土地譲渡に関する相談は誰にすればよいか。目的に応じた相談先を紹介

土地を譲渡する時に相談したい

土地の譲渡や売却では、難しい専門的な知識が必要になることがあります。「わからないことばかりなのに、どこに相談すれば良いか分からない」と悩むこともあるかもしれません。
その時はまず自分の相談する目的を明確にして相談先を選びましょう。相談内容によって相談先は異なります。どんな相談先があるか、相談先の選び方をこの記事で提案していきます。

1.土地譲渡について相談するのは今か?

土地譲渡を相談するタイミングとは
土地を譲渡するにあたって相談したい。でも、どのタイミングで相談をすればいいのか、自分で先にやることはないか悩む人もいるでしょう。

1.1.相談内容は譲渡・売却のどこに今いるかによって変わる

相談内容は、土地の譲渡もしくは売却がどの段階まで進んでいるかによって変わります。そこで、まずは土地売却の流れを簡単に確認しておきましょう。土地の売却は大まかに以下のような流れで進めて行きます。

  • 不動産会社による価格査定
  • 不動産会社との媒介契約
  • 売り出し価格の決定
  • 不動産会社による売却活動
  • 内見対応
  • 売買価格の交渉
  • 売買契約
  • 決済・登記
  • 土地の引き渡し

土地売却の手順について、より詳しく知りたいという方はこちらも合わせて参考にしてください。

不動産売却の流れ・手順の全体感と各ステップのポイントを図解

1.2 まずは、相談の目的を明確にすること

土地の売却といってもその土地を取得した背景やいつまでに売りたいかなどそれぞれの状況が異なります。背景と目的がそれぞれ違うので、何を相談したいかを明確にしておきましょう。相談内容に適した相談先を選ぶことで話しをスムーズに進められます。相談する内容には、さまざまなものがあります。ここではどのような相談があるのかを見てみましょう。

・譲渡した際にかかる税額は
・税額を安く抑える方法はないのか
・売れない土地はどのように譲渡すればよいのか
・譲渡の際にはどのような手続きが必要なのか
・共有名義の土地の譲渡の仕方はどうすればよいのか

このように、初めて土地を譲渡・売却する時には、手続き方法やどのような費用がかかるか、税金の支払いについて不安を抱える人は多いようです。安全に土地の譲渡を行うためには、それぞれの専門家に相談して疑問を解消していくと安心です。

1.3.そもそも相談する必要はあるか?

譲渡の流れの中のうち最初のステップは査定額を知ることです。その際には、不動産会社に査定を依頼するのですが、この不動産会社が売却までサポートしてくれ、大抵のことは相談に乗ってくれます。
また専門領域でない場合には、相談先を紹介してくれることもあります。まずは不動産会社に相談に乗ってもらうことを考えましょう。
HOME4Uの無料一括査定

2.土地の譲渡に関する相談先の選び方

土地を譲渡する際の相談先
土地の売却や譲渡について相談したい場合は誰に相談すれば良いのでしょうか。土地の譲渡については様々なジャンルの専門家が存在しています。ここでは、どの専門家に相談するべきか「相談内容」「相談方法」「費用」の点から選び方を見ていきましょう。

相談先相談内容相談することで得るメリットデメリット
税理士土地売却の際の税金に関する相談
  • 節税の仕方等を教えてもらえる
  • 確定申告について相談できる
無料相談以外だと、相談に高額の費用がかかる。土地の相続に関する相談の場合には、相続専門の税理士を選ばなければスムーズに手続きができないことがある。
司法書士土地の権利に関する相談
  • 土地の所有権の移転登記や抵当権の抹消登記を依頼できる
  • 売買契約書に疑問点などがある時には相談できる
  • 売却時の登記を依頼する司法書士への相談なら、無料で相談に乗ってもらえるが、それ以外の司法書士に依頼すると費用がかかる。
  • 司法書士の専門は登記であるので、登記以外の相談は得意でない司法書士もいる。
不動産会社不動産に関する相談不動産を売却する時の手順など不動産売却のためのサポートをしてもらえる売却する不動産の種類に合った不動産会社を選ばなければ、知識や実績不足から最適な助言が得られないことがある
弁護士土地の売却の際のトラブルを相談隣地とのトラブルや契約上のトラブルが発生した時に対処してもらえる相談費用が高額になる可能性がある
不動産鑑定士土地の価値を知りたい時に相談土地の評価をしたり、土地に適した活用法などのアドバイスをしてもらえる裁判など証明として必要な場合は適しているが、費用が高額なため、通常の売却ではあまり利用されない。
土地家屋調査士土地の境界や面積に関する相談土地の境界が不明確な場合には、売却の際に必要な土地の境界確定をしてもらえる土地の面積が広いと費用が高額になる。そして、測量や境界線の確定には日数がかかる。

2.1.相談内容によって選ぶ

まずは、相談内容によって選ぶ方法です。的確なアドバイスを確実に得るためにも、どの専門家に何を相談すべきか理解しておくようにしましょう
相談内容と選ぶべき専門家は以下の通りです。

  • 税金関係→税理士
  • 不動産関係→不動産会社、全国宅地建物取引業保証協会
  • 権利関係→司法書士

2.2.相談方法によって選ぶ

相談先によって、相談の受け付け方も異なります。どのような形で相談したいのか、以下を参考にして考えてみて下さい。

  • 直接会って相談する→税理士、司法書士、弁護士などの専門家
  • 電話で相談する→税理士、公的機関(税務署)など
  • セミナーに参加する→全国各地で開催されている不動産関係のセミナー
  • 公的機関に相談に行く→税務署の相談窓口

2.3.費用によって選ぶ

相談するための費用も重要なポイントです。
専門家へ直接相談を依頼すれば、それなりの費用が発生します。ですが、電話相談であれば、基本無料で行われている場合が多いので、専門家に相談したいという方は、まず電話相談を利用してみると良いでしょう。また、税務署の相談窓口は無料で利用できますし、セミナーも無料で行われていることがあります。

3.土地の譲渡に関する相談先と詳細

譲渡する際のおすすめ相談先
ここまでは、相談先の選び方について簡単に説明してきました。ここからは、土地の譲渡に関する相談内容と相談先についてより詳しく解説していきます。

3.1.土地の権利関係の相談は司法書士

司法書士は弁護士と同じく法律の専門家です。土地の権利関係や売買契約書の内容についてなど、法律に関わる問題は司法書士に相談することをおすすめします。
実際に土地売買における所有権移転や抵当権抹消登記などについては、司法書士に依頼することになります。
土地の譲渡があった時点で司法書士へ登記を依頼する必要があるので、その際に譲渡に関することを相談すれば良いでしょう。所有権登記を依頼する司法書士に依頼すれば、別途費用が掛からず、無料で相談することができます。

【まとめ】
・相談できる内容:土地の権利関係、売買契約書の内容
・費用:売却の際の登記を依頼する司法書士なら無料で相談できる
・こういう人におすすめ:売却が初めての人
・相談の仕方のポイント:売買契約書を持参して、疑問点をチェックしてから相談するとよい。譲渡の際に必要な手続きも相談できる。

3.2.相続関係の土地売却の相談は税理士

税理士は税金の専門家です。土地の売却によって発生する税金に関する相談は税理士に依頼しましょう。
確定申告の時期であれば、無料税務相談所が、各地区で開催され税理士が対応してくれます。
この時準備すべき書類は、譲渡資産の売却日、売却収入、売却先などがわかる資料(売買契約書など)、譲渡資産の取得価格(買値)や取得時期がわかる資料(売買契約書、登記簿謄本など)です。

土地譲渡で譲渡所得があれば、住民税と所得税が課税されます。特例が多く複雑な譲渡所得の確定申告では、税金を払いすぎてしまうケースも多くなっていますので、 専門家に相談しておくと確実です。 
司法書士は有料で確定申告の代行を行ってくれることもあります。費用は簡易的な代行であれば約3万円~、全てを任せる場合は約7万円~が相場となっています。

また、税理士には大きく分けて2種類があります。所得税に特化した税理士と、相続税、贈与税に特化した税理士というように専門分野が分かれているのです。
どちらに特化しているのかは、それぞれのホームページをみれば判断することができますので、目的に合わせて相談すべき税理士を選択するようにしましょう。

【まとめ】
・相談できる内容:譲渡の際にかかる税金の相談、確定申告の手続き
・費用:無料相談あり、確定申告の手続きを依頼した時の相場は15万円~
・こういう人におすすめ:相続した土地を売却する人、節税したい人、確定申告の手続きを依頼したい人
・相談の仕方のポイント:税金のプロなので、節税の仕方を聞くとよい、売却する土地の詳細を持って相談するとよい。

3.3.土地の価値を知るためには不動産鑑定士

不動産鑑定士とは国家資格で、土地や建物を正確に査定する専門家です。土地の価値や売却価格を正確に把握したい場合は、不動産鑑定士に鑑定を依頼しましょう。また、投資資産としての不動産の活用方法についても不動産鑑定士からアドバイスを受けることができます。
不動産鑑定士は不動産会社とは異なり、法律に則った査定を行うため、どの鑑定士に依頼しても査定額は同じになります。不動産鑑定を受ければ、綿密な資産価値を知ることができますし、鑑定書を作成してもらうこともできます。一方で、細かい鑑定評価を行うため、費用が高額になるというデメリットがありますので、その点は注意が必要です。

【まとめ】
・相談できる内容:不動産の価値を知りたいとき
・費用:不動産鑑定の相場は鑑定評価額にもよりますが、20万円から60万円
・こういう人におすすめ:土地の価格を確認したい人
・相談の仕方のポイント:費用が高額になるため、鑑定結果を裁判等に必要な場合に相談する

3.4.不動産の広さを知るには土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地の正確な広さを測量し、その面積などを登記する専門家です。
正確な広さがわからない土地や境界線があやふやな土地を売却する際は、土地家屋調査士に相談すると良いでしょう。隣地との境界確定においては、間に立って調整役となってくれることもあります。
費用の相場は通常35万円~45万円ほどですが、近隣とのトラブルを抱えている場合には、相場以上の費用が掛かる可能性があります。また、官民立会い測量の相場は約60万円~80万円となっています。

境界線の種類やより詳細の価格などは以下の記事をチェックしてください。

売却時に土地の境界線を測量する費用や依頼方法について解説

【まとめ】
・相談できる内容:土地の面積を確認、土地の境界線の確定
・費用:35万円~45万円
・こういう人におすすめ:相続した土地で境界線が不明な土地の売却を考えている人
・相談の仕方のポイント:土地の売却では境界線の確定が必須なので、確定していない場合には必ず相談する

3.5.税務署へ行く

土地譲渡によって発生する税金について相談するなら税務署に相談するのもおすすめです。
税務署での相談は無料です。また、電話であれば匿名の相談にも応じてくれます。

【まとめ】
・相談できる内容:確定申告の相談、土地の譲渡の際に発生する税金の相談
費用:無料
こういう人におすすめ:税金のことを相談したいが相談費用をかけたくない人
相談の仕方のポイント:譲渡の際の税金がどれくらいか知りたい場合や、確定申告の仕方に不安がある人は相談。売却の土地の査定額等を用意して相談すると実際に計算しやすい。

4.譲渡された土地の活用相談なら不動産会社へ

譲渡も不動産会社へ相談する
譲渡された土地の活用方法を迷っているなら、不動産会社に相談してみるのがおすすめです。

4.1.売却を考えているなら優良な不動産会社を探そう

不動産会社は不動産に関する専門家です。相談するだけであれば無料ですので、大いに活用するべきです。
不動産会社に相談すれば、売却以外の土地活用方法まで様々な可能性や情報を探ることができます。

また、土地の売却を考えているのであれば、複数の不動産会社に査定を依頼して比較し、優良な業者を探すようにしましょう。

4.2.不動産の一括査定サイトで探す

複数の不動産会社に査定を依頼するためには手間も時間も掛かります。そこでおすすめなのが、不動産一括査定サイトの活用です。
インターネットの一括査定サイトなら、一度に複数の不動産会社に査定を依頼することができ、簡単に比較することができます。土地の売却を依頼する不動産会社を選ぶ際には、是非活用してみてください。  
HOME4Uの無料一括査定

5.相談するならまずは無料でできる方法を試してみよう

譲渡の相談を無料でできる所もある
土地の譲渡については様々なジャンルの専門家がおり、目的や相談内容に応じて適切な相談先を選ぶことが大切です。相談にかかる費用も幅があるため、まずは無料で利用できる方法を試してみることがおすすめです。
中でも不動産会社への相談は無料である上、土地の活用に関して様々な可能性や方法を知ることにつながります。ぜひ、利用してみましょう。
また土地の売却を考えている方は、不動産会社の査定を受けることになりますが、納得できる価格での売却を成功せるためには、複数の不動産会社に査定を依頼して査定額を比較してみることが重要になります。
その際は、同時に複数の不動産会社に査定を依頼できるインターネットの一括査定サイトを活用してみてください。