【東京移住計画】老後は東京へ移住をおすすめする理由と金額

近年、「老後は東京へ移住したい」と考える方も少なくありません。

それだけでなく、地方で就職したものの何でも揃う東京へ憧れから、東京へ移住を考える方もいらっしゃいます。

若い頃に東京でバリバリ働いて、疲れたから地方でのんびり暮らしたい…そう思って田舎へ移住したのに、生活の不便さから「老後はやっぱり東京!」なんて方も。

東京など都市圏は家賃も物価も高くて、生活に向かないのでは…と思う方に朗報です。実は、地方に比べて東京は町も住まいも整備され、施設もかなり充実しています。
今回は、そんな東京へ移住するメリットを踏まえて、老後に東京へ移住したら実際にいくらかかるか、どのような生活ができるか考えていきましょう。

うちの不動産って売れる?不動産一括査定で確かめよう【24時間申し込み可能】
「HOME4U」は複数の不動産会社に、無料で簡単に査定を依頼できる一括査定サイトです。複数社の査定額を比較でき、不動産を売ったらいくらになるのか最高額と最低額がわかります。1回の記入だけで、手軽に複数社へ査定の依頼ができます。
不動産一括査定サイトHOME4U

https://www.home4u.jp/

「老後に移住するなら東京!」とおすすめする3つの理由

東京への移住はおすすめ

東京への移住は個人的にも非常におすすめです。
長く東京に住んでみてわかった、なぜ東京が生活しやすいかを踏まえて、東京への移住がおすすめな3つの理由をご紹介します。

開発が進んで老後は住みやすい

東京への移住がおすすめな理由の1つは、人口が1番多い都道府県であるからこそ、開発に1番力を入れられやすく開発が進んでいる点でしょう。

新しい設備を取り入れて、住みやすさにこだわった最先端のマンションがよく建設されているように感じます。また、最近ではバリアフリー対応のフラットなマンションも建ち、渋谷や新宿など都心にもそのようなマンションが増え、住みやすさは地方の比にならないでしょう。

サービス付き高齢者向け住宅が多い

東京への移住を考えたとき、老後の住まいを考えると不安になるかと思います。
最近の東京は、サービス付き高齢者向け住宅も増え、充実したサービスを展開している企業が多いものです。企業によっては、看護師や介護士、医師を常駐した施設など、地方では考えられないような手厚いサービス付きの施設もあります。

以下のように様々な施設がありますので、まずは探してみると良いでしょう。

老後は東京へ移住がおすすめ

老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」

交通機関が網羅的に整備されている

地方は車がなければどこにも行けない、とはよく言うものです。そこそこ住みやすいものの、買い物へ行くにしても車で20分、映画館や美術館など遊べるところまでは車で40分、なんてこともよくあるでしょう。
東京ではそんなことはなく、非常に交通機関が整備されているものです。

電車・バスが充実で

地方に比べて東京は、電車やバスなど交通網が非常に発達しています。JRに東京メトロ、都営地下鉄に、小田急線や京王線など、都市圏を中心として網羅的に交通機関が整備されています。電車でいけない範囲はバスで行けるよう交通網が整えてあり、電車とバスを乗り継げば大抵のところへ行けるでしょう。逆に行けない場所を探すのが難しいほどです。

朝早くから夜遅くまで動いている

さらに凄いのは、朝早くから夜遅くまで交通機関が動いている点です。
新宿の始発と最終時刻を調べてみると、動いていない時間が非常に少ないとわかりました。

  • 新宿→池袋:始発04:43 最終01:00
  • 新宿→大崎:始発04:43 最終01:00

さらに、最終電車に間に合わなかったとしても、たくさんのタクシーが走っていますし、深夜急行バスなどもあります。地方のように、車だからと繁華街で遊ぶのをためらわずに済み、帰る時間を気にして遊ぶ必要もありません。

必要なものが何でも揃う

地方であれば、ショッピングできる場所が限られていることもあるかと思います。
一方で東京はショッピングスポットが様々にあり、欲しいものが手に入らないなんてことは少ないものでしょう。さらに、ショッピングできる場所もアクセスが良く、結構遅くまで開いているものです。

病院や薬局など必要な施設が町に一通り揃ってあり、24時間営業しているスーパーやコンビニ併設の薬局などもあり、必要な物が何でも手に入れられます。

HOME'S 運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社

定年後の移住におすすめ! 東京付近で老後住みやすい街

「若いうちは東京でバリバリ働き、老後はのんびり地方へ」といった考えもあるでしょう。

ですが、老後にのんびり地方へ移住するのは本当に良いのでしょうか。
国レベルで明らかな人口減少が進んでいるなか、地方では限界集落となる町もでてきています。

関連記事

日本の少子高齢化は今に始まった問題ではありませんが、平成に入ってから、「限界集落」という新たな言葉が誕生しました。 限界集落が提唱されだした当初、日本経済は空前の好景気(バブル期)で、衰退していく地域があることは、今よりも問題視されていな[…]

限界集落

確かに、地方の田舎は東京のようにごちゃついておらず、のんびりしているでしょう。ですが、裏を返せば何もなく、交通機関や設備が整っておらず、歳を取れば取るほど住みにくい町となる可能性もあります。

個人的には、「若いうちはお金のかからない地方、老後は充実の東京へ」が、時代の流れを考えると今後は良いかもしれません。

東京への移住先としておすすめしたい東京付近のエリアをご紹介します。

町田…神奈川県に間違われる東京都

JR横浜線と小田急線が通っており、東京にも横浜にもアクセスの良い街です。
東京都民でさえ町田は神奈川県と言うほど、中途半端な立場の町田、江の島までも1本で行けます。

八王子…八王子とはよく聞くけど本当に東京都?

地方にいると八王子とよく聞くため、何となく都会でおしゃれなイメージを抱きがちですが、そんなことはありません。
と言いたくなるほど、東京の都会よりも住みやすく、ほどよく東京感のある街です。
利用できる電車からは、やや田舎の空気が感じられるでしょう。
JR:中央本線、横浜本線、八高線
京王電鉄:京王線、高尾線、相模原線
多摩都市モノレール:モノレール線、高尾登山電鉄(ケーブルカー・エコーリフト)

吉祥寺…丁度いいTHE東京

JR中央線と京王井の頭線が通っており、新宿と渋谷からのアクセスが良好な街です。
駅の周辺はにぎやかな商店街、少しいけば閑静な住宅と、丁度いい東京といったところでしょう。
井の頭線の名のとおり、井の頭公園などもあり自然にも触れられ、子育て世帯から老後まで幅広い世代におすすめです。

横浜エリア…東京都まで電車で1本!

東京と神奈川を繋ぐ街と言えば、この横浜。
JRの東海道本線に、渋谷に新宿さらに埼玉まで1本の東急電鉄・東横線、その反対は中華街に繋がっているみなとみらい線、羽田空港まで1本の京浜急行電鉄、さらに神奈川へ繋がる相模鉄道にブルーラインと充実した横浜駅の周辺エリアは、どの世代にも非常におすすめです。

鎌倉…老後に住むなら海の近いここ!

JRは総武快速線に直通の横須賀線に湘南新宿ライン、江ノ島電鉄線が通る非常にのどかな街です。
鶴岡八幡宮まで続く裏参道の小町通りは、美味しいカフェや名物も多く、大変にぎわっています。お寺や大仏などのんびりできる場所も多く、海が近く老後に落ち着いて過ごす方におすすめです。

関連記事

人生100年時代と言われ、60歳の定年後も続く人生。年金だけじゃ生活が苦しいことも分かってきており、何も考えずに余生を楽しむのは難しい時代となりました。 定年を機に考えたいのが家のこと。子供達は独立し自分達の生活が変わる今、どんな家が[…]

サイトマップ

定年後に東京へ移住するメリット

東京へ移住するメリット

東京は、先述したような住まいや交通機関、住環境の充実だけでなく、他にも様々なメリットがあるものです。

ここでは、住環境を踏まえて東京へ移住するメリットをご紹介します。

最先端に触れられ、仕事の選択肢が多い

東京へ移住すると、常に新しく開発されている環境で生活することになり、最先端に触れ続けられるメリットがあります。その最先端は時に人の生活を良くするものであり、快適な生活を早く送れるようになる確率は地方より上がるでしょう。

さらに、その最先端は新しい仕事を創造する可能性もあります。仕事の選択肢が多い点も、東京へ移住するメリットでしょう。
また、当たり前ですが地方より人が多く、様々な価値観にも触れられます。常にアップデートし続けられる環境でもある点も魅力的かもしれません。

遊ぶ場所がたくさんある

地方では、遊び場所までの移動手段も限られ、さらに美術館や映画館、遊園地などの数も限られます。
ですが、東京には美術館がたくさんあり、様々な美術展が年中開催されていますし、映画館もかなりの数があるでしょう。

カフェは無数にありますし、遊園地もディズニーリゾートを始め、サンリオピューロランドやよみうりランド、東京ドームシティなどがあります。浅草や築地場外、上野アーケードなど楽しめる場所もたくさんあるものです。

煩わしいご近所付き合いがない

田舎など地方と比較して、東京は人付き合いが煩わしくないとはよく聞くでしょう。
東京と地方どちらも住んで実感しましたが、東京では引っ越してご近所さんに挨拶するなんてことも少ないものです。

家を建てたりマンションを購入したりするのであれば、もしかしたらご近所付き合いもあるかもしれません。ですが、賃貸であればそこまで人付き合いが煩わしくなることも、ほとんどないと考えられます。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社

東京ではなく地方へ移住するメリット

東京から地方へ移住するメリット

東京へ移住するデメリットの裏返しとして、地方へ移住するメリットも考えてみましょう。

土地や家など不動産が安く生活費が安く済む

東京と比較すると土地を安く所有でき、家も安く建てられます。賃貸にしても家賃がかなり安く済み、浮いたお金で車の所有も考えられるでしょう。

生活における固定費を安く抑えられ、さらに東京のように誘惑は少ないため、生活費も安く済ませられると考えられます。

ご飯が安くて美味しい

東京であれば高いお金を払ったのに、そこまでご飯が美味しくない…なんてこともよくあります。
ですが、地方であれば何気なく入ったお店なのに、東京と比較して美味しいご飯が安い金額で食べられてびっくり…! なんて経験もあります。

都会に比較して、地方は新鮮で豊富な食材を手に入れられる確率が高位と考えられます。島へ旅した際に、ワンコイン朝食で朝に獲れたお魚の刺身が出てきたときには、かなり驚きました。

人が少なく自然豊か

東京は人が多すぎでもありますが、地方は人が少なく子育てしやすい環境でもあるかもしれません。
人が多い東京では、子どもを連れて満員電車に乗ると周りの目が気になり、さらにベビーカーを乗せるとなると躊躇われる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、地方は人が少なく東京のように足が浮くほどの満員電車はめったになく、子どもを連れて行きやすい空気があるように感じます。ただし、夜は街灯が少なく真っ暗になるため、子育て環境において安全か、不安を感じるかもしれません。

また、地方は自然が豊かな一方で、虫が大きくて多いなど苦手な人から考えるとデメリットとなる可能性もあります。

関連記事

ご飯を作ったり、くつろいだり。1日の生活の中で最もリラックスできる場所がマイホームです。 しかし、ご近所トラブルや騒音などでリラックスできるはずの家がストレスのたまる場所になってしまうと「疲れた...。引っ越したい」と考えてしまいます。 […]

戸建て購入で後悔、引っ越したい

老後に東京へ移住する際の注意点

東京へ移住する注意点

東京へ移住するなら考えておきたいことを、移住する際の注意点としてご紹介します。

住まい選びはシニア移住にやさしい街を選ぶ

東京への移住で1番の注意点は、住まい選びです。
失敗しないための方法としては、移住で叶えたいことは何か徹底して考えておくことです。都会から少し離れてもいいから地方に似た環境で安く済ませたいのか、高くてもいいから都会の便利な場所がいいのか、考えておきましょう。

山手線の沿線から少し外側であれば、そこまで高くなくアクセスも良い、住み良い町が見つかるでしょう。後ほど、移住におすすめな町をご紹介します。

家族としっかり話す

東京へ移住しようにも、家庭があれば家族の同意が必要です。子どもがいれば転校も必要になりますし、どちらかが働いていなければ、働いていない方は新しい環境へ慣れる心積もりも必要でしょう。

子どもにとって転校は、かなりの心理的負担がかかるものですので、しっかり話したり転校先を十分に調べたり準備することをおすすめします。

お金の面をしっかり考えておく

初めての東京での生活であれば、目新しいものばかりで思わぬ出費もあるかもしれません。
東京へ移住する前に、どのくらい引っ越し費用がかかり、月の生活でどのくらいかかるのか考えておきましょう。

特に、これまで持ち家であれば、今の家をどうするか東京での家をどうすのか、考えなければいけません。まずは、今の持ち家を査定してもらい、いくらになるのか確認した上で考えると良いでしょう。
家の査定は、1度の入力だけで複数社に無料で査定を依頼できる「HOME’S」がおすすめです。複数社の査定額を比較して、1番高く売ってくれる不動産会社に売却をお願いできます。高く売れたら、そのお金を東京への移住費用まわせますので、まずは不動産一括査定で査定を依頼しましょう。

HOME'S 運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社
関連記事

ホームズ(HOME`S)と聞くと、賃貸物件を探すときに使うサイト、新築・中古戸建て/マンションを購入するときに情報を得るサイトというイメージが強いのではないでしょうか。 そんなイメージとは裏腹に、ホームズ(HOME`S)は不動産の売却[…]

HOME`S

東京へ移住したらお金がどのくらいかかるか

東京への移住にかかるお金

東京へ移住したら、お金がどのくらいかかるか気になるかと思います。
ざっと概算すると、東京で生活すると以下の費用がかかってくるでしょう。

  • 家賃:賃貸135,000円
  • 光熱水費:水道代6,300円 電気代11,500円、ガス代4,800円
  • 食費:64,000円

一先ず賃貸であれば、以上の金額で生活できるようです。一戸建てやマンションの購入を考える場合には、ローン返済費用に加えて10万円を超える固定資産税がかかってくることも考えておきましょう。

関連記事

これからマイホームを持つ予定がある人は、土地や建物の不動産価格に着目するだけでなく、毎年固定資産税の支払いが必要になることも理解しておきましょう。 そして、固定資産税は固定資産税評価額によって変わるという点に注意してください。ではこの[…]

どうしても売れない場合は寄付や贈与をしよう

お金のかからない空き家が狙い目!?

また、東京と言えど、場所を選ばなければ空き家もあちらこちらにあります。地方に比べて東京の田舎は交通整備もされ、そこまで住みにくさは感じられないものです。

関連記事

全国的に空き家が増え、問題になっていることをご存知ですか。空き家の問題は地方だけではなく、東京都内でも誰も住んでいないまま放置されている空き家が問題になっています。 東京に限らず空き家を持っている場合、そのままにしておくのは長い目で見ても[…]

東京の空き家の活用を考える

空き家であれば手ごろな価格で取得できるかもしれませんので、検討してみるのも良いかもしれません。

関連記事

今、日本全国で空き家が増えています。 総務省統計局の平成25年住宅・土地統計調査では全国の空き家数は約820万戸とされています。 その中で、空き家をお持ちの方には、活用もできず、税金や管理費用など維持コストがかかり続ける空き家の処遇[…]

空き家を0円で売買
関連記事

両親や親族から家を相続したが、遠くに住んでいて家の様子を見に行けてない、古くて誰も住んでいない家をお持ちではないでしょうか。 今、そのような事情を含め、さまざまな理由で空き家や増え、問題視されています。 多くの方は、「固定資産税[…]

空き家を無償譲渡

東京への移住は補助が出る?

東京への移住を考えたら、区が用意している家賃や引っ越し費用などを支援する公的助成制度などを調べてみましょう。

補助金を出している区域

意外に思われるかもしれませんが、新宿区や池袋のある豊島区などは、子育て世帯を対象に幅広い家賃助成制度を用意しています。
その地域は少し値が張りますが、調べて検討してみるのもありかもしれません。

新宿区

  • 子育てファミリー世帯への居住支援(転入・転居助成)
  • 金額:月額最大25,000円(区外から)、最大36万円(区内から)、最大20万円(引越費用)
    期限:区外からの助成は最長2年間

  • 民間賃貸住宅家賃助成
  • 金額:月額3万円
    期限:最長5年間

豊島区

  • 子育てファミリー世帯への家賃助成制度
  • 金額:最大15,000円
    期限:子どもが15歳に達する年度まで

目黒区

  • ファミリー世帯家賃助成
  • 金額:月額最大2万円
    期限:最長2年間(18歳未満の子がいる場合に限る)

東京へ移住したいと思ったら相談してみる

老後の生活を考えて東京へ移住したいと思ったら、まずは地方などで開催されている移住相談会や移住フェアに参加、または移住センターなどがあれば訪れて相談することをおすすめします。
実際に移住するのであれば何を考えておくべきか、具体的にどのくらいの金額が必要となるか、シミュレーションしてもらえるでしょう。

もしくは、東京のサービス付き高齢者向け住宅などが行っている、無料体験宿泊キャンペーンなどを利用して、東京に住むとはどんなものか体感してみると良いかもしれません。

東京への移住は相談

老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」

また、東京への移住をするのであれば、今住んでいる家をどうするか考えておく必要があります。移住するのであれば家を売却して、その売却益を東京への移住費にまわすと良いでしょう。
家の売却を考えたら、まずは不動産一括査定サイトで査定を依頼しましょう。一括査定では1度の入力だけで、複数の不動産会社に無料で査定を依頼できます。複数社の査定額を取り寄せられたら、今の家を高く売却することも可能です。

HOME'S 運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定を使って査定したら家の価格に330万年の差

不動産一括査定サイトHOME4UHOME’SイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。 不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。 不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定