家の解体費用の相場と見積もりの事例(木造・軽量鉄骨他)

解体費用

使いたくても使えない…田舎の空き家事情は深刻で、空き家対策特別措置法によって行政指導を受ける可能性が高まりました。
使い道がないからと古い家を放置していては、近所迷惑になるだけではなく、治安の面でも懸念が多く、管理責任はあくまでも所有者にあります。

これまでは、建物があると固定資産税が安くなる特例から、古い家でも解体できない(したくない)事情がありましたが、今後は特例が不適用になる空き家も増えていきます。

つまり完全な放置は許されず、最低限管理する必要が出てくるということで、
将来も使う予定がないなら、管理費が余計にかかってくることになります。

それでも解体にかかる費用がまた問題で、ある程度の相場はあっても家によって違ってきます。

解体というと壊すイメージしかないですが、実は捨てることにも費用がかかり、解体で生じたがれき等は、産業廃棄物として行政が定めた方法で処分しなくてはなりません。

1つ確かなことは、建築と違って解体は最終的な結果が更地ですから、安い業者だからと結果が悪いイメージを持つ必要がなく、価格での判断がしやすい分野です。
解体費用はどのようにして決まるのか、良く知ってから見積もりを比べてみましょう。

解体費用が個別に異なる理由

同じ地域、同じ構造、同じ大きさでも、解体費用が個別に異なるのはなぜでしょうか?
解体には、壊すためのコストと捨てるためのコストがあることを冒頭でも説明しましたが、それぞれにおいても解体条件の違いが費用の違いになっていきます。

壊すためのコストへの影響

  • 家の構造と大きさ
  • 接している道路の幅
  • 手作業の多さ
  • 浄化槽の有無
  • 家電の引き取り
  • 金属スクラップの買い取り
  • その他個別の状況(屋根、樹木、車庫等の付帯物)
  • 人員の数と日当

家の構造で違いが出るのはわかりやすく、頑丈な構造や建材を使っているほど、壊すために労力を必要とし、解体費用が高くなります。
大きさについては、大きいほど費用がかかるのは当然として、小さいほど坪単価は高くなり、これは家の大きさに関係しない決まった固定費の影響です。

接している道路の幅は、解体に最も大きな影響を与え、幅が狭いほど費用が増します。
道路が狭いと、効率良く壊すために必要な重機を入れることができず、廃棄物を運搬するトラックも入れないので、どちらも手作業が多くなるからです。

他にも、地中に埋まっている浄化槽、樹木を切るだけなのか根から抜き去るのか、リサイクル法に関係する家電がどれだけあるかという違いも影響します。
金属スクラップについては、解体業者に買い取ってもらうプラスになる要素で、業者によっては見積もりに含めないケースもあるので要注意です。

捨てるためのコストへの影響

  • 産業廃棄物処理業者(処理プラント)までの輸送費
  • 処理業者によって異なる処分費

産業廃棄物は、排出事業者(産業廃棄物を出した事業者)が自ら適切な処分をできない場合は、処分を委託しなくてはなりません。
解体業者が元請で工事すれば排出事業者にあたりますが、自社で処理施設を持っている業者は少なく、どうしても外部の処理業者に委託する必要がでてきます。

このとき、処理業者の場所が遠ければ、それだけ輸送費(ガソリン等)がかかり、処理業者によっても処分費が異なるため、解体費用が高くなります。
また、解体業者の事務所と現場の距離が遠ければ、加算される場合もあります。

解体費用の相場

解体費用は田舎の方が安くなる傾向があり、それは敷地や道路が広く、解体しやすい環境にある点と、人件費の地域格差が要因だと思われます。
ただし、あくまでも全体的な傾向であって、解体費用が個別に違う点は変わりません。

一応の目安として、構造別の坪単価は次のようになっています。

木造:2万円~3万円
鉄骨造:3万円~4万円
鉄筋コンクリート造:4万円~5万円

木造と鉄筋コンクリート造では、頑強さがまるで違いますし、廃棄物にも違いが出てくるので差が付きます。

平屋と2階建てを比べた場合、形状が箱型で床面積に差がなくても、平屋の方が坪単価は高くなり、それは1階に基礎があるからです。
2階の解体は1階と同じではなく、重機で崩していくだけなので、1階部分の費用+αになって、延床面積による坪単価は2階建ての方が安くなります。

解体費用の個別詳細

解体時の見積もり内訳に使われやすい費用を、個別に紹介しています。
解体業者の見積もりは千差万別で、工程別に廃棄物の1つまで1項目にしている場合もあれば、一式工事として明細もなく金額だけのこともあります。
当然ながら、記載以外の見積もり項目もありますので、参考までとしてください。

・解体工事(全体):20,000円~50,000円/坪
解体業者によっては、内訳を出さずに工事費を坪単価のみで見積もる場合があります。
内装・外装、人力・重機解体の区別なく、人件費や廃棄物処分費も含まれます。
・仮設工事:500円~1000円/㎡
防音・防塵を目的として、解体する前に建物の周囲を養生シートで覆いますが、足場等も含めてこのくらいの金額です。
隣家との間が十分にあれば、養生シートで覆うまでもなく安くなります。
・内装解体:5,000円~10,000円/坪
生活用の設備(台所、トイレ、風呂等)の撤去、ガラスや石膏ボードの撤去などで、基本的に手作業で行うため、重機解体よりも坪単価は高くなります。
廃棄物処理が別途計上されていれば、数千円程度まで安くなります。
・屋根解体:1,000円~2,000円/㎡
屋根瓦の撤去は手作業で行われ、広さによって費用が計上されます。
瓦の種類によっても異なり、廃棄物処理を含むと単価が高くなります。
・重機解体:3,000円~5,000円/坪
内装解体、屋根解体後に重機で一気に主要構造を壊していきますが、粉塵の飛散を防ぐため、同時に散水が行われます。
建物の規模によりますが、2,3日で重機による解体は終了します。
・基礎撤去:3,000円~5,000円/㎡
土間や基礎部分の撤去をしますが、建坪よりも面積が小さいので、個別に広さで計上されることが多いようです。
発生した廃棄物の処理が含まれるかどうかで、金額は上下します。
・人件費:15,000円前後/人
どんな解体現場でも、1人で何から何までというわけにはいかず、重機オペレーター、複数の作業員、必要なら交通整理員も配置されます。
人件費は人数×作業日数で計算できますが、最初は重機を使わないので、必ずしも日数に比例するとは限りません。
・廃棄物処理:5,000円~20,000円/㎥
解体で生じた木材、ガラス、その他がれきなどは、すべて処分する必要があります。
廃棄物処理の見積もりは業者によってまったく異なり、坪単価に組み入れる場合、材質ごとに分ける場合、運搬費と処理費を分ける場合、トラック1台毎など様々です。
1㎥あたりの単価は、廃棄物の種類でバラつきがありますが、解体では分別せずに混合廃棄物として扱うことも多く、その場合は15,000円以上でしょう。
・樹木撤去:10,000円~50,000円/本
幹の太さによって小・中・大に分けられ、異なる単価で撤去されます。
伐採までの処理と抜根までする処理では、1.5倍~2倍の開きがあります。
・ブロック塀:2,000円/㎡
家の周囲にあるブロック塀は、面積で撤去費用が計上されます。
壊されたブロックは、当然廃棄物として処分されますが、処分費が含まれるかどうかは、解体業者によって異なります。
・その他の付帯物:1個に付き20,000円程度から個別の金額
門、車庫、物置等の付帯物があれば、個別に計上されます。
構造や大きさに依存するので、一概にどのくらいという基準はありません。
・重機運搬費:40,000円程度
重機は解体初日から必要ではなく、仮設工事や内装解体が終わってから使います。
外装の解体が一部でも終わると、壊した家屋の敷地内に重機を置けるため、運搬は毎日行われず往復1回が普通です。
・諸費用:合計50,000円程度
建築リサイクル法による届出(床面積80㎡以上)、必要なら道路使用許可、解体後の整地等の名目で発生する、解体工事以外の費用です。
解体業者によっては、工事以外のすべてを諸費用で計上してくる場合があります。

解体費用の見積もり事例

・木造平屋50坪

内訳 単価 数量 金額
仮設工事 500円/㎡ 90 45,000円
重機運搬費 30,000円/台 1 30,000円
内装解体 5,000円/坪 50 250,000円
屋根解体 3,000円/坪 50 150,000円
重機解体 3,000円/坪 50 150,000円
基礎撤去 5,000円/㎡ 40 200,000円
廃棄物処理費 50,000円/台 5 250,000円
樹木・小 10,000円/本 2 20,000円
作業費 15,000円/日 3人×5日 225,000円
諸経費 10,000円/式 1 10,000円
1,330,000円
坪単価 26,600円

重機・4tトラックが使用できる環境であり、作業日数が少なかったため人件費が抑えられて、平屋にしては安い坪単価になりました。

・軽量鉄骨造2階建40坪

内訳 単価 数量 金額
仮設工事 1,000円/㎡ 150 150,000円
解体工事・人力 20,000円/坪 40 800,000円
解体工事・重機 10,000円/坪 40 400,000円
廃棄物処分費 10,000円/坪 40 400,000円
諸経費 100,000円/式 1 100,000円
1,850,000円
坪単価 46,250円

業者によっては、こういった簡易な見積もりで済ませることも多くあります。
人件費は解体工事費に含まれ、諸経費の内訳も不明、坪単価も比較的高い方です。

・鉄筋コンクリート造2階建60坪

内訳 単価 数量 金額
仮設工事 700円/㎡ 300 210,000円
重機使用料 10,000円/日 7 70,000円
散水機使用料 50,000円/式 1 50,000円
解体工事・上部 12,000円/坪 60 720,000円
解体工事・基礎 8,000円/坪 40 320,000円
内装材撤去 5,000円/坪 60 300,000円
廃棄物処分費 10,000円/坪 60 600,000円
車庫 30,000円/式 1 30,000円
芝生 10,000円/㎡ 15 150,000円
樹木 100,000円/式 1 100,000円
門・塀 300,000円/式 1 300,000円
官公庁届出 10,000円/式 1 10,000円
ガードマン 10,000円/日 7 70,000円
仮設トイレ 20,000円/台 2 40,000円
諸経費 200,000円/式 1 200,000円
3,170,000円
坪単価 52,833円

内訳に不明な点は多いですが、細かく計上されている方で、まだ良心的な部類です。
また、ガードマン、仮設トイレなどの関連費があり、全体の坪単価を引き上げています。

このように業者ごとや案件によって上下幅があり、最初に述べた通り、安ければ悪いとも言い切れないのが解体です。
目安は構造毎の坪単価で出すことができますが、より詳しく知りたい場合は、見積もりを取るのがよいでしょう。

解体工事の総合情報サイト 解体工事の匠

まとめ

解体費用は目的が撤去で、更地を得るための費用としては高いと思うでしょう。
構造だけではなく立地にも大きく左右され、重機が使えないと高くなってしまいます。

しかも、業者で見積もりの方法が異なり、根拠のない明細を出して利益を上げる業者も数多く存在するため、いわゆるどんぶり勘定になっているのが実態です。
可能なら、細かく明細を出してくれる業者の方が安心できるので、必ず相見積もりを取って、どのくらいまで安くできるか検討が必要です。

解体費用一括見積り
解体工事のトータルサポートサービス

ひとことで「解体」と言っても、取り壊しと廃品処理の工程があり、さらにそれも細かく分かれるため、見積もりの出し方は業者によって違います。
その反面、建てるのとは違って更地にしたときの状態は大きく変わるものではないため、工期の差は除き、工程の違いによる費用の差は抑える方が賢いとも言えます。

そういった比較見積もりや値段交渉、手続きの代行までトータルでサポートする無料サービスもあり、費用を抑えたいなら利用価値はあるでしょう。

不動産会社8社に査定を依頼したら
不動産会社8社に査定を依頼したら330万円の差があった

今後の目安のため、一括査定サイトを使って実家の査定を依頼したところ、安い会社と高い会社の差が330万円ありました。
簡易査定なら情報を入力するだけで、その日の内に連絡が来る会社も多く、売却相場がすぐに分かります。

主な不動産会社

「でも、わずらわしい営業電話はこないのか?」
「どのような感じで連絡がくるのか?」
そんな疑問に身をもって体験した結果はこちら。