TAG

山林査定

山林の固定資産税はいくらかかるか。相続後は土地活用や売却も考える

相続で山林を所有することになった人は、「どのように扱えばよいのかわからない」「維持費が気になる」「売却できるのか」など、さまざまな悩みを持っています。山林は住む場所ではなくても土地を所有していることに変わりないため、固定資産税がいくらかかるのか、気になる人も多いことでしょう。 山林の固定資産税についての知識を深めることで、これから山林をどのように扱っていくのかを判断しやすくなります。また、固定資産 […]

資材・自然・土地の3つで考える山林活用の可能性

自然豊かな田舎だからこそ多い問題として、相続による山林の所有があります。 しかも、相続があって初めて親が山林を所有していたと知るパターンも多く、山林だけ相続放棄はできないことから、仕方なく相続するケースも多いようです。 親が山林を所有していた経緯は、先祖代々の土地、誰かに譲ってもらった、投資先としてなどの理由だとしても、現在の山林を取り巻く状況は決してよくありません。 立木は収入源であると同時に、 […]

山林の売買について。過去の事例から見る価格相場と税金

あまり知られていませんが、日本の山林(森林)においては、約58%が私有林です。 ということは、全国の山林の6割がいずれ相続され、子の代、孫の代と伝えられるにつれて、処分に困る人が出てくることを意味しています。 実際にも、田舎に二束三文の山林を持っていて、何をするわけでもなく放置しているケースは多く、特に親や祖先が何かのきっかけで購入した例が多いようです。 山林の地価は安いので、よほど広大でなければ […]