CATEGORY

農地売却

一般農地・生産緑地・市街化区域農地別の固定資産税の目安

農地の固定資産税が安いことはよく知られており、保有コストの小ささから、農家が遊休農地を手放さない原因にもなっていると指摘されています。 宅地の固定資産税を毎年負担している側にすると、優遇され過ぎと思うでしょうか。 しかし、農地の所有者にしてみると、耕作しても大きなお金は生まれないのに、固定資産税まで高くされたのでは、たまったものではありません。 そして、市街化区域の農地では、税負担に苦しむ農家が出 […]

市民農園の開設方法。貸し農園ビジネスに関する3つの制度

遊休農地を活用する方法には、農地として貸す方法や売る方法、転用して違う用途で使う方法がありますが、いずれも農地法で制限されています。 特に、転用は許可がかんたんには下りず、農地は強固に保護されています。 そのような中、都市部の市民に農地を利用してもらい、対価を受け取る方法として注目されているのが市民農園です。 大きな収入に結び付かなくても、農地を遊ばせておくよりもはるかによいからです。 難点は制度 […]

農地バンクとは?利用のメリットデメリットと問題点について

アベノミクスは金融政策や財政政策ばかりに目が行きますが、「3本の矢」最後の成長政策の1つに、農業改革があります。 しかしこの農業改革、現状は上手くいっているとは言いがたく、批判の的にもなっています。 いわゆる農地バンクと呼ばれるこの制度の仕組みとこれまでの実績・課題を、農地を持つ人の目線で考えます。 農地バンクの概要 農地バンクとは、貸したい・売りたい農地を集め、借りたい・買いたい農業経営者に提供 […]

耕作放棄地とは?その面積と問題の原因、再生利用に向けた対策

多くの人にとって農地の問題は他人事ですが、イメージしやすいところでは米の価格、それ以外でも防災面での役割もあり、知れずとも恩恵を受けていることは、言われると気づくものです。 今その農地の面積が年々減っており、さらに耕作放棄地の割合が増えています。 では耕作放棄地とは何なのか?それが増えることでどんな問題が起こり、どのような対策がなされているのか? その全容をまとめました。 耕作放棄地の定義 耕作放 […]

農地を貸す7つの事例と収入、相続前に貸すメリットデメリット

国土面積が小さい日本は、諸外国と比べて食料自給率が低く、歴史的に農業や農地は独自の法律によって規制・保護されてきました。 しかし、1950年代は約半分を占めていた農林漁業の就労者は、2000年に入ると約5%まで落ち込み 、農業においても深刻な労働力不足が続いています。 田舎においては傾向が顕著で、農業の担い手不足は慢性化とも言える状況です。 一部若年層に農業への回帰が見られるものの、農業全体での状 […]

農地の売却は難しい?売却方法や相場、売却成功のコツを解説!

日本では就農人口が年々減少し、それに伴い農地の需要も減っています。農地の売却を検討している方は、「農地は売れるのだろうか」と不安に思っているのではないでしょうか。 通常の不動産売却とは違い、農地を売却するには農地委員会からの許可を得なければいけません。また、買い手も農業を行っている人に限られるなど厳しい規制が敷かれています。 農地を確実に売却するためにも、農地に課せられた規制を知って、農地を売却す […]