットあるの?」
「デメリットは?」という方はこちら。