不動産売却時にハウスクリーニングで高く売れる?メリットと相場とは

家の売却時には、プロによるハウスクリーニングを利用することをおすすめします。
一般的な売買の場合、内覧時の印象が良いと売買契約に繋がりやすいためです。
場合によってはリフォームを必要とする場所もあるかもしれませんが、ハウスクリーニングを依頼するだけで十分な場合もあります。
また、費用が掛かる一方で自ら掃除する手間が省け、しつこい汚れの除去や臭い対策にも繋がります。
ここでは、不動産売却時にハウスクリーニングの依頼がおすすめの理由と費用の相場を紹介します。

1.不動産売却の前にハウスクリーニングをするメリット

ハウスクリーニングのメリット

不動産の売り出しをスタートして間もなく購入希望者が現れても、内覧時の印象が悪ければ売買契約に繋がりにくいのが現状です。
印象アップを狙った手段の一つとしてハウスクリーニングを行うと、以下のようなメリットが望めます。

1.1 買い手を見つけやすくなる

不動産を売却する際には、購入希望者が実際に物件を見学する内覧が行われるのが一般的です。
内覧時の印象が売買契約に繋がる可能性があるため、目立つ汚れは除去しておいた方が良いでしょう。
ただ、自ら清掃するには限界があるため、内覧前には掃除のプロに任せる方が安心です。
内覧時に室内を明るく見せるなどの工夫も必要ですが、ハウスクリーニングで室内が綺麗だと買い手がつきやすくなります

1.2 価格交渉されても価格が下がりにくい

無事に内覧を終えても、売買契約までに買い手から値引き交渉を求められるケースがほとんどです。
これを見込んだ上で売り出し価格を設定していたとしても、値引きすることなく売却できることが売り手にとっては何よりです。
値引き交渉は内覧時に発見した目立つ傷や汚れ、設備の劣化などを根拠に求められる場合があります。
そのため、目の前に値引きしなくてはならない要因があると、大幅な値引きを要求される可能性があるので注意が必要です。
売り手としては、できるだけコストを掛けずに売却したいのが売り手の本音かもしれません。
しかし、大幅な値引き交渉を回避して高値での売却を目指すには、多少のコストを惜しまない方が安上がりです。

1.3 作業は短い時間で終わり手間が省ける

ハウスクリーニングを依頼する場合、大掛かりな作業で時間も掛かるとイメージしがちです。
しかし、作業に要する時間は数時間程度であるため、比較的依頼しやすいことがメリットの一つです。
不動産売却は役所に書類を取りに行くなど、売主がやらなくてはいけないことは多いです。そこに内覧の予定が入ると、平日仕事などで時間が取れない人は土日に予定が入ってしまい、思うように売却が進められないこともあるでしょう。

売却の準備で忙しい時期でも、ハウスクリーニングを依頼すれば、自ら掃除する時間が省け、負担を減らすことができます。

ちなみにリフォームを依頼すると、数週間掛かる場合もあるため、ハウスクリーニングは手軽だと言えるでしょう。

1.4 臭いの対策ができる

近年は、マンションのベランダで煙草を吸う人が漂わせる臭いへのクレームが増えています。
また、香り付けされた柔軟剤の臭いで体調を崩す人がいるなど、香害といった新たな問題が広まっています。
特に室内には臭いが籠りやすく、毎日生活している住人は慣れてしまって気づかない臭いでも、外部の人には不快な場合もあります。
購入希望者の中には、臭いを非常に気にする人もいるのが現状です。

臭いが気になり購入を見送る買主もいるので、ペットなどを飼っている人はハウスクリーニングに消臭のための清掃を依頼しても良いでしょう。人は自分の家だと臭いに気が付きにくいものです。

他人に清掃をしてもらうことで、普段気がつくことのできない臭いまで消してくれます。

1.5 掃除のしづらいところをキレイにできる

大掃除の時にしか掃除しない場所や住み始めてから一度も掃除したことがないところなどもあるのではないでしょうか。ハウスクリーニングに依頼をすれば、普段の掃除ではできないところや、忘れてしまっている場所など細かいところまで掃除してくれます。

専用の洗剤や清掃機械がないと落とせないガンコな汚れなども掃除してくれるので、よりきれいに仕上がります。高価な清掃機械や洗剤を購入するのなら、ハウスクリーニングの方がお手軽ですし価格も抑えられる場合もあります。

1.6 リフォームよりハウスクリーニングの方が安い

お風呂場の浴槽・給湯器を入れ替えるのにかかる価格は340万円前後が相場ですし、システムキッチンに入れ替えるのなら50万円~費用が必要になります。家が古いなら、リフォームをと考えがちですが、かかる費用がちょっとリフォームするだけでも10万円以上の費用がかかってしまいます。

一方、ハウスクリーニングならお風呂場で1万4000円から依頼ができます。もちろん、業者や汚れ具合によって価格は変わりますが、リフォームより費用が安いのは明らかです。

リフォームをしても、売出し価格にそのままリフォーム代を販売価格に上乗せすることはできません。高額なリフォーム代を支払って、お風呂場やキッチンどこか1つのスペースをリフォームするより、ハウスクリーニングで家中掃除をしてもらった方が効果的でしょう。

2.特にハウスクリーニングをした方が良い場所とは

ハウスクリーニングをした方が良い場所
見た目がキレイな場所は、ハウスクリーニングの依頼は不要だと言えるでしょう。
しかし、毎日使用するキッチンや風呂場などの水回りはハウスクリーニングを依頼することをおすすめします、

2.1 トイレと風呂場

トイレや風呂場は、生活する上で毎日使用する場所です。
そのため、汚れがつきやすく、きちんと掃除していても長年蓄積された汚れが出やすいです。
定期的に防カビ対策をしていても、黒カビが発生することも少なくありません。
黒カビは見た目も良くないだけでなく臭いの原因にもなり、自ら掃除するにはかなりの時間を要します。

2.2 キッチン

トイレや風呂場と同様に、キッチンも毎日使用する場所で汚れがつきやすい場所です。シンクの軽い水垢程度であれば、市販の重層やクエン酸、セスキ炭酸ソーダを配合した洗剤で落とせます。
しかし、キッチンは水だけでなく油を使用する場所であるため、水垢やぬめり、油汚れや焦つきなどのさまざまな汚れがついてしまいます。
特に汚れが酷くなるのは、シンクとレンジフードです。
これらの場所は市販の洗剤ではなかなか落ちない可能性もあるため、自ら掃除するのは非常に大変です。

2.3 エアコン

久しぶりにエアコンを付けると、送風口から嫌な臭いがしたといった経験はないでしょうか。
エアコンのフィルター部分には汚れやカビが生えやすいため、定期的な掃除が必要です。
手入れされていないエアコンを使用していると、ハウスダストなどのアレルギー症状を引き起こす可能性もあります。
内覧時にエアコンを使用する予定の場合、室内がせっかくキレイになっていてもエアコンから不快な臭いが噴き出せば台無しです。
内覧時の印象アップを望むのであれば、ハウスクリーニングを依頼してエアコンを清掃しておきましょう。
ホームセンターなどでは、簡単に掃除できる洗浄スプレーが販売されていますが、やり方を間違えると故障に繋がるので取扱には注意しましょう。

3.ハウスクリーニングの費用の相場の紹介 

ハウスクリーニングの相場とは
ハウスクリーニングの費用は業者によって異なり、依頼する場所によっても異なります。
予想以上に高額な費用が掛かる可能性もあるため、事前に確認しておくようにしましょう。
以下の表では、場所別、間取り別で費用の相場をまとめているので参考にしてみてください。

費用の相場:場所別

場所費用の相場
床、ワックス込み(6畳あたり)8,400~15,000円
エアコン(1台あたり)12,000円前後
トイレ8,000~10,000円
風呂場14,000~17,000円
キッチン15,000~25,000円
洗面、脱衣所8,000~9,000円

費用の相場:間取り別

間取り費用の相場
ワンルーム、1K15,000~30,000円
1DK、1LDK30,000~40,000円
2DK、2LDK30,000~70,000円
3DK、3LDK50,000~85,000円
4DK、4LDK70,000~100,000円

こちらで紹介した相場は大まかな費用であり、あくまで目安です。汚れ具合やシーズンによっても価格は変わるので、依頼する前はこの表を基に、自分でざっくり計算をし、その後ハウスクリーニング業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

4.ハウスクリーニングを安く済ませるためのポイント

ハウスクリーニングを安くするには
ハウスクリーニングを依頼する場所の数や間取りによっては、費用が高額になりがちです。
以下のようなポイントを押さえて、できるだけ費用を安く済ませましょう。

4.1 相見積もりをとる

ハウスクリーニングの業者は多く、どの業者に依頼すれば良いのか悩みがちです。ハウスクリーニングを行う際には、まずは見積もり額を提示してもらい、納得した上で作業に進むのが一般的です。
また、最初から1社に絞るのではなく、複数社に相見積もりすることをおすすめします。
相見積もりすることで各業者から提示された見積もり額を比較でき、業者選びに役立ちます。
ただし、低料金を謳っていても作業がいい加減では意味がありません。
そのため、安さだけに囚われることなく、優良な業者を見つけることが大切です。

4.2 まとめて依頼する

私たちの生活に便利なサービスの中には、単体で契約するよりもセットで契約した方がお得な場合があります。
ハウスクリーニングも同様で、複数場所をまとめたパック料金を設けている業者もあります。
パック料金で依頼すれば、掃除してもらいたい場所だけを依頼するよりもキレイになる場所が増え、料金もお得になります。
なお、業者によっては時間単位でハウスクリーニングの依頼もできます。

5.不動産を高く売却するためにはハウスクリーニングは効果的

ハウスクリーニングで不動産売却をスムーズに
購入希望者が不動産を購入する意志を固める際には、実際に物件を見学する内覧が非常に重要です。
売り手が雑に物件を扱っていれば、購入後に不具合が生じる可能性が高いと言えるでしょう。
購入希望者の中には、売り手の売却理由や家族構成などを気にする人もいます。
そのため、ハウスクリーニングを利用し、内覧時の印象アップで購入希望者の不安を払拭しましょう。