空き家活用

空き家は土地と違い、寿命があります。
しかし大金が掛かっているだけでなく、家には関わった人の想いが詰まっており、かんたんに手放す決断はできないものです。

また、建てた当時はよかったものの、今は土地の用途に制限が掛かっていることで、希望通りに使えないケースもあるでしょう。
さらに好きで放置しているばかりではなく、人口減少時代で需要が減っていて、売ることも貸すこともできないという話も聞きます。

でも反対に、それを活かそうという試みもあり、空き家や倉庫をカフェ、児童施設などに利用する事例も出てきました。

事業用途はそれ相応の知識や責任も必要とされ、まだ敷居が低いとは言えません。
それでも、いずれは相続などで手にする可能性があるなら、決して他人ごとではないのが空き家の活用で、ここではその知識や事例を紹介しています。

空き家活用について

ひとまず維持管理

売却する

家を売る基礎知識

家を売る方法

ケース毎の悩み

家を貸す(貸家)

(活用のために)リフォーム・リノベーションする

(活用のために)解体する

処分する