遠方の土地を売る方法とポイント! 不動産会社の選び方を完全ガイド

親や親戚が急死してしまい、実家や遊休地など遠方の土地を突然相続したが、住む予定はなく、売却したいという人は少なくありません。

しかし、売却する際に問題になるのが不動産のある場所が遠くて、売却活動に時間や費用がかかるということです。飛行機や新幹線が必要な距離なら一度に数万円も費用がかかりますし、平日となってしまっては仕事を休まなくてはなりません。

また、地元なら問題ないですが、一度も赴いたことのない場所に不動産を持っているという可能性もあります。土地勘のないところだと価格の設定や不動産会社の選定も難易度が上がるでしょう。

そこで、今回は遠方の土地を売る際になるべく労力をかけず、土地や家を売却する方法を解説します。遠方の土地だからといって諦めず、希望する額で売却できるように、工夫をしましょう。

うちの不動産って売れる?不動産一括査定で確かめよう【24時間申し込み可能】
「HOME4U」は複数の不動産会社に、無料で簡単に査定を依頼できる一括査定サイトです。複数社の査定額を比較でき、不動産を売ったらいくらになるのか最高額と最低額がわかります。1回の記入だけで、手軽に複数社へ査定の依頼ができます。
不動産一括査定サイトHOME4U

https://www.home4u.jp/

現地に行かず遠方の土地をうまく売却するには

遠方の土地に行かずに売るには
自宅にいながら遠方の土地を売却するために必要なのは信頼できる不動産会社を探すことです。売主が現地に赴けない場合、売主に代わって不動産会社の担当者に手続きや立会を行ってもらわなければなりません。

信頼できる営業担当者を探すことは近隣の土地を売却する際にも大切なことですが、遠方の土地を売る場合は、売主が現地に赴くことができない時に営業担当者に代理で立ち会いなどをお願いすることになるのでより絶対的な信頼をおける業者に売却を依頼することが重要となるのです。

ただ、信頼のおける不動産会社を現地に出向いて探すというのは、離れて暮らすものにとっては難しいもの。

そんな方におすすめしたいのが不動産一括査定サイトです。
不動産一括査定サイトとは、ネット上で売りたい土地の情報を入力するだけでその土地を査定(売却ももちろん可能)してくれる優良な企業に出会えるサービスです。居住地にいながら現地の不動産会社を探すことが可能です。

不動産一括査定サイトを使うと、複数の不動産会社が紹介されるので査定額や実績などで比較検討でき、大切な土地を安く買いたたかれる心配がありません
また、紹介される企業はサイト運営者の厳しい審査を潜り抜けてきた企業ばかりなので自分で不動産会社を探すよりも質の高い業者に出会えるのです。

24時間査定依頼を受け付けており、完全無料、メールで査定結果を受け取ることができるので忙しい人でも安心です。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!

良い不動産会社選ぶ際のチェックポイント

遠方の土地を売る際の不動産会社
家を借りる際に不動産会社の方にお世話になった人は多いと思いますが、遠方の家を売却する際にはどのような不動産会社、担当者を選ぶのが良いのでしょうか。

地元の不動産会社か否か

不動産会社は不動産が所在する地域の会社を選びましょう。不動産会社にもエリアの得意不得意があり、基本的に会社が拠点を置くエリアを得意としています。

不動産周辺の環境にまつわる情報や現在建設計画が持ち上がっている周辺の施設の情報など、地図を見ただけでは分からないような情報も地元の不動産会社なら持っていて土地がスピーディーかつ高額で売却できる可能性が高まります。

売却したい不動産にもよりますが、同県内より、同市内ぐらい近い方が良いでしょう。

お願いする不動産会社は大手と中小どちらが良いのでしょうか。土地が所在するエリアによって、依頼した方が良い不動産会社は異なります。

都市部の場合は大手不動産会社がおすすめ

売却したい土地が首都圏にある場合、集客力の高い大手の不動産会社に依頼することがおすすめです。

大手不動産会社の多くは都市部に拠点を置いていて、知名度や広告力の高さから都市部の買い手の集客力に長けているからです。

不動産一括査定サイトすまいValueは、仲介手数料ランキングでTOPを占める小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介、三井のリハウス、三菱地所ハウスネットの6社で構成されており、すまいValueを使うと知名度と実績のある大手不動産会社に査定を依頼することができます。

査定だけでなく、遠方の土地をうるためのノウハウを教えてくれたり、内見や契約といった手間のかかる作業を請け負ってくれますのでおすすめです。

すまいValue運営会社住友不動産販売
三井不動産リアルティ
三菱地所ハウスネット等大手不動産会社6社
運営開始時期2016年8月
対象エリア全国
累計利用者数36万人
提携会社数6社
同時依頼社数6社
すまいValue
関連記事

電車などに乗っていると、「あなたの不動産を大手6社が一括無料査定」というすまいValueの広告を見かけます。すまいValueを使うと、不動産の売買仲介手数料でTOPを占める小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村の仲介、三井[…]

すまいValue

地方の場合は地域密着型の不動産会社がおすすめ

土地の所在地が地方の場合は地域に密着した不動産会社がおすすめです

地域密着企業であれば、その地方独自の販売網やルールを熟知しているため土地が素早く高値で売れる可能性が高まります。

また、大手不動産会社と比較して請け負う仲介量も多くないので一人一人に寄り添った丁寧な対応が期待できます

地域に密着した信頼のおける会社を選ぶなら、不動産一括査定サイトHOME4Uがおすすめです。

全国約1300社の不動産会社と提携しており、田舎の土地でも査定を請け負ってくれます。またサイトの運営者が大手NTTデータですので個人情報の取り扱いに厳重で売主のサポートが充実しており安心できます。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
関連記事

始めてHOME4Uの不動産一括査定サイトを使う方は「HOME4Uを使うとデメリットはあるのだろうか」「HOME4Uよりも優れたサイトはあるのだろうか」などと疑問に思うのではないでしょうか。不動産一括査定の公式ページには利用者の口コミ[…]

HOME4U

不動産会社の得意分野

不動産会社にはエリアの他にもマンション売却が得意、新築が得意などさまざまです。当然、得意分野の方が情報を豊富に持っていますし、得意分野の不動産を探している買主候補を多く持っているはずです。

マッチしている不動産会社なら早く売却することもできますし、買主から提案される価格交渉も適切に対応してくれ、価格を下げすぎずに済みます。

不動産会社の得意分野を知るには、不動産会社の実績を見ます。実績に掲載されている物件の種類が多いものが得意分野となるので、自分の売りたい不動産と同じ分野を扱っている所を選びましょう

営業担当の対応スピード

買主が他の物件と比較している売りたい期限があるなど、時に不動産売買にはスピード求められます。タイミングやスピードが求められる時に営業担当者がすばやく対応してくれるかは優秀な営業担当者の条件の一つでしょう。

遠方の土地を売る場合は売主が直接動けないことも多く、売主の代わりにすばやく対応してくれるのは特に重要なポイントの1つです。

メールや電話などで聞いたことに対して、返信が遅くないかチェックしましょう。何かを質問した時に1週間も2週間も返信がない担当者は危険です。何度も続くようなら、うっかりミスではなく常態化してしまっている可能性が高いので、不動産会社の変更を検討しても良いでしょう。

担当者との相性

担当者との相性は重要です。売却するまでに何度もやり取りをしますし、分からないことは質問できる不動産売却のパートナーです。相性の良い人なら、相談なども気軽に連絡できるので、やり取りが活発になり見落としや伝え漏れなどがなくなり、書類の手戻りや不利な売却になることを防げます。

明るくて元気な担当者や物腰が柔らかく丁寧な担当者が合う人など人によって良いと感じる担当者はさまざまです。話しやすいひっかかる点が少ないなど、自身が良いな感じた人を選ぶと良いでしょう。

しかし、短い時間で良い担当者を見極めるのは難しいものです。もし、契約してしまった後に担当者と合わず変更したい…と感じることがあれば、以下の記事を参考に考えてみましょう。

関連記事

家や土地の売却を依頼した仲介業者が買主を紹介してくれない、報告をしてくれない、話を聞いてくれないと不動産の売却に支障が出るので困ってしまいます。上記のような場合、仲介業者を変更することは可能ですが、タイミングを誤ると契約上違約金が発[…]

仲介業者の変更

遠方の土地を訪れるタイミングはいつ?

遠方の土地を売る際には、売却の準備・売買契約・決済時といった手続きのために最低でも3回は現地に行く必要があります。

他にも以下のようなタイミングで現地に行かなくてはいけない場合もあります。

  • 不動産会社に査定を依頼
  • 清掃や書類を揃えるなどの売却に向けた準備
  • 内見
  • 売買契約
  • 決済、引き渡し
  • 建物を解体する場合は解体業者との調整
  • リフォームする場合はリフォーム業者との調整 など

更地の場合は特に問題はありませんが、今まで住んでいた場合などは荷物の撤去や処分が必要になります。

周辺に親戚などが住んでいる場合は人手なども確保しやすいですが、誰もいない場合は自分の家族を連れて行ったり、専門業者にお願いするなどの費用が発生するので注意しましょう。

購入希望者は、実際に物件を見学する内見を希望することがほどんどです。
売れない状況が長引くと、購入希望者が現れる度に内覧の対応をしなくてはなりませんが、内覧の立ち会いは不動産会社の担当者に任せることができます。

良い不動産会社を選ぶ方法とは

遠方の土地の不動産会社を探す場合、一括査定サイトを利用するのが賢明です。一括査定サイトとは、複数の不動産会社にまとめて査定依頼をできるWebサービスです。

なぜ、不動産一括査定サイトがおすすめなのでしょうか。

自宅にいながら複数社に査定を依頼できる

不動産一括査定サイトを使うと、自宅にいながら遠方の土地の売却に強い不動産会社を探すことが可能です。

ネット上で売りたい遠方の土地の住所や面積などを入力すると、メールや電話などで不動産会社から査定額の結果が届きます。忙しい方は「メールでの対応希望」と備考欄に記入しておくとメールでの受け答えをすることができ、いつでもどこでも査定額の確認が可能です

さらに、提携している企業はサイト運営者によって厳選された優良企業ばかり。安心して不動産会社を探すことができます。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社

複数社を簡単に比較検討できる

土地は複数の不動産会社に査定をしてもらうことで高く売却することができます

査定額は不動産会社によって異なります。複数社に査定を依頼することで、査定額を比較検討でき、最も高く土地を売ってくれる不動産会社がわかるのです。

さらに、複数社の担当者と話すことができるので、営業担当者の比較・検討ができて相性の良い営業担当者を見つけることができます。不動産一括査定サイトを使えば、遠方にいながら土地を高値で売ってくれる信頼のおける業者が見つかるというわけです。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社

信頼できる不動産会社を見つけることができたら、売却活動がいよいよ始まります。売却活動時、一度も遠方を訪れないことはできません。何度か行かなくてはいけないタイミングがあるので、把握しておきましょう。

予定が合わない場合の対処法

予定が合わない場合の対処法
売買契約といった大切な手続きの際には、原則として土地の所有者本人が現地に出向かなければなりません。

しかし、仕事が忙しかったり買い手の都合によって、どうしても予定が合わない場合もあります。

このような場合、代理人を立てることで対処が可能です。

持ち回り契約をする

売買契約書を郵送でやり取りする方法です。不動産会社が契約書を作成し、合意できれば買主が署名・捺印をして手付金を振り込み、契約書を郵送します。売主は口座を確認し、問題なければ書類を不動産会社へ郵送し、契約を完了させます。

売主と買主の間で合意が取れていれば、その場で契約書をかわさずとも有効になります。ただし、直接会っていないのでお互い理解に齟齬がある場合も考えられます。

事前の契約確認は不動産会社と相談し、よく確認し合った方がいいでしょう。

知人に代理人を依頼する

本人でなくとも委任状を渡して、代理人を立てることが可能です。売却したい土地の周辺に親戚が住んでいる、都合がつかない自分の代わりに家族に行ってもらうなども可能です。

ただし、代理人が行った行為の責任はすべて依頼した人が背負うので、代理人を立てる際は信頼できる人、後々トラブルになりにくい家族や親族を立てると良いでしょう。

売却したい土地の近くに親族がいない、代理で契約に赴ける家族なども都合が合わず難しい場合、司法書士や弁護士に依頼することも可能です。ただし、費用が発生するので、費用分売却額が減ることは覚えておきましょう。

遠方の土地を負担をかけずに売却する方法を紹介しました。遠方にある土地をできるだけ高く売却したいと考えている人もいるでしょう。特に複数人で相続した場合、売却額がそのまますべて手に入るわけではないので、できるだけ土地を高く売却して持分を増やしたいと考える人もいるかと思います。

そこで、次では不動産を高く売る工夫を解説します。

遠方の土地を高く売る工夫とは

遠方に限らず不動産を高く売るには工夫が必要です。相場の倍売るなどは難しいですが、なるべく希望額に近づけるために以下のことをやってみましょう。

価格は気持ち高めに設定する

買主は必ずと言っていいほど値下げ交渉をしてきます。買主の値下げ交渉にすべて応じる必要はありませんが、多少は応じるのが一般的です。また、一定期間売れないと値下げをする必要もあります。

したがって、価格を最初に設定する時には、売却したい額より少し高めに価格を設定しておきましょう。価格を高めに設定しておくことで安く売却してしまうことを抑えられます。

家を売るタイミングを見極める

高く売るためには、不動産価格の波を現在、2020年の東京オリンピックに向けて、不動産価格は上昇しています。2019年3月に発表された公示地価では地方圏の平均価格も27年ぶりに上昇し、今がピークとされています。オリンピック後は不動産価格は下落すると予想されているので、売るなら今でしょう。

このように価格の上下には、世の中の現象が大きく影響します。売却活動を行う際には、今不動産価格は上昇しているのか否か確認しましょう。

また、売却額の変化は1年の中でも起こります。転勤などが多い2~3月は最も高く売れやすいです。よって、売却活動を始めるなら、年明け早々は販売活動を行えるようにしておくと良いでしょう。

関連記事

子供が成長して家を出ていったり、夫の転勤が決まったり、定年のタイミングになると住み替えのために家の売却を考えます。苦労して購入した戸建てやマンションですので、「高く売れるタイミングで家を売りたい」と考えますが、家を売るベストなタイミ[…]

タイミング

リフォームをしない

築年数の古い実家などだと、リフォームをして家の価値を高めた方が家は高く売れるのでは…と考えがちですが、リフォームは基本的に不要です。

理由としては、

  • 物件をなるべく安く購入して、自分でリフォームしたい
  • 建物を解体して、新しく家を建てたい

という買主のニーズがあるからです。リフォームをしてしまうと、その分売却価格は上がってしまうので、買主としてはあまりうれしくありません。

また、売主側にもデメリットがあり、リフォームにかかった費用をそのまま物件に上乗せすることはできません。そのまま上乗せしてしまうと周辺の物件より販売価格が異様に高くなってしまい、買い手がつかないからです。

不動産は相場以上の価格で売るのがなかなか難しいものです。提示価格から値引いて行くのが当たり前の商品なので、市場状況を見極めて高い時に売るのはもちろんのこと、価格が下がらない工夫をしましょう。

しかし、高値で売る前にそもそも不動産が売れない可能性もあります。不動産が売れない場合にはどうすれば良いのでしょうか。

買い手が見つからない時は買取を検討してみよう


土地を売却する際には、売却の決定から引き渡しまでに早ければ3カ月程度、なかなか購入希望者が現れない場合は6カ月以上の期間を要します。

しかし、遠方の土地がなかなか売れないと維持管理費がかさむ一方です。

このような場合、一般的な販売ではなく不動産会社による買取も検討してみましょう。

この方法を選択すると売却価格は安くなってしまいますが、以下のようなメリットが挙げられます。

  • すぐに現金化できる
  • 仲介手数料が掛からない
  • 売却までの流れがスムーズ

ただし、面積が広すぎる土地や過去に事件や事故が発生した土地の場合、買取を断れる可能性もあるので注意が必要です。

関連記事

不動産を売却する方法には、不動産会社に仲介をしてもらう方法と買取をしてもらう方法の2つがあります。初めて不動産を売るとなると、どちらの方法を選んだほうが自分にとってメリットが大きいのか疑問に思うでしょう。仲介と買取、それぞれ特徴があ[…]

不動産買取
土地活用という手段もある

遠方にある実家を相続したけれど使い道がない場合、売却することを思いつきますが、田舎の土地で買い手がつかない場合、土地活用をすることもできます。

土地活用というと手間がかかるイメージがありますが、管理業者に全て委託してしまえば手間をかけずに収益だけ手に入れることができます。

田舎の土地でも、太陽光発電やトランクルームなど最適な土地活用があります。少しでも興味がある方は土地活用の無料プラン比較【HOME4U】で自分の土地に合った土地活用プランを提示してもらいましょう。

運営者はHOME4Uと同じ大手NTTデータです。具体的な土地活用プランが決まり契約するまでは無料ですので、まずは無料で資料を請求することをおすすめします。

home4u土地活用運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数50社
資料を一括で取り寄せる手順はこちら!

遠方の土地を売却する際には不動産会社選びを慎重に


居住するエリアから近い土地に比べると、遠方の土地を売却するには時間的にも体力的にも大変です。
長い期間売れない状態が続くと、値下げせざるを得なくなる可能性も考えられます。
また、スムーズに売却するためには仲介を依頼する不動産会社選びが非常に重要です。
維持管理費などを考慮して高値での売却よりも早く手放したい場合は、不動産会社による買取を検討し、スムーズな売却を目指しましょう。

遠方の土地を取得した理由として多いのは相続です。相続した土地の名義を売却する人に変更しないといけません。
他にもさまざまな手順があるので以下の記事も確認しておいてください。

関連記事

親の土地を初めて相続した人は、 相続したら、何から始めればいいだろう 相続した土地の処分はどんな方法があるのだろう 土地を相続したときの税金はいくらかかるだろうと頭を悩ませていることと思います。[…]

マンションのメリットを考える
HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
 

よくある質問

現地に行かずに遠方の土地を売るには?
信頼のおける不動産会社に買主の募集から内覧まですべて依頼すると、現地に行かずにスムーズに土地を売却できます。
詳しくは「現地に行かず遠方の土地をうまく売却するには」をご覧ください。信頼できる会社の選び方を解説しています。
どれくらいの頻度で現地に行かなければいけないの?
最低でも、不動産の売却準備、売買契約の締結時、決済時の3回現地に赴く必要があります。詳しくは「遠方の土地を訪れるタイミングはいつ?」で解説します。
売却を依頼する不動産会社はどのように選べばいいの?
不動産一括査定サイトを使うと、自宅にいながら自分に合った質の高い企業が見つかります。
詳しくは「良い不動産会社を選ぶ方法とは」をご覧ください。

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定を使って査定したら家の価格に330万年の差

不動産一括査定サイトHOME4UHOME’SイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定
あなたの不動産、今いくら?60秒のカンタン入力で複数の不動産会社に査定してもらえる!