イエウールの評判は? しつこい・怖いという口コミは本当なのか

イエウール株式会社Speeeの運営する不動産一括査定サイトです。

2014年にサービスを開始し、今年で6年目になりますが提携している不動産会社数が約1600社利用者数が1,000万人と自他ともに認める実績を保有しています。

「不動産を売るならイエウール」と名高いイエウールですが、「家が高く売れた」という良い口コミのほかに「電話がしつこい」「怖い」などといった悪い口コミもしばしば見受けられます

果たして実際の評判はどうなのでしょうか

記事では、イエウールの特徴、イエウールの口コミ、イエウールを使うメリット・デメリットを紹介していきます。

うちの不動産って売れる?不動産一括査定で確かめよう【24時間申し込み可能】

「イエウール」は複数の不動産会社に、無料で簡単に査定を依頼できる一括査定サイトです。複数社の査定額を比較でき、不動産を売ったらいくらになるのか最高額と最低額がわかります。1回の記入だけで、手軽に複数社へ査定の依頼ができます。イエウールトップページ

https://ieul.jp/

イエウールの6つの特徴

イエウールの6つの特徴
まずは、イエウールの6つの特徴についてみていきましょう。

イエウールの6つの特徴

  1. 机上査定が選択できる
  2. 不動産会社数が多く、不動産が高く売れる
  3. 利用料が無料
  4. 利用者数 圧倒的No.1 安心して査定が依頼できる
  5. カンタンな入力でスピーディーに査定が依頼できる
  6. 全国の査定に対応していて地方の不動産も査定できる

【特徴1】机上(簡易)査定が選択できる

イエウールでは、不動産会社に査定を依頼するときに机上査定と訪問査定の2種類の査定方法のうち自分の好きな査定方法を選ぶことができます。

机上査定とは、不動産会社が実際に不動産を見ることなく不動産の住所や面積などの書類情報のみで査定額を算出する査定方法のことです。
実際に物件を見ないため、訪問査定と比較し正確性は劣りますが、査定担当者と顔を合わせることがないため不動産を売る気がないという方も安心して査定を依頼することができます

一方、訪問査定とは、不動産会社が実際に土地や家を訪れて日照や風通しなど実際に見なければわからない項目を調査したうえで査定額を計算する方法のことです。
訪問査定を選択すると、不動産会社と訪問査定の日程を合わせる手間がかかりますがその分、机上査定よりも正確な査定額を知ることができます。訪問査定は不動産の正確な売却価格が知りたい方におすすめです。

何度も繰り返しますが、机上査定と訪問査定では査定額の正確性が天と地の差ほど違います</ので、売却を検討しているのであれば訪問査定を依頼することをお勧めします。

机上査定を依頼するか、訪問査定を依頼するかはイエウールで査定を依頼する段階で選択することが可能です。

イエウール 机上査定選択画面
イエウールの査定入力フォーム。「査定スタート」を押した後、写真のように訪問査定か机上査定かを選ぶ画面が表示されます。

【特徴2】不動産会社数が多く、不動産が高く売れる

イエウールは、全国の大手不動産会社から地域密着企業まで約1600の不動産会社と提携しています。この数は、不動産一括査定サイトの中でも多いほうで、2018年には提携している不動産会社数がNO.1となりました。(東京商工リサーチの調査より)

不動産一括査定 提携不動産会社数ランキング

提携している不動産会社数が多いとその分査定をしてくれる不動産会社の数が増え、信頼のおける・不動産を高く売ってくれる不動産会社に出会える可能性が高くなります。

不動産を高く売りたい、信頼のできる業者に査定を依頼したいに方はイエウールがとてもおすすめです。

イエウール運営会社株式会社Speee
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数1,000万人
提携会社数約1,600社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!

【特徴3】利用料が無料

イエウールの利用料は完全無料です。

イエウールを使うのに料金がかからないのは、イエウールの運営会社が不動産会社からお金をもらっているからです。

不動産一括査定サイトが無料なわけ

無料で、査定額を比較することができるサービスを使わないてはありません。

【特徴4】利用者数 圧倒的No.1 安心して査定が依頼できる

イエウールは利用者数が1,000万人と不動産一括査定サイトの中で最も利用者数の多いサイトです。

不動産一括査定サイト 利用者数ランキング

※参考:東京商工リサーチ

利用者が多いということは、長く愛される良いサイトだということです。問題のあるサイトにはこんなに人が集まってこないでしょう。

【特徴5】カンタンな入力でスピーディーに査定が依頼できる

イエウールは、チャット風の入力画面でカンタンに査定を依頼することができます。入力にかかる時間はなんとたったの60秒です。

自分で3~4社の不動産会社に査定を依頼することを想像してください。不動産会社を探すところから電話をするところまで最短でも60分(1社あたり15分)はかかるでしょう。

時間をかけずにサイトによって厳選された不動産会社に査定を依頼できるのはイエウールの大きな特徴です。

イエウール チャット風入力画面

【特徴5】全国の査定に対応していて地方の不動産も査定できる

イエウールは北は北海道、南は沖縄まで全国47都道府県の不動産の査定に対応しています。

査定対応エリア(市区町村数)も1,805市区町村と圧倒的No.1。不動産会社がいなそう…と感じる田舎でもイエウールを使えば安心して査定が依頼できます。

不動産一括査定 査定対応エリア数ランキング

※参考:東京商工リサーチ

イエウールの口コミ

イエウールの口コミ
イエウールが不動産会社数、利用者数、対応エリアなどで輝かしい実績を持っていることが分かりました。

でも実績と実際の評判は違うもの。イエウールを利用した人の口コミを見ていきましょう。

イエウールの良い口コミ

他のサイトに比べて連携している不動産会社が多くて驚きました。大手から地元の小さい不動産会社まであり、関心しました。

足元を見られて安く買い叩かれたくなかったので、複数の不動産会社から査定をしてもらえるイエウールを利用してみました。
査定を出してくれた6社の中から一番高い金額を付けてくれた不動産会社で契約をしたので、予想よりも高く売れて大変満足しています。

本当に使い勝手も良いから気に入りました。ネットへの入力項目も少なく、入力方法も至って簡単です。誰でもできるといっても過言ではありません。肝心の査定結果の方もスピーディーに対応してくれるから満足しました。
今までにも、同様のサービスを他のサイトで試したことがありますが、いずれもスピード感という意味では不満です。

イエウールの悪い口コミ

机上査定のみと記入してるのに毎日のように訪問査定をさせてくれと電話がかかってくる。
机上査定のみはほぼやらない、だったらなんで選べる項目作るの?
個人情報だけ抜かれる感じなので注意が必要

イエウールで査定依頼した後、不動産会社からの売却勧誘がしつこくて参ってしまいました。結局とある不動産会社に売却しましたが、何か急かされているようであまり気分が良くなかったです。

口コミからも、イエウールは不動産会社数が多く大手から地域密着企業まで複数の会社に査定をしてもらえること、結果不動産が高く売れたことがわかります。

一方、不動産会社が多く売却を急ぐあまり、査定を依頼した後に不動産会社からしつこい電話がかかってくるといったこともあるようです。

口コミからいえるのは、イエウールは不動産をうりたい、今後売ろうと思っている方が使うべきだということです。相場価格だけが知りたいという場合は、電話の少ない不動産一括査定サイトHOME’Sの利用をおすすめします。

HOME'S運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
関連記事

ホームズ(HOME`S)と聞くと、賃貸物件を探すときに使うサイト、新築・中古戸建て/マンションを購入するときに情報を得るサイトというイメージが強いのではないでしょうか。そんなイメージとは裏腹に、ホームズ(HOME`S)は不動産の売却[…]

HOME`S

イエウールを使うメリット・デメリット

イエウールを使うメリット・デメリット
イエウールを使うか使わないかを判断するためにイエウールを使うメリット・デメリットを見ていきましょう。

イエウールを使うメリット

イエウールを使うと複数の不動産会社の査定額を比較検討することができ、損をしないというメリットがあります。

複数の不動産会社の査定額を比較することができ損をしない

イエウールを使うと複数の不動産会社の査定額を比較することができるので、低い査定額を受け取って損をしたということが起こりません。

通常、不動産会社に査定を依頼すると高い査定額と低い査定額とで数百万円の差が生じます

不動産会社ごとの査定額比較

高い査定額が1発で出た場合は良いですが、低い査定額が出てしまったらどうでしょうか。その査定額を信じて不動産を売りに出し、結果数百万円損をしてしまいます

イエウールを使えば、複数社の査定額がわかるので損をすることなく、不動産の正確な売却価格がわかります。

イエウール運営会社株式会社Speee
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数1,000万人
提携会社数約1,600社
同時依頼社数6社

イエウールを使うデメリット

次に、イエウールを使うデメリットを見ていきましょう。

イエウールを使うデメリット

  • しつこい電話がかかってくることがある
  • キャンセルがしにくい

しつこい電話がかかってくることがある

イエウールは、提携している不動産会社数が多いゆえに、不動産会社同士での競争が激しく営業の電話が多くかかってきます

不動産会社にとって、査定とは媒介契約をこぎつけるための窓口です。そのため、こちら側に不動産を売る気がなくても、不動産会社は不動産を売る気があるのだという前提で話を進めてくるでしょう。

営業の電話を回避するために机上査定を使おうという主張している情報サイトもありますが、上の口コミにもあるように机上査定でも電話がかかってくる可能性があります。

どうしても電話がかかってきてほしくないという方は、査定を申し込む際、備考欄に「メールでの対応希望、不動産を売る気がまだない」とはっきり記載しておくとよいです。

キャンセルがしにくい

イエウールは査定を依頼してから査定申し込みの情報が不動産会社に渡るのも早いためイエウール上でのキャンセルがしにくいです。

査定を申し込んだ後にキャンセルをしたいと思ったら、運営会社にキャンセルを依頼するのではなく、不動産会社に直接査定依頼を取り消したい旨伝えなければいけません。(既に査定依頼の情報が不動産会社に伝わってしまっているため)

「運営会社が査定依頼者の代わりにキャンセルをしてくれないのか」と思うかもしれませんが、イエウールはサポート体制が整っておらず、お問合せフォームはありますが電話サポートが一切ありません

運営会社のサポート体制を重視するならば、大手NTTデータの運営する不動産一括査定サイトHOME4Uがおすすめです。

HOME4Uは電話でのサポートを実施しています。

HOME4U運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営開始時期2001年11月
対象エリア全国
累計利用者数700万人
提携会社数1,300社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!
関連記事

始めてHOME4Uの不動産一括査定サイトを使う方は「HOME4Uを使うとデメリットはあるのだろうか」「HOME4Uよりも優れたサイトはあるのだろうか」などと疑問に思うのではないでしょうか。不動産一括査定の公式ページには利用者の口コミ[…]

HOME4U

イエウールの使い方と査定までの流れ

イエウールの使い方と査定までの流れ
最後にイエウールの使い方と査定までの流れを見ていきましょう。

イエウールの使い方と査定までの流れ
具体的な流れ所要時間
STEP1案内に従って物件種別、住所など必要な情報を入力する60秒
STEP2依頼する不動産会社を選択する60秒
STEP3一括査定を依頼する1秒
STEP4査定結果を待つ査定後~3日
STEP5相場を調べる3分

STEP1  必要な情報を入力する

当サイトから「イエウール」を使うと、チャット風の画面が現れます。案内に従って物件種別、物件の住所、築年数、名義人などを記入します。
イエウール 物件種別入力画面
イエウール チャット風入力画面

必要な情報の入力後、「査定依頼スタート」不動産のボタンを押すと不動産の査定の種類が選べます
不動産の査定には、机上査定と訪問査定の2種類があり、机上査定は書類情報のみで査定額を算出する方法、訪問査定は不動産会社に実際に不動産を見てもらって査定額を計算してもらう方法です。

不動産会社と顔を合わせたくない方は机上査定、不動産を高く売りたい・正確な価格が知りたい方は訪問査定を選ぶとよいです。

関連記事

『土地査定を制する者は、土地売却を制す。』以前、この言葉を耳にしてドキッとしました。土地の売却は、正確な土地査定により適正な相場を掴むことができたら、思っていたより高値で土地を売却できるものです。土地を売却すべく正確な土地査[…]

初めての土地査定

STEP2 依頼する不動産会社を選択する

必要な情報を入力すると、あなたに合った不動産会社が最大6社まで提示されます。

その中から実際に査定を依頼したいと思った不動産会社にチェックをつけましょう。正確な査定額を知るためにも3~4社に査定を依頼するのがおすすめです。

イエウール 不動産会社選択画面

紹介された不動産会社が少なかったら?
不動産一括査定サイトを使った方の中には、「イエウールに参加している不動産会社が少ない地域だった」ということもあり得ます。
実際にイエウールを使ってみて、紹介された会社が3社未満だった場合は、他の不動産一括査定サイトを使うと良いかもしれません。
HOME'S運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社

STEP4 査定結果を待つ

不動産会社が選択できたら、一括査定の依頼が完了です。

一括査定を依頼してから結果が出るまで0~3日ほどかかります。

筆者が実際に一括査定サイトを使って査定を依頼したときは最も早い企業で査定依頼後から40分後、最も遅い企業で4日後に連絡が来ました。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

STEP5 相場を調べる

査定結果を待っている間、不動産の相場を自分でも調べておくとよいです。

不動産の査定を依頼すると、査定額が会社によって数百万円異なることがざらにあります。相場価格を調べておくことで、算出してもらった査定額の妥当性がわかり混乱することがありません。

相場を知る方法は以下の記事にまとめました。是非ご覧ください。

関連記事

夫の転勤や子供の進学、離婚などで住み替えを考えている場合、今所有している家をできるだけ高く売りたいことでしょう。多くの方が気になるのが、自分の家がいくらで売れるかです。家を高く売るためには、家の売却価格を知るだけでなく、家が高く[…]

家 売却 相場
関連記事

土地の売却をする時、最も気になるのは自分の土地がいくらで売れるかではないでしょうか。土地の価格は日常的に目にするものではないので、売却価格がどのようにして決まるのかよく分からず不安な方が多いと思います。土地の売却価格は周辺の[…]

管理の必要なく、自分が好きな場所に住める

まとめ

イエウールを使うと、不動産がいくらで売れるか正確な価格がわかる、不動産が高く売れますが、不動産会社から電話がかかってくるといったデメリットもあります。

ただ、電話は一度断ってしまえば何度もしつこくかかってこないもの。どうしてもいやな場合は最悪非通知設定にしてしまえばいいのです。そのように割り切ってしまえばイエウールが怖いという感情は和らぐのではないでしょうか。

不動産、特に家の価格は築年数が経つにつれ大幅に下落します。資産価値が落ちる前に一度査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

イエウール運営会社株式会社Speee
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数1,000万人
提携会社数約1,600社
同時依頼社数6社
一括査定の申し込み手順はこちら!

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定を使って査定したら家の価格に330万年の差

不動産一括査定サイトHOME4UHOME’SイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

不動産の査定を依頼する方法として不動産一括査定が近年はやっていますが、「不動産会社から電話がかかってくるのではないか」「価格面で損をすることはないのか」などと不安も多いのではないでしょうか。不安が生じるのは、不動産一括査定サイトの実[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定