HOME4Uの特徴や利用の仕方

HOME4Uトップページ
2001年にサービス開始と、おそらく不動産一括査定サイトの中でも1番古くからあり、提携会社数は約500社と少なめですが、HOME4U(ホームフォーユー)の名称は知名度が高いです。
NTTデータという大企業グループでの運営も、支持されている要因でしょう。

【主な提携会社】

  • 住友林業ホームサービス
  • センチュリー21
  • 東急リバブル
  • 東京建物不動産販売
  • 野村の仲介+
  • 三井住友トラスト不動産
  • 三菱UFJ不動産販売
  • イーアールエー
  • みずほ不動産販売
  • 阪急不動産

HOME4U公式サイトへ

特徴

大手だけではなく、地域密着型で営業している不動産会社もHOME4Uに登録しているので、査定価格を比較するのに適したサイトです。
登録している不動産会社のチェックを行い、査定依頼を優良企業に絞っています。

また、特典として無料査定をした人を対象に、不動産売却のコツをメルマガで配信しているので、早く売りたい・高く売りたいと考えている人は、メルマガを読んでみるだけでも役に立つのではないでしょうか。

運営会社

会社名:株式会社NTTデータ・スマートソーシング
所在地:東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス4F

2013年に発足した会社で歴史は浅いのですが、その理由は株式会社NTTデータ3C、株式会社NTTデータ・アール、株式会社NTTデータ・キュビットが統合されてできた会社だからです。

親会社(100%出資)のNTTデータもそうであるように、言わずと知れたNTTグループ企業としての信頼度は高く、ITサービスの総合商社のような存在で、幅広いIT関連事業を取り扱っています。

2016年4月からは、それまで運営してきたNTTデータからHOME4Uを譲り受け、今後の運営に期待したいところです。

サイトの使い方

HOME4Uにアクセスすると、画面上部に都道府県名が表示された日本地図があります。
まずはここから売りたい物件の都道府県を選択して、次の画面では地区を選択します。
同じことは画面中段のドロップダウンからの選択で、一括でも可能です。

HOME4Uトップ

次の画面では、物件種別を選択すると自動的に切り替わるようになっています。
最初にマンション、一戸建、土地を選択しましょう。

ピンク色の項目は選択または入力しないと次に進めません。
建物面積、土地面積、間取り、築年を入力しますが正確ではなくても大丈夫です。
すべて入力したら「次へ進む」を押します。

HOME4U不動産について

画面が自動的にスクロールして、次の入力画面へと移ります。
入力するのは現況、名義、査定方法で、いずれも難しくはないので説明は省きます。

査定方法については、机上査定と訪問査定の違いが説明されているので、確認してから選ぶようにしてください。
すべて入力したら「次へ進む」を押します。

HOME4U査定方法

次は名前と年齢の入力、不動産会社からの連絡方法の選択です。

メールアドレスの入力は任意ですが、不動産会社によってはメール連絡の場合もあるので、両方入力しておくとよいでしょう。

その他、必要な項目を入力したら、「あとは会社を選ぶだけ!」を押します。

HOME4U連絡先

最大で6社の不動産会社が表示され、最初からチェックボックスを付いています。
依頼したくなければチェックボックスを外すのですが、一括査定をする理由が査定価格の比較ですから、特に机上査定の場合は、多めに選択しておくとよいでしょう。

HOME4U依頼したい会社

不動産会社を選んだら「連絡先の確認へ」を押すと、これまで入力した情報の中で、連絡先が再表示されるので間違いがないか確認します。
問題なければ「無料査定スタート」を押しましょう。

HOME4U入力確認

「査定依頼の受付を完了いたしました」と表示されれば完了です。
下にスクロールすると、英数字の査定依頼ナンバーが表示されているので、画面を印刷するかスクリーンショットを撮っておいたほうがよいかもしれません。

また、特典であるメールマガジンを配信してもらうには、「登録はこちら」と表示されているバナーをクリックして、次の画面でメールアドレスの入力と登録を済ませます。
メールマガジンが不要なら、何もしなくて大丈夫です。

HOME4U公式サイトへ

関連記事

実家で一括査定を受けてみた結果
離れて暮らす両親にとって、既に子供が独立した後の二世帯住宅は大きく、父の定年を期に住み替えも頭にあったため、実験の意味も含めて一括査定サイト...