家を無料査定する方法3選 私の家はいくら?

家を無料査定する方法3選
家の売却を考えたとき、まず気になることは「自分の家がいくらで売れるか」ではないでしょうか。

自分の家の価格を正確に知るには不動産会社に査定を依頼するのが一般的です。しかし、家を売却するかどうか迷っている方は、無料で査定したい、自宅で結果が見たいなどとという思いもあるでしょう。

この記事ではそのような方のために、家を無料で査定する方法、事前にやっておくべきこと、注意点を解説します。

1 家の査定は無料で受けられる

家の査定は無料で受けられる
大前提として、不動産会社に依頼するにしても、ネット上で査定をするにしても、家の査定は無料です。

通常、何かサービスを受けるにはお金がかかるものなのになぜ家の査定は無料なのでしょうか。

その理由は、不動産の査定はもともと不動産会社が売主から得る報酬額を明確にするために法律によって義務付けられた行為だからです。

不動産会社の報酬は、不動産を売却した金額の〇%という形で決まります。売却をする前に不動産がいくらで売れるのかがわからないと、不動産会社から取られる手数料がわからず売主としては信頼できません。そこで、媒介契約(不動産の仲介を依頼するときに結ぶ契約)を結ぶ前に、不動産会社が売主から得る報酬を明確にしようと始まったのが査定です。

不動産の査定は宅地建物取引業法という法律で不動産会社に義務付けられた行為なので、査定を受けたい人は無料で受けられます。

では、家の価格を知りたいときはどんな方法をとれば良いのでしょうか。次の章で見ていきましょう。

2 自分の家を無料で査定する3つの方法

自分の家を無料で査定できる4つの方法
第2章では自分の家の価格を無料で知りたいという方におすすめの3つのサービスをご紹介します。3つのサービスはそれぞれ特徴や長所が異なります。自分に合ったおすすめの方法で価格を調べてみましょう。

おすすめの無料査定サービス

  • 自宅で今すぐに査定結果を知りたいなら【AI査定 HowMa】
  • 不動産会社に詳しい査定をしてもらいたいなら【HOME4U】
  • 大手不動産会社に査定を依頼したいなら【すまいValue】

2.1 自宅で今すぐに査定結果を知りたいなら【AI査定 HowMa】

査定額の正確性は置いておいて、無料で今すぐに査定結果がしりたいという方にはAI査定HowMaがおすすめです。

AI査定とは、人工知能AIが最新の不動産の相場データをもとに査定価格を計算するツールです。スマホやPCから匿名でスピーディーに査定結果を得ることができる、不動産会社から営業を受ける心配がないという特徴があります。

ただし、AI査定にはデメリットもあります。それは、正確な査定額を出すことができないという点です。AI査定はあくまでも調べたい家の周辺相場をもとに査定額を計算しているので、実際に家が売れそうな価格とは異なります。中には不動産会社に査定してもらった金額と1000万円以上の差があったこともあります。

2.2 不動産会社に詳しい査定をしてもらいたいなら【HOME4U】

家の売却を考えていて、正確な家の価格を知りたいという方には、NTTデータが運営する不動産一括査定サイトHOME4Uがおすすめです。

HOME4Uを使うと無料で不動産会社に訪問査定か簡易査定のいずれかを依頼することができます。

訪問査定とは、不動産会社が実際に物件を見て査定額を出す査定方法で、簡易査定とは、メールや電話などで不動産会社に物件の情報を伝え、その情報のみで査定をする方法のことです。訪問査定の方がより正確な査定額を得ることができます。

HOME4Uは、大手不動産会社から地元密着企業まで幅広い不動産会社と提携しており、運営歴18年という安心感があります。

HOME4U

home4u

運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング
運営履歴2001年11月~
公式サイトhttps://www.home4u.jp/
公表社数約1,300社
運営歴は一括査定系サイトの中で最も長い18年。知名度も高いNTTグループが運営し、大手から地域密着企業まで、厳しい審査を経た不動産会社のみ提携という信頼感があります。

ボタン

2.3 大手不動産会社に査定を依頼したいなら【すまいValue】

HOME4Uと同じく、無料で不動産会社に査定依頼ができるのが、すまいValueという不動産一括査定サイトです。

同じ不動産一括査定サイトのHOME4Uとの違いは、査定をしてくれる不動産会社すべてが大手不動産会社という点です。

すまいValueを使うと、三井のリハウス、野村の仲介、住友不動産販売、東急リバブル、三菱地所ハウスネット、小田急不動産のいずれかの大手不動産会社が訪問査定もしくは簡易査定を請け負ってくれます。

すまいValue

すまいValue

運営会社野村不動産アーバンネット株式会社
三井不動産リアルティ株式会社
三菱地所ハウスネット株式会社
等6社
公式サイトhttps://sumai-value.jp/
運営履歴 2016年8月~
公表社数6社
すまいValueは業界トップクラスの不動産会社6社が運営。すまいValueにしか参入していない会社も。大手での査定結果が欲しい場合は、他の一括査定サイトと合わせての利用もおススメです。

ボタン

3 家の無料査定前に準備しておくべきこと

家の無料査定を受ける前に事前に準備しておくべきこと
第3章では、HOME4UすまいValueを使って訪問査定を不動産会社に依頼したときに準備しておくべきことについて解説します。

3.1 家の査定に必要な書類を準備する

家の価格を正しく出してもらうために、査定に必要な書類は必ずそろえておきましょう

訪問査定を依頼すると以下のような書類が必要になります。

家の査定に必要な書類
書類名内容取得方法
1登記簿謄本法務局の登記簿に登記されている情報を記載した書類法務局かインターネット
2公図土地の系所や区画、地番を示した図面登記所かインターネット
3土地の測量図と建物の図面建物や敷地の詳細がわかる図面建築・購入時に施工会社や不動産会社から渡されている
4登記済権利証または登記識別情報登記が完了したことを証明する書類不動産の所有者が持っている
5建築確認済証ならびに検査済証建物の建築計画が法律に適合していることを証明する書類建築行政をしている自治体から交付される
6固定資産税納税通知書または固定資産税評価証明書固定資産税額を通知する書類所有者に毎年6月に送られてくる

3.2 家の中を簡単に片付けておく

家を売り出す段階では、掃除や片付けが不可欠になりますが、訪問査定はあくまでも査定であって、購入希望者が見に来るわけではないため、掃除や片付けをしても、査定額が上がるようなことは期待できないです。

ただし、物は考えようで査定員も人間ですから、新品に近いものが汚れていたら傷んでいる印象を受け、古くてもきれいに磨いていたら十分使える印象を受けます。

訪問査定の際は特別な掃除や片付けは必要ありませんが、日常的に行うような掃除程度を済ませておくとよいです

4 家を無料査定するときの注意点

 家を無料査定するときの注意点
家を査定してもらうときは以下の観点に注意しましょう。

  • 複数の不動産会社に査定を依頼する
  • 査定額の高さだけで仲介を依頼する不動産会社を選ばない
  • 事前に相場を確認しておく

4.1 複数の不動産会社に査定を依頼する

家の査定を不動産会社に依頼するときは、複数の不動産会社に査定を依頼して査定額を比較検討するようにしましょう

家を査定してもらうと以下の図のように査定額が不動産会社ごとに異なるからです。1社のみに査定を依頼して、査定額が低く見積もられた場合、その査定額で売ってしまって損をしてしまったということが起こりえます。

不動産会社ごとの査定額比較

家の査定額は、土地と建物部分を別々に計算します。土地の部分は、取引事例還元法という計算方法を、建物部分は原価法という計算方法を用います。取引事例還元法では、周辺の取引相場から査定価格を計算しますが、この時の取引相場の出し方が不動産会社ごとに異なります。これが査定額が不動産会社ごとに異なる理由です。

不動産の査定を依頼すると、査定額が不動産会社ごとに大きく異なります。 同じ不動産なのになぜ査定額がちがうのだろうと疑問に思うでしょ...

家の売却を検討している人の多くが平均3社に査定を依頼しています。複数の不動産会社に査定を依頼するのであれば、不動産一括査定サイトを使って一気に複数の不動産会社に査定依頼するのがおすすめです。

HOME4Uの無料一括査定

4.2 高すぎる査定額には注意を払う

複数の不動産会社に家の査定を依頼すると、ほかの査定額と比べて極端に高い査定額を出してくる不動産会社がいます。

高い査定額を出されると、家を高く売ってくれるのではないかという期待が生まれますが、極端に高い査定額が出されたときは必ず価格が高い理由を聞きましょう.

不動産会社の中には、家を売りたい人と媒介契約を結びたいと考えて、実際に家が売れそうな価格よりも高めに査定額を設定する不動産会社もいるからです。

そのような不動産会社に仲介を依頼すると、初めの売値は査定額通りに高めに設定しますが、家が売れなくなると売値を下げたほうがいいと売主にアドバイスするでしょう。

結果、家を売るのに時間がかかったり、当初想定していた手元に残るはずだったお金が変わったりして苦労します。よって、高い査定額には飛びつかず、査定額の根拠を確かめたうえで売却を依頼する不動産会社を選びましょう。

4.3 事前に相場を確認しておく

先ほど、説明した通り、家の査定を依頼すると不動産会社ごとに査定額が異なります。

どの査定額が実際に家が売れそうな価格なのかを判断するために、査定前に自分で相場を調べておくとよいです。

家の売却相場を調べる時は、土地総合情報システムを使います。

土地情報総合システムとは国土交通省が運営する過去の不動産の取引実績を掲載しているサービスです。サイトを使うと過去に実際に取引された家(土地+戸建て)の価格を調べることができます。

それでは実際に土地情報総合システムの使い方を見ていきましょう。

土地情報総合システム

まず、画面左側中央の「種類を選ぶ」から「土地と建物」を選択します。「土地と建物」を選択すると土地と建物の取引価格を見ることができます。

次に、「地域を選ぶ」のタブの中から住所を選択します。なるべく売りたい家の周辺を選びましょう。住所を選択すると、指定した条件で取引価格が表示されます。

不動産取引価格情報検索‐土地・建物
不動産取引価格情報検索‐マンション

より詳しく知りたい方は、右上の赤枠で囲った「Webの見方」をクリックしてみましょう。各用語の解説が細かく書かれています。

土地総合情報システムWebの見方
家の売却を考えたとき、まず初めに思いつくのが「自分の家はいくらで売れるか」ということではないでしょうか。 家は年月とともに痛みます...

5 まとめ

家の査定は、不動産会社に依頼するにしても、ネットで査定をするにしても無料です。

家の価格を知る方法は、AI査定、匿名査定、不動産一括査定サイトなど複数あります。不動産会社と連絡を取りたくない方は、AI査定か匿名査定。売却を検討しているのであれば不動産一括査定サイトを使って複数の不動産会社に査定を依頼するとよいです。

不動産会社8社に査定を依頼したら
不動産会社8社に査定を依頼したら330万円の差があった

今後の目安のため、一括査定サイトを使って実家の査定を依頼したところ、安い会社と高い会社の差が330万円ありました。
簡易査定なら情報を入力するだけで、その日の内に連絡が来る会社も多く、売却相場がすぐに分かります。

主な不動産会社
ただし、一括査定サイトもすべての不動産会社と提携しているわけではありません。 1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)または人口が多い地域の不動産の場合、大手企業6社が集まった「すまいValue」も合わせて検討するとよいでしょう。

すまいValueの無料一括査定

人口の多い地域の場合、おうちダイレクトの不動産会社なら、Yahoo!とおうちダイレクトのネットワークを活用し売却をサポートしてくれます。独自の販売活動ができるため、他にはないより高い査定額が期待できます。

おうちダイレクトの無料一括査定

「でも、わずらわしい営業電話はこないのか?」
「どのような感じで連絡がくるのか?」
そんな疑問に身をもって体験した結果はこちら。


「そもそも不動産一括査定サイトって何?」
「メリットあるの?」
「デメリットは?」という方はこちら。