リフォームの補助金や助成金制度(介護・エコリフォーム他)

リフォームの補助金
リフォーム市場は国が活性化を目標にしており、特に省エネ、耐震、介護においては補助金などの支援を行っています。
活性化への取り組みとしては税金の優遇もありますが、今回は補助金関係の助成制度を取り上げます。

1.省エネ住宅ポイント

国土交通省は、省エネ住宅やエコリフォーム(後述)を対象として、期限付きの省エネ住宅ポイント制度を行っています。
これまでも、いわゆるエコポイントとして、家電や住宅分野に導入されていた制度と同様に、1ポイント=1円相当の商品券や特産物等へ交換可能です。

省エネ住宅ポイント

もらえるポイントは、1戸あたり上限30万ポイントで、耐震改修が含まれると別枠で15万ポイント増え、合計45万ポイントが最大です。

エコリフォームとは

エコリフォームに該当する必須の工事内容には3つあり、次の改修工事です。

  1. 窓の断熱改修
  2. 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. 設備エコ改修

上記のいずれかを含む工事であれば、その他の工事としてバリアフリー改修、エコ住宅設備の設置、リフォーム瑕疵保険への加入、耐震改修でもポイントの対象です。

1.窓の断熱改修

ガラス交換(主に複層ガラス)、内窓設置(交換を含む)、外窓交換(増設を含む)が対象で、構造により規定の熱貫流率(熱の伝えにくさ)を満たす改修です。

2.外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

一定量以上の断熱材を使用し、外壁、屋根・天井、床のそれぞれがポイントの対象です。
断熱材の種類と改修部位によって、最低使用量が異なります。

3.設備エコ改修

エコ住宅設備を3種類以上設置する改修を、設備エコ改修と呼びます。
エコ住宅設備とは、太陽熱利用システム(太陽光発電システムではない点に注意)、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓のいずれかです。

エコリフォームでもらえるポイント

リフォームする箇所によってポイント数が異なり、大まかには次の範囲で決められます。

リフォームの箇所 ポイント数
窓設置・交換 1枚あたり8,000ポイント~20,000ポイント
ガラス交換 1枚あたり3,000ポイント~8,000ポイント
外壁 120,000ポイント(部分断熱では60,000ポイント)
屋根・天井 36,000ポイント(部分断熱では18,000ポイント)
60,000ポイント(部分断熱では30,000ポイント)
設備エコ改修 節湯水栓3,000ポイント、その他の設備24,000ポイント
※1種類に対してのポイントで1台に対してではない

詳しい内容や、その他の工事については、公式サイトで確認してください。

省エネ住宅ポイント|交換可能なポイント

省エネ住宅ポイントの受付期間

いつの時代のエコポイントもそうですが、省エネ住宅ポイントも時限的な制度で、受付期間に期限があります。
そして、受付期間は短いため、すぐにリフォーム計画を立てなければならないでしょう。

工事の流れ 対象期間
工事請負契約 平成26年12月27日~平成27年11月30日
工事着手 平成28年3月31日まで
工事完了 平成27年2月3日以降

受付期限は予算がなくなるまで

省エネ住宅ポイントは予算が限られており、905億円(事務費を含む)の予算内で申請状況に応じて受付が締め切られます。
平成27年7月末現在で、約307億ポイントのポイントが発行されており、制度の認知度が高まり締め切りが近くなるにつれて、駆け込み的に急増が予想されます。

また、遅くとも11月30日を締め切りとしていますが、これまでのポイント制度同様に、締め切り前に予算枠に達して、締め切りが前倒しされるのは確実視されています。

省エネ住宅ポイントの申請手続き

原則的には、工事完了後にポイントの発行申請を行う流れです。
(1,000万円以上の規模のリフォームは、工事完了前でも発行申請が認められています)

工事完了後にポイント発行申請する場合、必要な主な書類は次の通りです。

  • 工事請負契約書の写し
  • 対象工事内容等に応じた性能を証明する書類
  • 工事施工者が発行する工事証明書
  • 申請者の本人確認書類(代理申請時は代理人を含む)

提出書類は工事の詳細で変わるため、詳しくは公式サイトで確認してください。

省エネ住宅ポイント|申請方法・書類を確認する(戸別申請 ポイント発行申請)

省エネ住宅ポイントの交換

取得したポイントの交換対象は、「商品との交換」「団体への寄附」「追加工事費用への充当」のいずれかで使用できます。
ほとんどは商品との交換か、追加工事費用への充当で使われると思われるため、この2つをかんたんに説明しておきます。

商品との交換

特産品や特定の地域で使える商品券など、地域振興を目的とした商品、エコ商品(商品券含む)、全国で使える商品券(プリペイドカード含む)などが対象です。

追加工事費用への充当

省エネ住宅ポイントの対象になったリフォームの施工業者が、追加で行う工事やグレードアップのための工事をする際に、工事費用としてポイントを使用できます。
注意1:ポイントを取得したリフォームそのものの費用としては使えません。
注意2:平成28年2月15日までに工事完了報告が必要です。

申請方法は郵送または窓口

省エネ住宅ポイントの発行申請は、省エネ住宅ポイント事務局に必要書類を郵送するか、申請手続きを受け付ける店舗等に必要書類を持ち込んで行います。
該当する店舗等は、公式サイトから都道府県別に検索を行うことができます。

省エネ住宅ポイント|受付窓口に持参する

2.介護リフォーム補助金

要介護認定または要支援認定を受けている人が、現在居住している住宅においては、手すりの取り付けなど、必要なリフォームをするときに限り、介護保険から住宅改修費の補助金を受けることができます。

この補助金は介護保険制度なので、自己負担が1割または2割発生します。
したがって、補助金の限度額は20万円に固定されていますが、支給額の上限は、自己負担1割を引くと18万円(自己負担2割なら16万円)です。

対象になるリフォーム

要介護者・要支援者が暮らしやすくするために行われる、以下のリフォームが対象です。

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 床材変更
  • 扉交換
  • 便器交換
  • 上記に付帯するその他の工事

手すりの取り付け

移動の補助や、転倒を防止するための手すりとして、玄関、廊下、階段、浴室、トイレなど複数箇所への取り付けが考えられます。
手すりの形状に規定はなく、要介護者・要支援者の補助となることが前提です。
付帯工事があるとすれば、手すりを取り付けるために、壁の補強をする場合などです。

段差の解消

いわゆるバリアフリーなので、住宅のあらゆる箇所が対象になります。
段差にスロープを設置する、床そのものをかさ上げして段差をなくす、敷居を取り除くなどが考えられ、玄関から道路までの屋外においても補助金の対象になります。
例えば浴室の段差解消による、新たな排水口の設置は付帯工事に該当します。

床材変更

主に考えられるのは、浴室等の滑り防止ですが、移動のための床材変更もあります。
例えば、畳の部屋は柔らかいので、車椅子には非常に使いづらく、移動に苦労することから、フローリングや樹脂系の床材に変更などです。
床材の変更では、床下地の補強等が付帯工事になるでしょう。

扉交換

開き戸を引き戸、折り戸等に変更すると、車椅子でも自分で移動ができるようになります。
また、既に引き戸等であっても、ドアノブを工夫して使いやすくしたり、戸車を変更して開閉を軽くしたりする改修も含まれます。
付帯工事で考えられるとしたら、例えば間口を広くするために壁を切り取るなどです。

便器交換

基本的には、和式から洋式への変更が該当するのですが、洋式でも要介護者・要支援者が使いにくく、改善するため必要なら認められます(要件が厳しくなります)。
ただし、水洗化については、介護リフォーム補助金の対象とは認められません。
付帯工事として、サイズや位置の変更による給排水工事などが想定されます。

介護リフォーム補助金申請の流れ

以下の順で進み、工事前の承認申請と工事後の支給が原則です。

事前相談

工事前承認申請

承認通知

工事着手

工事後支給申請

補助金支給

支給方法として、工事費を全額自己負担して、後から支給を受ける償還払い方式と、1割または2割を自己負担して、残りは自治体が支払う受領委任払い方式があります。

ここでは、償還払い方式を説明しますが、受領委任払い方式であっても、支給方法以外では、施工業者と事前合意が必要な点と、申請書が異なる点を除き大きく変わりません。
詳しくは、各自治体のホームページ等で確認してみてください。

事前相談

ケアマネージャーに介護リフォームを相談しますが、多くの自治体で必須です。
その理由は、申請書類の「住宅改修が必要な理由書」をケアマネージャーが作成することで、客観的に介護リフォームの必要性を判断できるようにするためです。

工事前承認申請

申請書に加え、工事見積書、改修前の写真、住宅改修が必要な理由書(ケアマネージャーが作成)、介護保険被保険者証等の写しなどを提出します。
申請をしても、承認通知が自治体から届かなければ、工事に着手してはいけません。

承認通知~工事着手

自治体で申請書と添付書類の審査をして、承認されれば申請者に承認の通知が届きます。
承認通知が届くまでの期間は、自治体によって異なりますが、概ね2週間程度です。
承認通知によって、介護リフォームの工事に着手できます。

工事後支給申請~補助金支給

工事が完了したら、自治体に完了報告と補助金の支給申請をします。
必要書類としては、承認通知、自己負担した領収書、工事内訳書、改修後の写真、介護保険被保険者証等の写しなどです。
補助金の支給は口座振込ができるので、口座情報も用意しておきましょう。

介護リフォーム補助金を受ける際の注意点

介護保険は市区町村で運用しているため、各自治体で運用が異なる場合もあります。
限度額の20万円は共通していますが、すべてが同じ基準ではないと思ってください。

その上で、注意点として次のような点が挙げられます。

  • 要介護認定がないと補助金は受けられない
  • 新築住宅に同じ施工をしても補助金は受けられない
  • 介護保険被保険者証に記載の住所しか認められない
  • 限度額の範囲内で複数回受給できる
  • 転居するとリセットされる
  • 要介護区分が3段階以上上がるとリセットされる

上記(特に受給のリセット)については、運用次第なので必ず自治体に確認しましょう。

3.家庭用燃料電池導入補助金

省エネ促進の政策から、エネファーム(家庭用燃料電池)の導入に対しては、普及促進を目指して国と自治体の補助金制度があります。
政府目標は、2020年までに家庭用燃料電池140万台の普及です。

国の補助金は、燃料電池普及促進協会が窓口になっています。
年度ごとに制度は改定されているため、以降、平成26年度の補助金制度で説明します。

補助金の受付期間

平成27年2月20日~平成28年1月29日で、申請書が郵送であること、燃料電池普及促進協会に必着であることを踏まえると、実際には数日前が事実上の期限です。
申請書の内容に不備がある可能性まで考え、1ヶ月程度は余裕が欲しいところです。

また、設置工事の完了は平成28年2月29日、完了報告も同日まで(ただし工事完了から30日との早い日)です。
この点からも、工事期間から逆算した締め切りを考慮しないと間に合いません。

補助金の対象

新品のエネファームを導入することが要件で、型番も決まっています。

燃料電池普及促進協会|補助対象(指定機器)システム

エネファームには、固体高分子形燃料電池(PEFC)と固体酸化物形燃料電池(SOFC)という異なる燃料電池があり、補助金の上限額が異なるので注意しましょう。

補助金上限額

新築と既築の違い、PEFCとSOFCの違いで1台あたりの補助金は次の通りです。

新築 既築
PEFC 30万円
(前年度から-8万円)
35万円
(前年度から-3万円)
SOFC 35万円
(前年度から-8万円)
40万円
(前年度から-3万円)

エネファームの導入には、機器費と工事費に分かれますが、機器費と工事費の関係は次のように計算され、その上限額が上記の表です。

補助金額=(機器費-23万円)÷2+工事費÷2

補助金手続きの流れ

一般的な補助金の申請と大きく流れは変わらず、事前申請、補助金交付決定、工事着手、完了報告、補助金交付となります。
申請書類は様式が決まっており、FCAのサイトからダウンロードできます。
他に必要なのは、印鑑証明書とカラーの建物写真(新築なら不要)です。

燃料電池普及促進協会|手続の流れ

FCAでの審査を経て、補助金交付決定通知がされるのを待ち、通知後に着工して工事完了後にFCAへ完了報告します。
完了報告は書類が多いので、ここでの説明よりもFCAのサイトで確認するほうが確実です。

燃料電池普及促進協会|補助事業完了報告

家庭用燃料電池導入補助金の注意点

前述の通り、エネファームは新品で型番も指定されている点には注意が必要で、それ以外の注意点として、代金支払いによる、製品の所有権が申請者にあることです。
所有権が申請者にあるとは、代金がすべて支払われていることを意味します。

例えば、クレジットカードで支払うと、クレジットカード会社に完済するまで、所有権が申請者に移りません(所有権留保といいます)。
したがって、基本的に現金払いになってしまうのですが、所有権留保がない専用のクレジットで補助金申請に対応している会社もあります。

東京ガスリース|エネファーム専用クレジット

自治体に補助金制度がある場合も

国の補助金とは別枠で、都道府県や市区町村が補助金・助成金を出している取り組みがあり、重複して受けられる可能性が高いです。
ただし、国の補助金と重複受給が可能であるかは、自治体次第となります。

補助金額は5万円~20万円程度の範囲内が多く、独自審査をしている自治体、手続きを課便化するために国の補助金交付案件だけを補助する自治体など様々です。
いずれにしても、補助金は受けられるだけ受けたほうが良く、エネファームの普及が進むと廃止される制度なので、必ず自治体に確認してみましょう。

4.自治体ごとの補助金

都道府県や市区町村では、リフォーム等に対する補助金制度が多数あり、特定目的の制度や1つの制度が複数目的を網羅しているなど、独自の施策で一定ではありません。
少なくとも、リフォーム対象の住宅がある地域の補助金は知っておくとよいでしょう。

自治体の補助金制度は無数にあるため、ここでは主要都市(東京都は区)で行われている補助金制度を、目的別に分類して紹介します。
※一例であり、同様の制度が他の市区町村でもあるはずです。

介護・バリアフリーリフォームの補助金の例

都市 補助金上限額 備考(制度名等)
札幌市 50万円 住宅エコリフォーム補助制度
※浴室、納戸等収納以外
東京都足立区 3万円/箇所 住まいの改良助成
※介護保険制度との併用不可
大阪市 30万円 高齢者住宅改修費給付事業
※要介護認定、介護保険制度対象外の工事
※市民税課税世帯は対象外

介護・バリアフリーリフォームでは、介護保険制度での給付を受けられる都合上、介護保険制度の適用外を、補完する目的の補助金制度が多い傾向があります。

エコ・省エネリフォームの補助金の例

都市 補助金上限額 備考(制度名等)
東京都品川区 20万円 住宅改善工事助成事業
※エコ・省エネ以外にバリアフリー・耐震
横浜市 40万円 住まいのエコリノベーション推進事業補助制度※概ね10%以上の省エネ効果が要件
京都市 工事箇所次第 既存住宅省エネリフォーム支援事業
※補助金交付が終了している箇所もある

上記で取り上げているのは断熱等ですが、省エネリフォームには、太陽光発電や家庭用燃料電池といった、別電源の設置にも多くの自治体が補助金を出しています。

耐震リフォーム・防災対策の補助金の例

都市 補助金上限額 備考(制度名等)
仙台市 60万円 戸建木造住宅耐震改修工事
※2階建て以下
東京都江東区 150万円 木造住宅耐震診断・耐震補強助成事業
※耐震診断にも補助あり
大阪市 100万円 耐震診断・改修補助事業
※自己負担が増えると加算の仕組みあり

耐震リフォームでは、診断、施工の2つ、または設計を含めた3つに分けて補助金を交付する自治体が多く、それぞれで補助金を受けるのがお得です。
ただし、自治体によっては、それぞれの補助金が別枠になっているとは限りません。

景観に関する補助金の例

都市 補助金上限額 備考(制度名等)
石川県小松市 120万円 景観まちづくり事業
福井県大野市 400万円 都市景観形成建築物等整備事業
岐阜県高山市 200万円 市街地景観保存建造物修景事業
京都府宇治市 300万円 景観形成助成制度
大分県臼杵市 300万円 景観保全形成事業

景観に関する補助金では、歴史的・伝統的な価値がある景観を損なわないために、外観等のリフォームについて補助・助成をしています。
全国的なものではなく、景観重視なので保存目的や観光目的になるでしょう。

住宅・空き家リフォームに関する補助金の例

都市 補助金上限額 備考(制度名等)
新潟県長岡市 10万円 住宅リフォーム支援事業
石川県珠洲市 50万円 空き家改修費補助金
福井県福井市 30万円 空き家リフォーム支援事業
岐阜県恵那市 100万円 空き家改修補助金制度
岡山県岡山市 50万円 空き家適正管理促進モデル事業

国策として空き家対策が進められているので、自治体レベルでも空き家リフォームに対して補助金が用意されています。
都市部でも地方でも関係なく、空き家対策は緊急課題なので、どの地域も積極的です。

各都道府県の補助金の調べ方

全国各地の補助金を調べる方法としては、住宅リフォーム推進協議会が提供している、検索を使うと便利です。

住宅リフォーム推進協議会|住宅リフォーム支援制度検索

このサイトは、耐震、バリアフリー、省エネルギー、環境、防災、その他の分類で検索できる非常に便利なサイトですが、網羅されていない補助金が数多くあります。
むしろ、上記サイトに未掲載の補助金のほうが多いとも考えられるため、検索できなくても補助金がないと諦めるのは早計で、自力で検索して探してみましょう。

まとめ

補助金をできるだけ多く受けるには、補助金制度の情報収集が欠かせません。
リフォームはあまり細かく行うと、時間的にも経済的にも非効率になるため、ある程度はまとめて工事することになります。

したがって、適用される補助金も複数になると想定され、どの工事はどの補助金が受けられるのか、重複して受けるためにはどうすれば良いのか考えることが大切です。
国、都道府県、市区町村それぞれの補助金制度を調べ、重複して補助金を受けられるように、補助金の組み合わせを考えてみましょう。

また、原則的に補助金には予算枠があり、毎年度予算確保される補助金ならともかく、設備等の普及によって廃止されては手遅れです。
だからといって、急ぐあまりリフォーム計画がずさんにならないようにしたいものです。

リフォームの相談と一括見積もり
リフォームの相談と一括見積もり

リフォームは元請けと下請けの会社で成り立っているケースが多く、その手数料分で高くなっている場合は、工事や材料の質に還元されません。

よりよい内容を安く済ませるためには、工事内容を含めた比較が大切で、リフォームの希望を細かく伝えられるこちらのサイトが便利です。

関連記事

  • 屋根リフォーム6つのポイント屋根リフォーム6つのポイント
    通常屋根のリフォームでは、その形状まで変えることは行わないので、葺き替えを行うかどうかの判断と、その際の屋根材の選択がポイントになります。 必ずしもリフォームが必要では […]
  • リフォーム見積もりの依頼や比較時のポイントと注意点リフォーム見積もりの依頼や比較時のポイントと注意点
    リフォームの見積もりは、依頼前の準備がその後の良し悪しに大きく影響します。 ここでは依頼前から見積書を確認・比較するところまで、4つのステップ別に注意点やポイントを紹介 […]
  • 耐震リフォーム6つのポイント耐震リフォーム6つのポイント
    「地震はいつ起こるか分からない」というのは聞きなれたセリフですが、相続で手にしたような古い家の場合は、他人事にしたくないところです。 耐震リフォームのポイントは、まずそ […]