田舎の実家どうするのが正解? 損をしない方法とは

親が高齢で施設に入ってしまった、自分と同じ家に住むことになったなどの事情で慣れ親しんだ田舎の実家が空き家になってしまうとき、どうすればいいのだろうと不安になります。

空き家を所有し続けていると、固定資産税を払い続けなければならない、倒壊の危険が出てきて近所の人から苦情が来るなどといったリスクがあるので早めの対処が必要です。

記事では、田舎の実家をどうすればいいのかおすすめの方法をご紹介します。

うちの不動産って売れる?不動産一括査定で確かめよう【24時間申し込み可能】
「HOME4U」は複数の不動産会社に、無料で簡単に査定を依頼できる一括査定サイトです。複数社の査定額を比較でき、不動産を売ったらいくらになるのか最高額と最低額がわかります。1回の記入だけで、手軽に複数社へ査定の依頼ができます。
不動産一括査定サイトHOME4U

https://www.home4u.jp/

田舎の実家どうする?最善策は売却

>田舎の実家どうする? 最善策は売却
田舎の実家をどうするか考えたとき、取りうる選択肢としては、

  • 売却
  • 活用
  • 賃貸

の3つの選択肢がありますが、おすすめは売却です。

売却をしてしまえば、「売却価格が手に入る」「固定資産税を支払う必要がない」「空き家を管理するのに実家に戻る必要がない」等のメリットがあります。

売却ときくと、「田舎の実家でも売れるのだろうか」「手間がかかりそう」といったデメリットが浮かびまずが、実際家の売却はそこまで手間がかかりません

売却をするとき、売主が行うのは不動産会社の選定、売り出し価格の決定、売買契約の締結(主にサインと押印)、所有権移転登記(こちらも主にサインと押印)であり、手間のかかる売主の募集、不動産売買契約書の作成などはすべて不動産会社が行ってくれます。

売却の多くを不動産会社が行うので、実家売却の成功のカギは仲介を依頼する不動産会社にあるといっても過言ではありません。

実家をスムーズにできるだけ高く売りたいなら不動産一括査定サイトを利用して不動産会社を決めるのがおすすめです。

不動産一括査定サイトとは、ネット上で実家の情報を1度入力するだけで複数の不動産会社が実家がいくらで売れるか計算してくれるサービスです。

査定をしてくれる企業は運営者である大手NTTデータが厳選した企業ばかりなので、自分で会社を探すよりも質の高い会社が見つかります。

また、複数の不動産会社を比較検討することができるので、田舎の実家を最も高く売却してくれる1社がみつかり、損をすることがありません。サイトの利用は完全無料です。24時間対応、60秒で入力が完了するなどとても便利なのでぜひ使ってみてください。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
関連記事

家を売る際に最も重要なのは不動産会社選びです。不動産会社に頼ると家を安く売られてしまうのではないか、騙されるのではないか…と思われがちですが、実はその逆。良い不動産会社や担当者に依頼することで、家を高く売ったり早く売ったりすることが[…]

家を売る

田舎でも家は売れる

田舎でも家は売れる
実家が人里離れた田舎にあると、「実家を売りに出してもどうせ売れないだろう」と考えがちですが、田舎の実家でも売れます

以下のグラフを見てください。グラフは、全国の土地取引件数の推移を表しています。

平成元年~24年にかけて地方の土地取引件数は減少していましたが、24年以降取引件数はプラスに転じています。つまり、田舎の実家は絶対に売れないというわけではなく、売り方次第でまだまだ売れる可能性があるということです。

全国の土地 取引件数 推移 グラフ

参考:土地取引|不動産流通推進センター(2019)

特に、近年、東京から地方に移住する人が増えており、地方の空き家が人気です。この流れに乗るためにも田舎の実家を売却したいなら早めに動き出したほうが良いでしょう

田舎の実家を売却したいなら不動産一括査定サイトがおすすめです。

全国的なネット化により、不動産の買主の90%以上がネットを使って不動産を検索する時代になりました。ネットに対応できるかできないかが不動産が売れるか売れないかにかかわっており、不動産会社もまたネット化を推し進めています。

不動産一括査定サイトと提携している企業は皆インターネット上で買主を集客することに長けた企業で田舎の実家でも難なく売却してくれます。

サイトを利用すると、無料でネット化に対応した企業を比較検討できるので自分に合った1社が見つかります。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
関連記事

田舎の土地を相続した場合、「これから使う予定もないので売却したい」と考える人が多いのではないでしょうか。しかし、田舎の土地は売りづらそう、遠方にあってめんどくさいと思うとなかなか行動に移せません。記事ではそんな方々が今から田[…]

田舎の土地を売りたいなら

所有者が変われば固定資産税を払う必要がない

所有者が変われば固定資産税を払う必要がない
実家を賃貸した場合、自己活用した場合には、毎年土地の所有者に固定資産税がかかりますが、売却をしてしまえば所有者が変わり固定資産税を支払う必要がありません。

固定資産税額は、課税標準額×1.4%で計算され、年単位で見ればそこまで多くはないものの何十年も所有しているとその総額は数十万円にも昇ります。
例えば、課税標準額が500万円の不動産を10年所有したとすると固定資産税の総額は70万円となります。

実家を売却してしまえば、固定資産税を払う義務がなくなりかかる費用を節約することができます。

関連記事

相続した家に住むことができず、いつかは整理しなくては…と思いつつもまだ手をつけておらず、空き家になっていませんか?誰も住んでいなくても家は家。実は空き家にも一般的な家と同じように税金がかかります。しかも空き家を放置したままに[…]

空き家税金

管理の必要なく、自分が好きな場所に住める

管理の必要なく、自分が好きな場所に住める
田舎の実家を売却してしまえば、実家を管理する必要なく自分が好きな場所に住めるので気持ちの面でも、物理面でも楽になります。

絶対にしてはいけないのは空き家の放置です。

空き家を放置すると、土地上に雑草が生い茂り害虫やネズミの温床となってしまいます。
近所の人から苦情が来ることはもちろん、自治体から注意されることもあるでしょう。

このような状態にならないために、実家が空き家になってしまったら、月に1度空き家を清掃しなければなりません
具体的には、室内の掃除、庭の雑草抜き、シロアリ駆除、点検と修理などがあります。

空き家を管理するとなると、10,000円+交通費/月ほどかかり、5年所有したとすると最低60万円のコストです。

上記のようなコストを払いつづけるのであれば売却してしまったほうがお得なのではないでしょうか。

関連記事

相続や転勤などで空き家の所有者になった場合、空き家の管理をどうするのか、は大きなポイントです。記事では以下のような点をお伝えします。記事のポイント 空き家管理のポイント 空き家管理サービスの比較 自己管[…]

管理

自治体に土地の寄付はできない

自治体に土地の寄付はできない
土地がいらない場合、自治体に寄付してしまえばいいのではないかと思われますが、自治体に土地の寄付はできません

法律上、自治体への寄付は違法ではありませんが、自治体によって固定資産税は大切な税収です。自治体が寄付を受け付けてしまうと税収が減ってしまうため基本的に自治体は土地の寄付は受けない姿勢を貫いています

土地を無償でもいいから誰かに譲渡したい場合、隣人や知人に譲渡するのがよいでしょう。ただ、隣人や知人に土地を無償譲渡する場合、土地の評価額が110万円を超えると譲渡した相手に税金がかかります。注意しましょう。

土地の寄付が難しいという面からも、実家をどうするか迷ったときは売却がおすすめです。

関連記事

自分では使わない土地を相続したり、売れそうにない土地を持っていたりする場合、「土地を誰かに寄付したい」と思うこともあるでしょう。「無償で土地を渡す」と言えば、すぐに相手が現れるような気がします。しかし、実際には、発生する税金や管理の[…]

寄付

相続放棄すると全ての遺産を失う

相続放棄するとすべての遺産を失う
実家を相続放棄すると、実家だけでなく親から相続する予定のすべての遺産を失います。相続放棄を決める際には慎重にならなくてはなりません。

相続放棄とは、親から相続する予定の遺産を一切相続しないと意思表明することで、相続放棄をすると実家を相続する必要がなくなります。
「親から相続する予定の遺産を一切相続しない」ので、相続放棄をすると実家だけでなく現金や株などすべての資産を失ってしまうのです

実家の他に相続するものがないという方は相続放棄をするとよいでしょう
地方では少子高齢化によって土地や家の需要がなくなっているというのが現状です。不要な実家を所有し続けて固定資産税をとられマイナスになってしまうのであれば、相続放棄をしてしまったほうが良いのです。

ただし、相続放棄をするとすぐに実家を手放せるかというとそんなことはなく、法律上は相続放棄をしても土地の管理義務は継続されるため完全に手放すためには手続きが必要です。

民法940条では相続放棄について以下のように定めています。

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

簡単にいうと、土地の相続を放棄した人が完全に管理の義務を免れるためには、家庭裁判所に申し立てをして相続破産管理人を選任し土地の管理責任を引き継ぐ必要があるということです。

相続放棄の手続きや必要な書類に関してはお近くの司法書士に相談をするとよいです。なお、相続放棄の手続きを司法書士に依頼するときにかかる費用は3万円程度です。

相続放棄が向いている人とは

  • 実家を売りに出したが買主が付かなかった
  • 実家を無償譲渡できる相手がいない
  • 親から相続した遺産がマイナスである
  • 相続予定の遺産から今後5年間実家を所有し続けるコスト引くとマイナスになる
関連記事

親の土地を初めて相続した人は、 相続したら、何から始めればいいだろう 相続した土地の処分はどんな方法があるのだろう 土地を相続したときの税金はいくらかかるだろうと頭を悩ませていることと思います。[…]

マンションのメリットを考える

親が生きているうちにいくらで売れるか知っておこう

親が生きているうちにいくらで売れるか知っておこう
田舎の実家は売却がおすすめと書きましたが、問題は、「いつ行動を起こすか」ということではないでしょうか。

おすすめは、親が生きているうちに実家が売れるかどうか知っておく事です。

田舎の土地や家の売れ行きは、少子高齢化によって年々悪くなっており最悪売れないということもあり得ます。そうなったときに親がなくなって相続してしまってからだと相続放棄ができません。

よって、今すべきことは不動産一括査定サイトを使って、家がいくらで売れるかだけ知っておきましょう。査定額がプラスだったら、親がなくなってから家を相続して売却するのがおすすめで、査定額がマイナスの場合は相続放棄を検討することになります。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!

ここで注意しなければいけないのが、売却はあくまで親の死後だということです。

親の生前前に実家を売却してしまうと、現金化されて相続税が多く取られます。(不動産を相続したほうが現金を相続するよりも相続税が安くなる。)

また、実家を売るときは実家の名義人が売却をしなければいけないのですが、名義人以外の方が家を売却するとなると、代理を建てたり、場合によっては名義変更が必要になったりと手続きが大変です。(名義変更をすると家を贈与したとみなされ、贈与税もかかる)
注意しましょう。

関連記事

親が認知症で老人ホームに入ってしまった、高齢で近所に引っ越すことになったなどの事情で親の家が空き家になることがあるでしょう。「空き家になるくらいなら売却してしまおう」と考えるのは自然ですが、相続前に家を売却すると多額の税金がかかりま[…]

親の家を売る
よくある質問

田舎の実家はどうするのが正解?
田舎の実家をどうするかで迷ったら、「売却する」「活用する」「賃貸する」の3つの選択肢がありますが、おすすめは売却です。
詳しい理由については「田舎の実家どうする?最善策は売却」で解説します。

田舎の実家を売却するとどんなメリットがあるの?
田舎の実家を売却すると、「固定資産税を支払う義務から解放される」「空き家問題で悩む必要がなくなる」というメリットがあります。

田舎の実家の処遇はいつまでに決めたほうがいいの?
親が生きているうちに実家が売れるかどうか不動産一括査定を使って試しておくとよいでしょう。理由と詳細は「親が生きているうちにいくらで売れるか知っておこう」で解説します。

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定を使って査定したら家の価格に330万年の差

不動産一括査定サイトHOME4UHOME’SイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定
不動産一括査定を使ったら、価格に330万円の差がありました。