ハウスドゥの評判は?|不動産売却を成功させるために必要なこと

ハウスドゥという会社をご存じでしょうか?業界の中でも異色の形態をしている会社で、業績も特徴を活かして伸ばしています。ハウスドゥについて詳しく知っておき、いろいろな利用方法を考えてみると良いです。

不動産の活用や利用は、業者選びが大きなウエイトを占めることが多いです。あなたの大事な財産である不動産を、有効に活用するために、このような会社を利用してみてはいかがでしょうか。大きな特徴を見ておき、しっかり押さえてあなたのケースに当てはめてみてください。

1. ハウスドゥの会社概要

ハウスドゥの会社概要について簡単にまとめていますので、まずは押さえておきましょう。

1.1 ハウスドゥの沿革

1991年4月に、京都府で不動産仲介会社から始まり、リフォーム事業や中古住宅再生販売事業など、古い住宅を活用するような業務を主に行って、業績を伸ばしています。同時に不動産売買も行っており、幅広くさまざまなニーズに即して対応するような業務を行っています。

2006年2月からは、フランチャイズ事業をスタートさせ、2018年11月時点で、全国各地に565店舗を展開するまでに広がりました。その不動産の活用方法のノウハウを、土地に合う形で活かしています。2016年12月には、東証1部上場企業になっており、名実ともに日本を代表する不動産のフランチャイズ事業を展開している会社です。

1.2 多彩な事業内容で利用者のニーズに対応する

ハウスドゥの事業内容は多岐に渡りますが、以下のような事業を展開しています。

  • フランチャイズ事業
  • ハウス・リースバック事業
  • 不動産金融事業
  • 不動産売買事業
  • 不動産流通事業
  • リフォーム事業
  • 建物管理事業

幅広く自社で展開することで、さまざまなニーズに対応でき、迅速に顧客をサポートすることができることがメリットです。多彩な事業の中においても、とくに中古の案件や売りにくい案件に対しては、かなり強い能力を持っています。自社でリフォームなども展開していることで、古い家の活用をしやすくしていることが大きな強みです。

1.3 他のフランチャイズにはないサービスを展開

不動産会社のフランチャイズには、ミニミニ、ピタットハウス、アパマンショップなど、賃貸仲介をメインにしている会社が多い中で、ハウスドゥは後発ながら不動産売買を中心に力を入れており、他社との差別化を図っています。

賃貸仲介は、比較的新しい家をターゲットにしており、リフォームなどは、貸し主がみずから行わなければなりません。しかしハウスドゥは主に、中古の物件を扱うノウハウを自社で持っており、買取から活用法まで幅広く提供することで、顧客の満足度を上げて利用者を増やしています。

2. ハウスドゥの特徴

ハウスドゥの特徴を知っておき、より詳しく理解度を深めておきましょう。

2.1 買取を実施している

ハウスドゥは、自社で直接不動産買取を行ってくれることで、確実に早い不動産の売却が行えます。仲介の業者が多い中で、ハウスドゥでは買取を行っています。買取は不動産会社が買い主になり、直接取り引きをすることです。価格面はやや安くなる傾向にありますが、確実に買い取ってもらえて、どのような中古物件でも取り扱ってくれることが魅力。また、仲介をしない取り引きのため、仲介手数料が発生することもありません。

このように買取を行うことは、自社に体力と中古物件を活用できるノウハウがなければ実施できません。したがって、買取を行える会社というのは、自然に限られてきます。そこにハウスドゥは注目して、確実に業績を伸ばしています。

不動産を売却する方法には、不動産会社に仲介をしてもらう方法と買取をしてもらう方法の2つがあります。 初めて不動産を売るとなると、ど...

2.2 人工知能AIが自動で査定してくれる

ハウスドゥの特徴として、人工知能AIが自動で査定をしてくれることが挙げられます。人工知能のメリットは、スピードと公正性が魅力で、手早くその不動産の価値や活用方法を見出し、顧客に理想的なサービスの選択を示すことが可能です。

ただし、人工知能だけではなく、その後の窓口担当者との面談で、顧客のニーズや希望に沿う形で、いろいろな提案も行っています。優れた人工知能を用いていることで、手早く方向性を確立できる点は、不動産取引のスピードを早めることにつながっています。

2.3 住みながら売却するリースバックを実施している

ハウスドゥでは、住みながら売却を行えるハウス・リースバックを実施しています。いくつかの種類があり、それぞれに用途が異なり、顧客に合わせていろいろな提案が可能です。

  • クイックリースバック:短い期間で資金になる方法
  • シニア住替えリースバック:住替えを考えて資金に困っている人に
  • リフォームリースバック:リフォームを行って費用は売却分に含まれる方法
  • 短期リースバック:とりあえずリースパックを試したい人に
  • 新築リースバック:今の家を建て替えて売却益で住み続けることが可能
  • 資産活用リースバック:住みながら資金になる方法

リースバックについては、住めなくなったときにはハウスドゥの持ち物になりますが、今の家が古くなって、ローンを組むことにためらいを持っている人には最適です。資産にはなりませんが、今の生活を維持しつつ、資金を得られる一つの選択肢として考えてみましょう。

ハウスドゥ・ハウスリースバック

2.4 底地・借地権の買取を行っている

ハウスドゥでは、底地や借地権の買取も行っており、難しいこれらの相続対策をすることができます。底地とは、土地の所有者(地主)が他社に貸し出して、土地代を得ているケースです。借地権とは、他社の土地に自分の家を建てる権利のことです。

共に問題なことは、土地の名義と建物の名義人が違うことです。当事者同士の合意ができていれば問題ないですが、相続などによって名義人が変わったときに、問題になることがあります。ハウスドゥでは、こういった問題を解決するために、これらの権利を買い取って、現金化することで明確にします。

3. ハウスドゥの評判や評価は?

さまざまな特徴があるハウスドゥですが、世間での評判や評価はどのようなものなのか、確認していきましょう。

3.1 ハウスドゥでの売却の評価

ハウスドゥの不動産売却における評価は、離婚などで揉めそうな問題を、素早くテキパキと処理してくれると評価が高いです。また、営業の対応が迅速だという声も聞かれます。さらに、他社との比較を持ち込んだところ、それに合わせてくれたなどの声が聞かれています。

全体的に、顧客の希望や気持ちに寄り添った対応が高く評価されています。不動産の売却と言うと、マイナスなイメージが多い中、しっかりと親身になってくれる相手がいることは大きな救いです。

また、対応の迅速さにも高評価がついており、すぐに資金が欲しいと言う人を中心に、高く評価されています。査定額はやや低めに見積もられることが多いようなので、一括査定サイトなどを上手に活用して、他社の評価を一緒に持っていくと良いでしょう。

3.2 ハウス・リースバックでの評価

ハウス・リースバックでの評価は、老後生活と相続問題の解決などを中心に、高く評価されています。老後破綻が多い中、一つの手段として自宅を売却することがあります。そのようなときにハウス・リースバックでは、今の生活を維持したまま、資金だけを得られることができるため、メリットが大きいです。

また、相続問題にしたくない親を中心に、不動産の価値をなくしてしまう方法は、大きなメリットとして映ります。とくに財産分与問題で揉めた経験をしている家を中心に、人気が高いです。自分の起業の資金調達としても活用され、資本を得て新しく業務成績を伸ばしたなど、評価されています。このように、いろいろな悩みを解消できる方法として、シニア層を中心に注目を集めています。

3.3 ハウスドゥの従業員の声からの評価

従業員からの声としては、良い評価も悪い評価もあります。まずは良い評価から取り上げてみます。

良い評価は、年間の給料に関して面談があり、成績に応じて評価をしてくれる点です。また、会社全体で業務を短縮し、しっかり休みを取ろうと言う風潮があります。研修の評価も高く、しっかりとサポートしてくれる面は、新人社員を中心に人気があるようです。

一方で悪い評価は、残業をしなければならないだとか、福利厚生面を充実してほしいなどの声があります。また研修制度については、良い声も悪い声も聞こえてきます。ただし、研修制度は充実しており、従業員教育に力を入れている会社であることはわかります。

4. ハウスドゥの利用がおすすめな人

いろいろな評価・評判を踏まえたうえで、ハウスドゥの利用がおすすめの人を知っておきましょう。

4.1 スピーディな売却がしたい人

ハウスドゥでは直接買い取りをしているので、どのような不動産でもスピーディーに買い取ってもらえます。とくに、すぐに資金が欲しい人におすすめで、多少割安感はありますが、確実にお金に代わる点は大きなメリットです。

不動産の売却の仲介を依頼すると、基本は3カ月以内に売れるように努力してくれますが、立地の悪い不動産だと、1年も2年も売れないことがあります。その間の維持費管理費だけでも、大きな金額がかかり、デメリットばかりが目立ちます。

また、固定資産税も一定の額を支払わないといけないため、売りたい不動産なのにすぐ売れないことはマイナスポイントです。ハウスドゥは、買い取り制度も実施していることによって、その不動産に最適な方法を提案することができます。

4.2 リフォームしてから売却したい人

家をリフォームすると、リフォーム金額をプラスして売れるかと言うと、大抵はそうでもありません。理由は、周囲の同じような立地の家と金額を比較されて、値下げ交渉をされてしまうためです。したがって、リフォームをしないで売ってしまったほうが、良いケースもあります。

しかし、ハウスドゥはリフォーム事業も手掛けているので、自社でリフォームを行い、その金額を上乗せして販売することを可能にしています。少しでも高い金額で売りたい人には、おすすめの会社です。

4.3 リースバックや底地の売却をしたい人

他社では行っていないサービスである、ハウスドゥのハウス・リースバックや底地の買取制度に注目する人も多いようです。ハウス・リースバックは、シニア層を中心に、ローンを組めずに生活が困窮している人に対しては、最適な制度です。底地買取は、借りている人とのトラブルに悩まされている人におすすめです。

両方とも、会社に一定の信頼と金銭的な体力がなければ、実施できないサービスです。ハウスドゥは、その信頼に足る実績を残していますし、全国のネットワークも広いです。資金面の体力もあるので、安心して会社に不動産を預けることができます。

5. ハウスドゥを利用した不動産売却を考える際には

ハウスドゥを利用した不動産売却を考える際には、2つの方法が存在します。

5.1 不動産一括査定サイトの利用がおすすめ

まずは、不動産一括査定サイトを利用して、相場を知り、そこからハウスドゥに依頼することが考えられます。メリットは、査定額がハウスドゥのほうが低い場合には、相談すると金額を上げて買取してくれるケースがあります。

事前に不動産一括査定のメリット・デメリットを理解しておくとよいでしょう。

不動産の査定には、不動産会社に直接依頼する方法と、一括査定サイトを利用する方法があります。特にここ数年は一括査定サイトが増えており、現在確認している35サイトとオススメの5社、その特徴についてまとめました。

5.2 直接ハウスドゥに査定の依頼をする

ハウスドゥでは、インターネットや電話で申し込みをすると、全国に565店舗あるネットワークから、一番近い代理店が迅速にサポートしてくれます。ハウスドゥの強みである、確実に買取を実現してくれるメリットを活かし、不動産を確実に資金に変えましょう。

もちろん、仲介の依頼でも可能で、その場合にも希望に沿う形で対応してくれます。もし買い手がなかったときには、ハウスドゥが買い取ってくれるので、安心して不動産売却を行うことができます。

6. 不動産売却を成功させるには

不動産売却を成功させるためには2つのコツがあり、それぞれ実践することが大切です。

6.1 信頼できる不動産会社を選ぶ

1つ目は、信頼できる不動産会社を選ぶことで、大きな金額の取り引きになるため、知名度の高い会社が多い査定サイトを利用したいです。確実な取り引き実績の多い会社を選択することで、失敗のない不動産売却を行えます。

不動産大手6社が運営している「すまいValue」なら、安心して大手の不動産会社と、確実に取り引きが行えます。信頼できる大手6社だけが参入している、一括査定サイトはここだけなので、不動産を安心して預けたい人を中心に人気です。

すまいValueの無料一括査定

6.2 複数の不動産会社に査定依頼をする

もう1つは、複数の不動産会社に査定依頼をして、比較検討をしてもらうことです。一括査定サイトを用いて複数の査定額をメモし、それを取り引きする会社に持ち込めば、より高い金額で取り引きをしてくれる可能性が高くなります。

7. ハウスドゥの評判を参考にして利用の検討をしよう

ハウスドゥは、業界でも画期的な「ハウス・リースバック」などのシステムを活用し、業績を伸ばしています。親身になって相談してくれる窓口や、顧客の希望を叶えるように動く、営業姿勢に対する教育も行き届いており、顧客の満足度の高さも証明されています。

ハウスドゥでは買取も実践しており、確実に不動産を売りたい人や、早く資金を貯めたい人などに人気です。ただし、普通に申し込むと割安で取り引きされるので、不動産一括査定サイトなどを用いて、相場を知っておき、他社の査定額を持ち込むようにすると良いでしょう。評判を参考にしながら、ハウスドゥを上手に活用し、不動産売却を成功させましょう。