オウチーノの特徴や利用の仕方

サービス開始は2008年5月、提携会社数は500社と、それほど古くからあるわけでもなく、大規模に提携事業を広げているサイトでもないのですが、同種のサービスが多い中で生き残ってきたのは、やはり一定の支持を受けているからでしょう。

【主な提携会社】

  • 三井のリハウス
  • 住友不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • 東急リバブル
  • オークラヤ住宅
  • 日本住宅流通
  • 野村の仲介+
  • スターツピタットハウス

オウチーノ公式サイトへ

特徴

画面構成は至ってシンプルで、物件の所在地や種別を入力する4つのドロップダウンが用意されているだけです。
ごちゃごちゃと色々な情報があるよりも、逆に使いやすいのではないでしょうか?

ただ、オウチーノには不動産売却ガイドがあり、これは読んで置いて損はありません。
基礎情報、ノウハウ、費用に分かれていますが、売却査定をして土地や家を売ろうと思っているのなら、ひと通り目を通しておきましょう。

運営会社

会社名:株式会社オウチーノ
所在地:東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留

どんな会社?

創業は2003年、株式会社ホームアドバイザーとして始まりました。
不動産関連のサービスで順調に業績を伸ばし、創業から4年で大阪に支店を開設、その後も福岡・名古屋に拠点を開設しています。

2008年に開始したオウチーノは中古住宅の専門サイトで、他のサービスを吸収しながら、やがては社名の変更にも繋がるほどの主力事業になります。
創業から10年後の2013年、ついに東証マザーズへ上場を果たしました。

2015年には医師・病院検索サイトの提供、台湾企業との共同事業をスタートするなど、常に発展し続けてきた会社です。

サイトの使い方

オウチーノのサイトにアクセスし、画面上部(または下部)にある4つのドロップダウンから、都道府県、市区町村、町名、物件種別を選択して、すぐ右にある「無料査定スタート」を押します。

オウチーノトップ

次の画面は、物件種別によって変わるので表示される項目に従ってください。
例えば一戸建てなら建物面積、土地面積、築年数、間取りなどの入力を必要としますが、詳細がわからなければアバウトでも大丈夫です。

なお、物件種別が土地でも「現在この住所にお住まいですか?」は必ず選択しないと次に進めないようになっています。
すべて入力したら、画面下部の「次へ」を押します。

オウチーノ物件情報の入力

次の画面では、最初に物件の所有者・名義人を選択するのですが、物件名義を持っていない人に該当する選択肢を選択すると、先へ進めなくなるので注意しましょう。
売却検討時期、査定方法は希望する方を選択するだけです。

その他の任意項目は必要なら入力し、画面下部の「あと少しです」を押します。

オウチーノ要望の入力

続いて名前など個人情報を入力していきます。
電話番号とメールアドレスの両方が必須になっているので、携帯電話があれば連絡先を1つにできますが、固定電話では連絡先が分かれます。

オウチーノでは希望の連絡時間を選べるようになっており、これは日中に連絡を貰っても対応が難しい人にとって便利で嬉しい気配りです。
すべて入力して「次が最後です」を押します。

オウチーノお客様情報の入力

次の画面では、地域によって異なる不動産会社が表示されます。
すべて選択された状態で表示されるので、査定依頼したくない不動産会社がなければ、何も入力することもありません。

念のため、表示されている不動産会社のポイントを読んで選択すればよいでしょう。
最後に一番下に表示されている「無料査定を依頼」を押します。

オウチーノ不動産会社を選択

「査定依頼完了」という画面になったら依頼完了です。

関連記事

離れて暮らす両親にとって、既に子供が独立した後の二世帯住宅は大きく、父の定年を期に住み替えも頭にあったため、実験の意味も含めて一括査定サイトを利用してみました。 実は査定を受けたとき、徒歩1分のところに築年数もまったく同じ売り物件が出[…]

不動産一括査定 やってみた
HOME'S 運営会社株式会社LIFULL
運営開始時期2014年
対象エリア全国
累計利用者数612万人
提携会社数約1,700社
同時依頼社数6社
HOME`Sで査定依頼する

【カンタン入力・60秒で査定完了】

不動産一括査定サイトを使って実際に査定をしたら330万円の差があった

不動産一括査定サイトHOME’SHOME4UイエウールRe GuideすまいValue使って実際に実家を査定してみたら査定額に330万円の差がありました

不動産会社査定価格
大手不動産会社A対象地域外
準大手不動産会社B980万円売り出しの800万円目安
大手不動産会社C800~1,000万円
大手不動産会社D買取で750万円
大手不動産会社E1,048万円
準大手不動産会社F1,080万円
大手不動産会社G連絡なし

これだけ差が出ると、改めて複数の不動産会社に査定を依頼することの重要性を感じます

体験談について詳しく知りたい方は以下の記事をお読みください。

関連記事

離れて暮らす両親にとって、既に子供が独立した後の二世帯住宅は大きく、父の定年を期に住み替えも頭にあったため、実験の意味も含めて一括査定サイトを利用してみました。 実は査定を受けたとき、徒歩1分のところに築年数もまったく同じ売り物件が出[…]

不動産一括査定 やってみた

不動産一括査定サイト35サイトを比較した以下の記事を読むとおすすめの不動産一括査定サイトがわかります。

関連記事

「不動産を高く売りたいなら不動産一括査定サイトを使おう」という文言をよく見かけます。 不動産一括査定サイトは、以下のようにサイト上に査定したい不動産の情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスですので、不動産を高く[…]

不動産一括査定