初心者必見!不動産売却時に使いたいサイトを徹底比較

不動産売却の第一歩は、正しい相場を把握するところから始まります。

この時便利だと言われるのが、簡単な情報入力でネット上からすぐ査定依頼ができる不動産一括査定サイトです。
自分の不動産に合うサイトを通して査定を受けると、メリットが大きくなります。

しかし「たくさんあるから選べない」「本当に使うべき?」と悩んでいる人もいるでしょう。

この記事では、

  • 不動産のサイトにはどのようなものがあるか?
  • 不動産一括査定サイトとはなんぞや?
  • 不動産一括査定サイトを比較するときのポイントは?
  • 不動産一括査定サイトのメリット・デメリットは?

にお答えします。

目的をもって不動産のサイトを比較できるようになれば、より良い売却に繋げられるでしょう。

1.不動産のサイトの種類


不動産のサイトは「不動産を探すためのサイト」と「査定依頼のためのサイト」の2つに分かれます。
目的に応じて使えるように、まずはサイトの種類を把握しましょう。

1.1 不動産会社が運営しているホームページ

不動産会社が運営し、不動産情報を掲載しているホームページです。

その会社が所有する最新情報に特化しており、賃貸物件の見学や売却物件についての問い合わせもすぐに対応してもらえるため、不動産を購入したい人にとってはメリットのあるホームページです。
しかし物件数が少なく、不動産売却を目的に相場を把握するためには活用しづらいと言えるでしょう。

1.2 さまざまな情報が得られる不動産ポータルサイト

不動産ポータルサイトとは、SUUMOやHOME’S、at homeのように、物件情報を広くまとめて利用者が検索しやすいように掲載しているサイトのことです。
特に上記3社は3大不動産ポータルサイトと呼ばれ、日本国内の広いエリアをカバーしています。
不動産会社から広告料をもらい物件情報を掲載しているため、「情報の重複」や「情報が古い」といったデメリットがあります。
しかし、不動産会社が運営するホームページや不動産ポータルサイトは、物件情報を調べるためのものです。査定依頼をしたいときは、一括査定サイトを活用することをおすすめします。

2.物件情報ではなく査定を依頼したい時は不動産一括査定サイトを活用


査定依頼をしたい場合は、不動産査定一括サイトの利用がおすすめです。

2.1 一括査定サイトとはどういうものか?

そもそも一括査定サイトとはどういうものなのでしょうか?

身近なところで言えば、車の査定で同じようなサービスがあり、リクルートが運営するカーセンサーが有名です。
厳密に言うと少し違う部分はあるのですが、一度に複数社の査定を受けられるという点では同じです。

一括査定の仕組み

普通複数の会社で査定を受けようと思ったら、図の左側のようにそれぞれの会社に連絡をしなければいけません。
一括査定サービスを利用することで、入口となる1つのサイトに情報を入力するだけで、複数社への依頼が一括で完了するのが、このサービスの最大の特徴です。

ただ、これだけでは当たり前の話ですが、このサイトはどこが運営しているのか?それを見ることで、サービスの特徴が見えてきます。

この後具体的なサイトも紹介しますが、いずれも不動産をメイン事業としていない会社によって運営されているのが大きな特徴です。
具体的には、Webマーケティングを得意とするベンチャー企業や、大手の別事業部が運営しているケースが多いようです。

もちろんそれ自体まったく問題のないことですが、不動産の仲介には「宅地建物取引業」の免許が必要です。
それを持っていないこれらの会社は、直接不動産を取り扱うことはできず、それができる会社を紹介することが役割となります。(専門知識を持つ社員がいる運営会社もあります)

また、それらの費用は不動産会社側が集客の対価として支払う仕組みとなっているため、利用者側は無料というのも、これらのサイトに共通する特徴です。

2.2 売却したい場合使いたいサイト全35を紹介

HOME4U

home4u

運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営履歴2001年11月~
公表社数約550社
運営歴はこの手のサイトの中で最も長い16年。知名度も高いNTTグループが運営し、大手から地域密着企業まで、厳しい審査を経た不動産会社のみ提携という信頼感があります。

ボタン

すまいValue

すまいValue

運営会社小田急不動産株式会社
住友不動産販売株式会社
東急リバブル株式会社
野村不動産アーバンネット株式会社
三井不動産リアルティ株式会社
三菱地所ハウスネット株式会社
運営履歴 2016年8月~
公表社数6社
不動産一括査定と言えど、全国すべての不動産会社の査定が受けられるわけではありません。
すまいValueは業界トップクラスの不動産会社6社が運営し、ここにしか参入していない会社も。大手での査定結果が欲しい場合は、他の一括査定サイトと合わせての利用もおススメです。

ボタン

HOME’S

ieul

運営会社株式会社LIFULL
運営履歴 2014年~
公表社数1,300社以上
CMでおなじみのHOME’Sが運営する一括査定サイトで、掲載数1,300以上は業界トップクラス。
不動産・住宅情報サービスの運営で培った情報を活かし、充実した不動産会社の情報を掲載している点も特徴です。

ボタン

Re Guide(旧:SBI不動産一括査定)

Re Guide

運営会社株式会社ウェイブダッシュ
運営履歴2007年1月~
公表社数約550社
言わずと知れたSBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社化し、いくつかのWEBサービスを展開しています。一括査定サイトの中でも長い、約10年の運営歴があります。

ボタン

イエイ

イエイ

運営会社セカイエ株式会社
運営履歴2008(前身は2006)年~
公表社数1,000社以上
その物件を得意とする不動産会社とマッチングする独自のシステムや、勧誘に対してのお断り代行サービスなど、健全な運営にこだわりを持っています。
「イエイ」としての運営は2008年からですが、前身は2006年からと、この手のパイオニア的なサイトです。

ボタン

それぞれ一戸建てやマンション、土地など、一般的な不動産を広く扱っています。物件情報ではなく不動産会社の情報も詳しく掲載しているため、依頼する会社探しにもうってつけです。

複数の不動産会社に対し、一括で不動産査定依頼ができるサイトのことです。売り手が不動産会社を効率よく見つけられるよう、次のような特徴があります。

  • 無料で利用可能:登録する不動産会社の広告費で運営されているから
  • 査定方法が選べる:データだけの机上査定と精度の高い訪問査定
  • 不動産会社の情報も分かる:比較に便利

またサイトごとに「都市部が得意」「マンション専門」「賃貸のための査定専門」といった特色を持っています。
仕組みはどのサイトも基本的に同じで、所在地や不動産の種類など、入力した情報に応じて対応できる不動産会社を自動でピックアップしてくれます。

補足:賃貸も検討している場合に使いたいサイト2つ

不動産を売るのではなく賃貸として人に貸したい場合は、賃貸向けの査定をしてくれる一括査定サイトを利用しましょう。

賃貸として貸す場合の査定は、たとえば「このマンションなら1ヵ月10万円で貸し出せます」というように家賃査定がメインです。
このように一口に査定サイトといっても、種類があります。売りたい不動産や貸したい不動産に合わせて査定サイトを選ぶには、ポイントを絞って比較することが大切です。

3.不動産査定サイトを比較する時のポイント


不動産査定サイト同士をチェックする際は「対応エリア」「提携会社数」「口コミ・評判」「運営会社」の4点に注目すると比較しやすくなります。

3.1 対象となるエリアを確認する

不動産査定サイトは全国規模で対応しているサイトもあれば、一部地域に特化している場合もあります。
不動産会社の数が多い都市近郊であれば対象エリアはそこまで気にしなくても問題ありませんが、特に地方の場合は対応する不動産会社が査定サイトにないケースもあります。
その場合は、早めに対応してくれる不動産会社を別の方法で探さなくてはなりません。
より対応エリアが広い他の一括査定サイトを利用して、不動産会社を探していきましょう。
一方で対応してくれる不動産会社が多ければ、中小不動産や大手不動産会社など、幅広い層の会社に依頼できます。
その分だけ、より高く売却してくれる優良な会社に巡り合う機会も増えるため、高く売りたい人にとっても有利です。

3.2 提携している不動産会社の特徴や数を確認する

信頼できる不動産会社が多く登録されたサイトほど、比較する会社同士の質が期待できます。
この見極めは提携会社の数が多いかどうかではなく、サイトに対する信頼度でチェックすると良いでしょう。
大手不動産会社と呼ばれる、経営基盤の厚い会社が登録しているかどうかがカギとなります。
【一般的に大手と呼ばれる不動産会社】
三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産グループなど
不動産会社のサービスの質以外にも、得意とする不動産に注目しましょう。
たとえばマンションを売りたい場合、マンション売却に慣れている不動産会社の方が手続きもスムーズで売却額も期待できます。
登録している会社の傾向からしてマンションに有利と分かる場合は、その一括査定サイトを利用したほうが会社同士の比較にも時間がかかりません。

3.3 口コミや評判を確認する

無料一括査定サイトは数が多いため、口コミや評判を確認することも判断材料の1つです。迷ったら、口コミ評価が高いサイトを選んでも良いでしょう。
しかし口コミや評判は、全てが正しい情報とは限りません。特に地方の不動産や山間の土地など、売却が難しそうな不動産は対象エリアや提携会社の質に注目して査定サイトをチェックしておいた方が安心です。

3.4 運営している不動産会社を確認する

不動産売却の仲介を依頼する会社は、大手が良いとは限りません。中小不動産会社の方が、高く売ってくれることもあります。
一方、一括査定サイトを運営している会社は大手の方がおすすめです。
大手が運営している査定サイトは、適切な個人情報管理や悪徳業者の回避、依頼後のサポートも充実しています。
不動産会社の情報も広く収集しているため、会社同士の比較にもおすすめです。

「対応エリア」「提携会社数」「口コミ・評判」「運営会社」の4点に着目することで、査定サイトごとの特徴が見えてきます。

4.一括査定サイトを利用するメリット


一括査定サイトのメリットは大きく分けて、時間と査定額という2つの面に分かれます。

4.1 手続きか簡単で手間が省ける

不動産売却を仲介してくれる会社を自力で探す時と、一括査定サイトを使う時では、手間が異なります。

自力で探す一括査定サイトを使う
・エリアにある不動産会社を探す
・不動産会社が仲介依頼に対応しているか調べる
・依頼したい不動産を扱っているか調べる
・情報がない不動産会社は自分で電話連絡などが必要
・決められた情報を入力
・査定ができる会社をサイトが自動的に複数ピックアップ
・すぐに査定依頼可能

また不動産一括査定サイトは、ネット上ですべての手続きが完了します。忙しいときでも、情報さえ入力しておけば後で呼び出して依頼できるサイトもあるため、忙しい人にもおすすめです。
特に早く物件を売る必要がある人は、一括査定サイトを利用して不動産会社をピックアップすることで、依頼先を探す手間が省けます。
もちろん査定依頼の段階では、まだ売却すると決まっていなくても問題ではありません

4.2 査定額を比較して相場がわかる

不動産売却において、特定の一社の査定額をそのまま信じることはあまりおすすめできません。
複数の不動産会社が出した査定額を比較してはじめて、査定額同士が高いのか低いのか判断できます。
たとえば複数の不動産会社が1,000万円前後を査定額として出せば、その価格帯が相場だと分かります。相場以外の価格で売りに出すことは、次のようなデメリットを抱えてしまいます。

  • 1,000万円以下で売りに出す:訳アリと思われる、売れても損をしてしまう
  • 1,000万円で売りに出す:相場の価格だから検討してくれる人も多い
  • 1,000万円以上で売りに出す:周囲より高いため買い手が避けやすい

売りたい人にとって「1日でも早く、1円でも高く売れる」というケースが理想ですが、現実的ではありません。相場を見極めて適切な価格で売りに出し、少しでも高く買ってくれる有益な買主を見つけた方がお得です。
HOME4Uの無料一括査定

5.一括査定サイトのデメリット


一括査定サイトを利用するときに、デメリットも知っておくと安心して利用できます。

5.1 全ての不動産会社が登録しているというわけではない

特定の不動産会社に依頼をしたい場合は、一括査定サイトを使うこと自体が時間のロスになってしまいます。なぜなら、一括査定サイトに全ての不動産会社が登録しているわけではないからです。
一括査定サイトの運営費は、登録している不動産会社からの広告料で賄われています。しかし言い換えれば、登録していない不動産会社の情報をのせても一括査定サイトにとっては利益になりません。
また不動産会社が決まっているのなら、そちらに査定依頼をして情報を見比べた方が、よりスピーディーです。

5.2 しつこい営業の連絡が来る可能性がある

必ずしも電話番号を登録するとは限りませんが、連絡先として記入を求められる場合があります。特に魅力的で高く売れそうな不動産の場合は、不動産会社から営業の連絡が来るかもしれません。
不動産会社は媒介契約を結んだ後、無事にその不動産が売れると、法律上決められた範囲内で仲介手数料がもらえます。仲介手数料は次の表のような計算で求められ、売却金額が高くなるほど高額です。

売却金額仲介手数料の上限
200万円以下売却金額×5%+消費税
200万円超400万円以下売却金額×4%+消費税
400万円超売却価格×3%+消費税

一括査定サイトを経由して依頼してきたと分かっている場合、他の会社にも査定依頼が向かっていると予想が付きます。自分の会社と契約してもらうために、頻繁に連絡を取ろうとする会社も中にはあるでしょう。
ただし山間の土地や古い一軒家など、あまり魅力的ではない物件はこうしたデメリットが起きる可能性は低いです。

6.不動産査定の依頼は一括査定サイトが便利


不動産査定の重要性を考えると、売却をスムーズに済ませるためには一度受けておくことをおすすめします。
優良な不動産会社と無料で出会えるため、特定の不動産会社とつながりがなければ、活用した方がお得です。

より活用するためには、自分の持つ不動産とその査定サイトと相性が良いか「エリア」や「登録会社の質・数」などポイントを比較しましょう。
納得して売却が進められるように、どんな会社があるか一括査定サイトをチェックしていくのもおすすめです。

査定してすぐに売却するよう求められるわけではないことからも、まずは査定依頼をして不動産売却について具体的な計画を立てていきましょう。

不動産会社8社に査定を依頼したら
不動産会社8社に査定を依頼したら330万円の差があった

今後の目安のため、一括査定サイトを使って実家の査定を依頼したところ、安い会社と高い会社の差が330万円ありました。
簡易査定なら情報を入力するだけで、その日の内に連絡が来る会社も多く、売却相場がすぐに分かります。

主な不動産会社
ただし、一括査定サイトもすべての不動産会社と提携しているわけではありません。 1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)または人口が多い地域の不動産の場合、大手企業6社が集まった「すまいValue」も合わせて検討するとよいでしょう。

すまいValueの無料一括査定

人口の多い地域の場合、おうちダイレクトの不動産会社なら、Yahoo!とおうちダイレクトのネットワークを活用し売却をサポートしてくれます。独自の販売活動ができるため、他にはないより高い査定額が期待できます。

おうちダイレクトの無料一括査定

「でも、わずらわしい営業電話はこないのか?」
「どのような感じで連絡がくるのか?」
そんな疑問に身をもって体験した結果はこちら。


「そもそも不動産一括査定サイトって何?」
「メリットあるの?」
「デメリットは?」という方はこちら。