CATEGORY

土地活用 太陽光発電

太陽光発電における見積もり依頼の方法やポイント

太陽光発電を検討するとき、パネルメーカーやパワーコンディショナーといった設備類や、売電収入がどのくらいあるかといった収支予測をする人は多くても、実際の見積もりにどのくらい差があるのか、比較検討する人はそれほど多くありません。 というのも、システム費用や売電収入を考えていく段階で、ある程度自分の中に必要な費用が概算見積もりされており、実際の見積もりと大きく差がなければ、計画通りと考えてそれ以上は追及 […]

太陽光発電の種類(パネル原料と設置方法)

太陽光発電の導入を本格的に考えている、導入するという人が気になるのは太陽光発電に欠かせない太陽電池、ソーラーパネルの種類ではないでしょうか。ソーラーパネルは種類が豊富ですし高価で設置してから変えることもそうないため、選ぶ際には多くの人が悩むところです。 さらに、設置できる場所の制限やパネルに投資できる金額も人それぞれでこれが1番良いと言えないのがさらに選択を難しくしています。しかし、パネルの原材料 […]

太陽光発電パネルのメーカー一覧(国内・海外別)

固定買取価格制度が始まって以降、日本における太陽光発電市場は、国内外のメーカーが入り乱れて、消費者としてはどのように判断すべきか迷うところです。 特に、肝心の太陽光発電パネルについては、数字だけでは語れない部分があります。 今回は、現在施工が可能だと思われる国内外の主要メーカーについて、その特徴をかんたんに紹介していますので、メーカー選びの参考にしてください。 なお、情報は2016年2月時点を基準 […]

太陽光発電のランニングコスト(メンテナンス費用・維持費)

太陽光発電を導入する目的として電気代を減らしたい、副収入を得たいと考えている人は多いのではないでしょうか。太陽光発電で経済的なメリットを受けたいのなら、気にしたいのは維持費です。維持費や初期費用は太陽光発電で得られる収益を減らしてしまうからです。 資源エネルギー庁の資料によれば、太陽光発電のランニングコスト(維持費)は、住宅用で3,000円/kW・年、非住宅用の維持費は5,000円/kW・年とされ […]

太陽光発電における最新の売電価格と推移・今後の予想

太陽光発電を普及させるきっかけになったのが、買電価格よりも高い売電価格(買取価格)を、一定期間可能にした「固定価格買取制度」です。 差額は、太陽光発電を導入していない人も含めた、利用者全体で負担しています。 売電価格は導入時の価格が維持されるため、制度開始当時は魅力的に思えたでしょう。 しかし、売電価格の高さは、太陽光発電の普及を目指した政策的な意図もあり、普及が進むにつれて下がってきています。 […]

太陽光発電システムの価格や設置費用など、初期費用の相場

太陽光発電では、投資のほとんどが初期費用で、初期費用の相場を持っていないと、回収の試算がまったく立たず、初期費用の見積もりは非常に重要です。 しかし、kW単価で語られる初期費用は、一体どのような内訳なのでしょうか? もちろん、見積もりを依頼する業者次第で見積もり額は変わりますし、唯一の存在である家や土地は、同じ条件が1つもありません。 どこに設置するのか、どのメーカーを選ぶのかなど、条件が多すぎて […]

太陽光発電における売電の仕組み

電気を発電して売るという概念は、消費者にとって身近ではないことから、太陽光発電による売電は、いまひとつ理解が進んでいないのは確かです。 しかし、日本全国どこの地域でも、太陽光発電パネルは珍しくなくなりました。 太陽光発電の導入を考えたとき、採算性はもちろん大切ですが、それ以前に、売電の仕組みといった基本知識も大切です。 この記事では、売電の仕組みをできるだけ分かりやすく説明しています。 売電とはど […]

太陽光発電のメリットデメリットや問題点【初心者向け】

原子力による発電への危険視や化石燃料の枯渇への不安視、環境問題への取り組みなど様々な思惑があって、自然エネルギーへの転換が進められてきました。 中でも太陽光発電は、家庭レベルまで普及に至る大きな成果を見せています。 太陽光発電は電気代を減らせるだけでなく、余った電気を電力会社へ得れば不労所得となります。家計を楽にしたい、副収入を得たいという人にとってはメリットの多い活用方法と感じるのではないでしょ […]

太陽光発電に土地貸し。地目別の注意点や土地代について

親や親戚から土地を相続したが、田舎にあるため使っておらず遊休地(利用していない土地)になってしまっているという人も少なくないと思います。土地は持っているだけで固定資産税など固定費がかかってしまうため、負担になってしまうこともあるでしょう。 固定費を稼ぐために田舎の土地を貸したいと考えている人に提案したいのが、太陽光発電に土地を貸すという選択です。太陽光発電は田舎の土地の方が向いている場合が多いため […]

山林で行う太陽光発電。伐採・造成・地目変更の課題と収支

田舎では、先祖が知らないうちに購入していた山林を相続しても、固定資産税が大きな負担にならないことや、処分する手続きの煩雑さを嫌って山林が放置されています。 そこで、放置している山林を有効活用して安定収入を得ようと、太陽光発電に取り組む事例が各地でみられるようになりました。 地価の安い山林は、太陽光さえあれば場所を問わない太陽光発電にとって投資効率が高く、大規模に行うことも可能だからです。 しかし、 […]